揚げたてニュース

2020年8月31日 (月)

総裁候補

自民党の次期総裁選びがかまびすしい。
世間ではいろいろいう人がいるけど、そのほとんどが客観的というより、自分の希望・期待を披露しているだけだ。
だからわたしもここで自分の希望を披露してイケナイことがあるだろうか。
ジャーン!

希望・期待は韓国でも同じで、なんとか石破クンにあとを継いでほしいと、これはひたすら願望のクチ。
韓国にとってメンツがからむから、どうしたって安倍クンに頭は下げられないけど、新しい首相が話のわかりそうな人物なら、尻尾をまるめてすり寄ろうというのだろう。
しかし石破クンだって、反安倍の立場から韓国に美味しい発言をしただけで、総理になっていきなり甘い顔はできないはず。
いまや嫌韓は日本の総意といっていいのだし、とにかく相手をバカにしたような韓国の態度が改まらないのがイケナイのだ。

だから石破クンでも心配はしてないけど、彼の場合、冷やメシが長かったからなあ。
その憎しみがたまりにたまって、とりまきの大臣に同じような冷やメシ族を優遇し、それでは米国や中国とたてまえ以上の交渉ができそうな感じがしないので、すぐに落ち目になって、ヤケになって、やっぱり韓国と仲良くしようなんて言い出さないかと心配だ。

現在の状況をながめると、本命の候補のまえにショートリリーフとして、令和おじさんの菅クンを立てるのもいい。
アメリカの大統領選挙が終わって、トランプさんの去就が決定するまでは、急いで本命を決めても仕方がない。
とりあえず無難な候補で中継ぎをというのは、これまでも自民党がやってきたことだ(中継ぎがやる気を出して大化けしてしまうこともあるけど)。

おとなしそうで女性に人気のありそうな岸田クンは、わたしには無難でありさえすればなんだっていいという、古いタイプの政治家にしか見えない。
けっして彼が政治家として失格というわけじゃないんだけど、現在のように国際情勢が激変している時代に、日本の舵取りをまかせようって気にはなれないのだ。

中国に対して強硬だから河野クンがイイという人もいるけど、そういう人は失望することになるだろう。
わたしは彼のどこが強硬なのかと、過去をふり返ってみた。
いちばん最初に思い出したのは、中国の華春瑩報道官と肩を組んでムフフと微笑んでいた彼の写真だ。
彼はこちらからケンカをふっかけることはないけど、そのかわり相手にふっかけられっぱなしでもないというコツを、安倍政治をま近に見ていて身につけたと思う。

ということで、わたしの本命は河野クンだなあ。
ただし上記した理由で、自民党の長老たちが、彼にもうすこし待てと言い聞かせるかもしれない。

わたしが河野クンを推すのは、やっぱりいくらか変人ぐらいでないと、これからの日本を引っ張っていけないと思うところもある。
進次郎クンは今回立候補せずに、河野クンを押すという。
まだ経験不足の彼としては、これは賢明なことだ。
もっと経験を積めば、同じ変人系列として、進次郎クンは確実に河野クンのあとを継げるだろう。

河野クンや進次郎クンらを眺めると、よその国から老人政治と揶揄される日本でも、若返りは着実に進んでいると思う。
古いタイプの極上見本のような二階じいさんも、この国の未来は若手にまかせるしかない、ただしいますぐ河野じゃ荷が重い、ひとまず菅にまかせて時間稼ぎをし、そのあとで河野、進次郎に引き継がせようと考えているなら、彼はなかなかの策士、いや国士といえるし、自民党はまだまだ見込みがある。 

以上はわたしの個人的希望なので、反対する人が百合子サンや聖子チャンを押しても、もちろん依存はありません。

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

終わった

F1a

ああ、F1の6戦目、スペインGPが終わったよ。
ホンダのM・フェルステッペンは今年3回目の2位だ(ほかに1位と3位が1回づつ)。
メルセデスの牙城は今回もゆるがなかったけど、正直いって今シーズン最速のドライバーはフェルステッペンだろう。

