« 予定は未定 | トップページ | 読書 »

2023年11月22日 (水)

NHKのあせり

いまNHKが固唾を飲んで見守っている国際問題がある。
来年の台湾の総統選挙だ。
候補受付の締切まえになって、とつぜん野党が2人いる候補を1本化するといいだした。
これでは単純に支持者を合計すれば、野党が与党を逆転するのは間違いがない。

よその国の選挙なんかどうでもいいじゃないかと思うかも知れないけど、台湾の場合、野党には大陸中国と気脈を通じる国民党が含まれる。
いまの台湾はアメリカにつくか、中国につくかという大問題の分岐点にあるのだ。
かりに野党が勝って、中国と仲良くする道を選んだら、日本政府(とNHK)がこれまで、あるぞあるぞと脅かしてきた台湾有事もすべてチャラだ。
そうなったら日本政府(とNHK)は最初からアジア戦略を見直さなければいけなくなる。

そんな馬鹿な、一党独裁の中国より、民主主義のアメリカのほうがいいに決まっているじゃんというのは、なにも知らないバカもの、もとい若者だけなのだ。
台湾人は高邁な理想より、どっちが得かを考える現実的な人種なのである。
だいたい昨今は情報が瞬時に世界を飛びまわる時代で、ウクライナの悲劇もネットまみれの台湾の若者が知らないはずはない。
アメリカの口車に乗るとろくなことにならないと思う台湾人は、確実に増えているだろうし、これはウクライナの戦争を引き延ばせるだけ引き延ばしているNHKの自業自得だ。

昨日のニュースでも台湾与党の扱いは温かく、野党については一本化にはまだまだ問題があるなんて、ほとんどNHKの願望といっていい扱いだった。
そのあたりにいまのNHKが置かれたきびしい現実がありそうだ。

| |

« 予定は未定 | トップページ | 読書 »

(NHK)テレビより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予定は未定 | トップページ | 読書 »