« 今日の憶測 | トップページ | 周庭ちゃん »

2023年12月 3日 (日)

ゲルギエフさん

20231203

ボリショイ劇場の新総裁にゲルギエフが就任だって。
ワレリー・ゲルギエフさん・・・・
知ってますよ。
いつも無精髭を生やしているけど、たぶん現在のロシアでは、人気実力の双方をそなえたトップクラスの指揮者だ。
わたしはなにかのオペラで、彼が指揮しているのを見たことがある。
以前YouTubeで見たバレエ(石の花)のドキュメンタリーでも、解説者のひとりとして出演しているのを見た。
名実ともにロシアを代表する音楽家といっていい人だから、彼の新総裁就任に文句をつけられる人はいないはずだ。
ところが彼がプーチンと仲がいいというので、いちいち騒ぐのが西側のマスコミ(今回は朝日新聞)だ。
おまけにNHKは彼が指揮をしているという理由で、そのオーケストラの演奏放映を中止だそうだ。

またしても良識ある人の顔をくもらす行為。
芸術と政治は異なるものだというのはたてまえにしか過ぎなかったのか。
スポーツでもロシアの選手は五輪から締め出されているし、え、そこでロシアを中傷して喜んでいるアンタ。
こういうことを先進国を標榜している国がやるって、どこかおかしいと思わないのか。
プーチンが政治と芸術・スポーツを混同するようなことを、ひとつでもしたことがあるか。
彼は黒帯の有段者だ。
スポーツマンシップがどんなものか知っている。
追いつめられた西側(とそのマスコミ)は、もう嫌がらせをするしかウサ晴らしの方法がないんだよね。

わたしは芸術と政治ははっきり区別している。
バイデンさんのいる国の音楽家でも、素晴らしいものは素晴らしい。
いや、これはバイデンさんひとりが素晴らしくないだけか。
ロシア人が聴いてもウクライナ人が聴いても、音楽は国境なんぞ飛び越えて人を感動させるものなんだよ。
現在の西側(および日本のマスコミ)の姿勢を見ていると、もはや発狂したとしか思えんね。
今夜のプレミアムシアターの演目はなんだっけ。

| |

« 今日の憶測 | トップページ | 周庭ちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の憶測 | トップページ | 周庭ちゃん »