今回出場したメーカーはメルセデスとホンダが4台づつ。
そのうち5位までにメルセデスが4台入っているから、メルセデスが圧倒的に速いことは間違いがない。
しかしその4台のなかに割って入って、しかも2位というのだから、これはパワーの差をテクニックで補っているとしか考えられない。
パワーが互角なら、ホンダの黄金期はとっくに再来していたのにねと、すこし残念。

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

女神のその後

おお、民主化の女神・周庭ちゃんがもう釈放されちゃったよ。
わたしのいったとおりじゃないか。
中国はトランプさんのアメリカとは違うのだ、グローバル化されたおとなの国だかんねということを世界に広報したいのだ。
女神がふくれっつらをしていたかどうかまでは、マスクをしているのでわからんけど。

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

民主の女神

香港で民主の女神(周庭さん)が逮捕された。
美人だから気になるけど、彼女は日本人にも支援を求めている。
日本政府は例によってたてまえに終始し、あまり深くは関わらないスタンス。
それでいいんじゃないか。
ネットには、これで彼女は強制収容所だ、拷問だ、洗脳だという声があふれているけど、いまの中国政府がそこまでやるだろうか。
これだけ大騒ぎになって、世界の注目を集めている事件だ。
グローバル国家として認めてもらいたい中国が、わざわざ抑圧的国家であることを宣伝するとは思えない。
ケンカ腰のトランプさんとだって、まだ交渉の余地を残しておきたいだろうし。

日本としては、彼女を見守っているという意思表示だけ示しておけばいい。
わたしの予想では、女神はそれほど遠くないうち、ふくれっつらをしたまま釈放されると思う。
妥協の余地のないほど中国を硬化させると、かえって彼女の身に危険がおよぶ可能性がある。

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

不倫

副大臣と政務官が不倫だそうだ。
他人の浮気なんかに興味はないけど、こういうことがあると、相手の女性の容貌だけは気になる。
で、ググッてみたら、ぽっちゃりして美味しそうなおばさんだった。
すこしだけ嫉妬心がむらむら。

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

安楽死

日本でも嘱託殺人だそうだ。
この事件の判断はむずかしい。
詳しい事情がわからないからいちがいにいえないけど、ALS(筋萎縮症)の悲惨さについてははっきりいえるので。
ほかの事件ではいちいち大騒ぎする外野も、この事件について口をつぐむ人が多い。
長寿社会だなんだといわれながも、だからこそ、安楽死は避けて通れない問題になっているのだ。

この病気の末期患者で、生きていたいという人がどのくらいいるのだろう。
体の筋肉がマヒし、自力で呼吸さえ困難になって、それでも生きようという人がいるなら、その意志の強さを尊敬するけど、わたしならさっさと人生をリセットするほうを選ぶ。
そのときまわりに協力してくれる医師がいなかったらどうすればいいのか。
けっきょくSNSで見つけた医師に依頼することになるんじゃないか。

問題はこの先だ。
需要があれば供給もあるというわけで、中には商売で、もっとひどい場合には自分の変質的嗜好を満足させるために、これを請け負う医師があらわれないともかぎらない。
しかしヘタすれば(しなくても)お縄になることを、おおっぴらに宣伝するわけにはいかない。
そこで、いまやなんでもありのSNSを活用することになる。
今回のケースの場合、死にたいという患者の意思は固かったと思われるけど、そのあたりが微妙だ。
どうして主治医でもなく、患者によりそうこともなかった医師が、わざわざ出張をしてまで安楽死を提供できるのか。

そもそも日本の警察は、善意で安楽死を選択した医師を逮捕するようなことはめったにない。
過去に逮捕したことがあっても、たいていは不起訴処分か、裁判に持ち込んでも執行猶予で終わることが多かった。
今回もそのへんを充分に検討したうえで、これは見過ごすわけにはいかないという結論になったのだろう。
主治医でもない医師が、SNSを通じて安楽死を請け負う。
これは、たとえば老人ホームの年寄りを始末してあげたという自己チュウ的な殺人犯の言い分と変わらない。

