« 昨日のNHK | トップページ | ホウキグサ »

2024年4月24日 (水)

親しき関係

かわいそう・・・・
また歯の浮きそうなこといっちゃってと思われてしまいそう。
さんざんロシアを擁護してきたわたしが、いまさらウクライナに同情するようなことをいっても信用されないかも知れないけど、とうとう今夜のNHKニュース9にはウクライナ関連の報道がひとつもなし。
あったのはアメリカがウクライナ支援に合意したというニュースの繰り返しだけ。

そうやって無視されているあいだにも、人間挽肉機と称される戦場で殺されまくっているのが、情け容赦なくかき集められたウクライナの若者たちだ。
もはやウクライナは、太平洋戦争終了まぎわの日本と同じ状態であることを否定できる者はひとりもいないだろう。
米国と日本のNHK、およびマスコミ全体が、戦争を続けさせるために、瀕死のウクライナにカンフル剤を打ちまくっているのを知ってるかい。
どうせ死ぬのは赤の他人だってことらしい。

ときどきは思い出してもらおうじゃないか。
かってのウクライナはロシアの盟友だったことを。
見せかけの盟友じゃないぞ。
まえの大統領だったゴルバチョフの時代、ゴルビーも奥さんのライサさんも、両親の一方はロシア人、もう一方はウクライナ人だった。
それほど親しい関係だったんだよ、ロシアとウクライナは。
だからわたしは少しは安心している。
劣勢のウクライナ軍兵士は、降伏すれば丁重に扱ってもらえるはずだ。
ロシア人のなかにはウクライナ人を親にもつ者も多いし、親戚にウクライナ人がいるという者ももちろん多いんだよ。

| |

« 昨日のNHK | トップページ | ホウキグサ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日のNHK | トップページ | ホウキグサ »