こんな問題でぐずぐずいいたくない。
わたしはもう十分に生きたじいさんだから、専門の医師による安楽死を、合法的に選択できるようにするべきだというのは、無責任な意見かもしれない。
しかし、わたし自身も近いうちにかならず選択を迫られるときがくるのだ。
そのときSNSしか頼るところがないのでは悲しい。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

数字

都内の感染者が286人で、これまでの新記録だそうだ。
いわんこっちゃない。
コロナは人間と共存するという新しい段階に入ったとみるべきで、若いモンはさっさとそれを実践しているにすぎない。
いくら感染したって入院すれば治っちまう、日本は国民皆保険の国だから入院するのはむずかしくない(アメリカなんかに比べれば)っていうのが彼らの本音だろう。
これじゃ新記録も不思議じゃない。

わたしは元来マスク不要論者だった。
それが買い物なんかに行くとマスクぱかりで、まわりから白い目で見られているうな気がして、やむを得ずマスクをするようになったんだけど、最近ではいいおっさんでもマスクをしてない人が目立つ。
のどもと過ぎれば熱さを忘れる。
こんな相手に感染数をいくら挙げたって無意味だ。
それより死者の数を大々的に報じるべきだ。
たとえば、死者が20人で新記録だなんてことになったら、若いモンも浮足立つだろう。
ところで感染者ばかり前面に出てるけど、いまでも死者っているのか。

| | コメント (0)

国立

またやってるよ。
立憲民主の枝野クンが、いかにも自分たちが妥協したような顔をして、国民民主と合併しよう、新党の名前は立憲民主党、通称は民主党でいいんじゃないかといえば、ぜんぜんよくない、それじゃ国民民主のほうが立憲民主に併合されるように思われてしまうと、玉木クンが難癖をつける。
けっきょくもとの鞘におさまるだけでこの騒ぎ。
合併したってまたメンツの張り合いになることは目に見えている。

いっそのこと、国民民主と立憲民主の中間をとって、国立民主党なんてのはどうだろう。
なにしろ国立だ。
これなら自由民主党より重みが違うって、わたし以外にもとっくに考えた人がいるんだろうなあ。
ホント、野党のゴタゴタは親父ギャグだよ。
そんな政党名は認可したおぼえがないと、国のほうから横槍が入るかもしれないけど、それならクニタチと読めばいい。
これはJRの駅名にもある由緒正しい名前だ。

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

アヤソフィア

Ays01

トルコのイスタンブールにある歴史博物館アヤソフィアがモスクに変更になったそうだ。
だからなんだっていうのか。
すぐとなりにブルーモスクというでっかいモスクがあって、ここだって観光客が自由に(あまりだらしない格好では困るけど=とくに女性)入れるんだから、いきなり立ち入り禁止ってこともないだろう。
ギリシャ正教の遺風を伝える建物だからってんで、となりのギリシャが反対しているそうだけど、自分の国が神話時代の歴史遺産ばかりで、アヤソフィアに匹敵する歴史的建造物がないという理由なら、それはだめです。
アメリカのポンペオ長官も反対しているらしいけど、いまのアメリカに耳を貸す国はありませんので、これもだめです。

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

韓国の判決

となりの韓国で、朝鮮戦争のおりに捕虜になって強制労働をさせられた兵士が、北朝鮮の正恩クンを相手に賠償しろと訴え、裁判所がそれを認めて支払い命令を下したそうだ。
おおっと思ったけど、よく見たら裁判所は裁判所でも地裁だった。
日本でもよくあるでしょ。
地裁の判決で、弁護団が勝った、勝ったと大騒ぎしているやつ。
これが上級裁判所に行くと、ひっくり返されてチョン。
一種の出来レースみたいなのが。

でも韓国のことだからな。
たとえ地裁の判決であっても、忖度のはげしいあの国で、大統領の意向にそむくような判決が出たということは、注目すべきことかもしれない。
文サンがそろそろ水に落ちかけているイヌであることを、敏感に感じとった裁判官がいたのかも。

ところで日本に対する徴用工判決は、取る取るといっていつになっても実行しないねえ。
三権分立にもいろいろ事情があるみたいで。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