揚げたてニュース

2017年9月15日 (金)

ミャンマーの事情

ミャンマーのアウン=サン=スーチー国家顧問が、民主主義国のマスコミから非難されている。
この民主主義国のマスコミというのが、最近はどうもうさんくさい。
女性に盲目的にやさしいわたしとしては、そんなものに与しない。

スーチーさんが非難される理由というのが、イスラム教徒のロヒンギャ族の迫害ということで、過激派から襲撃されて生死の境をさまよった、あのノーベル平和賞のマララさんも抗議していた。
ただマララさん自身もイスラム教徒だから、イスラム教徒をかばうのはわかるけど、スーチーさんのむずかしい立場も理解してやらなくちゃいけない。

スーチーさんは、ミャンマーの複雑にからみあった利害関係を解きほぐし、国の正常な発展のために奮闘している最中だけど、彼女には他人が考えているほど実権があるわけじゃないのだ。
彼女は軍との関係を壊さずに、軍を利用して、どっちかというと軍のご威光にそむく改革をこころざすというむずかしい立場だ。
軍の中にはそんな彼女をひややかに見ている勢力もあるだろう。

ネットによると、ロヒンギャ族というのは、かって英国に利用されたミャンマー(ビルマ)の支配階層だったという。
そんな支配階層への恨みがいまになって爆発しているんだそうだけど、かならずしもそうとは思えない。
ISが登場して世界を混乱させるまで、ミャンマーでも少数民族が他の民族と、ことさら問題を起こさずに共存していたではないか。

おそらく偏屈なナショナリズムが幅をきかせる現在、イスラム教徒の中にもミャンマーの軍人の中にも、この機に国をひっかきまわしたり、利権を取り戻そうという不逞の輩が輩出しているに違いない。
スーチーさんも途方にくれる状態ではないか。

ミャンマーでイスラム教徒が迫害される原因は、世界中に吹き荒れる一部のイスラム過激派のテロと、すぐそれにビビってしまう一般大衆にある。
だからイスラム教徒の人たちも、自分たちが迫害される原因の根本は、同じイスラム教徒にあるのだと自覚して、もうすこし柔軟な考えを取り入れ、世俗化に舵を切るべきではないかと、わたしは思う。
けしからんのは、国際情勢を一般国民に説明すべきマスコミが、ナショナリズムに便乗するようなかたちで、スーチーさんを無見識に非難しているということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

政局

今日は新聞に週刊文春の広告が載る日。
たかが週刊誌とバカにするなかれ。
これがいったん決まりかけた政党の幹事長を差し替え、国会議員のクビを飛ばすこともあるのだ。

それにしても気のドクなのはこの国の国会議員さんで、いったんなったら不倫のひとつもできやしない。
今回問題の議員さんは、あの美しすぎるなんとかと評判のガソリーヌさんだけど、美人であるからこそすり寄る男も多いことだろう。
学業一点張りだった才媛ほど、世間知らずで、禁断の恋に陥りやすいのだ。

わたしは他人の恋路にあまり首を突っ込まないタチだ。
そんなわたしだってこんな美人とベッドをともにする機会があれば、もちろん不倫だろうがなんだろうが一直線だ。
世間の大半の人も、女性も含めて同じ考えだろうと思う。

自分の場合はかまわないが、他人の場合はケシカラン。
相手が国会議員だとよけいケシカラン。
浮気の相手がイケメン弁護士じゃ、もうこれ以上ないくらいケシカラン。
これではたんなるやっかみである。

男と女はくっつくことになっている動物なのだ。
いいじゃないの、他人のことなんて。
国会議員だって、議員活動をきちんとやっていれば、たまに異性を求めようとなんだと。
ガソリーヌさんも国会の場で、舌鋒するどく安倍クンを攻撃していたではないか(どこか守備に難があったけど)。
そう考えるこころの広いわたしなのに、わたしにくっつくメスはさっぱり現れんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

悩みの果て

中国で小学校教師をしていた危さんという女性が、北海道で入水自殺したというニュース。
へえ、現実主義者の中国人でも自殺することがあるんだねと思っちゃいけない。
歴史をさかのぼれば、国を憂うるあまり汨羅に身を投げた屈原の故事もある。
でもそれは伝説だし、国を憂いてなんていわれると、どこかウソっぽい。

権力闘争に敗れたとか、金儲けに失敗して大損をしたとか、紅衛兵に吊るし上げられて首をくくったなんて話はごまんとあるくせに、人生に悩み、恋に悩んで自殺したって人の名前がぜんぜん出てこないのが中国の欠点だ。
今回自殺した教師という人、生前の写真で見るとなかなかの美人ではないか(韓国人ではないから整形美人というわけでもないだろう)。

死人のこころのうちは計れないけど、いったいどんな人生の悩みをかかえていたのか。
美しい北海道の風景のなかで死にたいと、わざわざ日本までやってきた理由はなんだったのだろう。
生きていれば幸せが約束されていたような美人でも自殺したってことから、やはりあの国の人たちも、血の通った、わたしたちと同じ人間であることがわかったけれど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

聖子チャン流

安倍クンが起用した総務相の聖子チャンが安倍クンに物言いだ。
いわく「アベノミクス」の効果は不十分だ、立ち止まって検証すべきじゃないか。
異次元の金融緩和をやってきて、ある程度の効果はあったとしても予想を下回っているとも。

聖子チャンもだんだん都知事のユリコさんの手法をまねてきたな。
立ち止まって検証って、なにをどうすればいいのさ。
予想を下回っているそうだけど、いまの政治で経済政策が予想をかんたんに上回るなら楽なものだ。
そんないい方法があるなら、ぜひ聖子チャンに次期総裁をやってもらいたい。
と、わたしがそのへんのポピュリストなら考える。

しかしわたしはもっと複雑な思考の持ち主だ。
ユリコさんが口ばっかりで中身のない人であることはとっくに見抜いているし、こういう軽めの人を相手にしなければいけない安倍クンに、同情したくないけどせざるを得なくなる。
わたしは欲のある方じゃないから、いいカードが来ているのに、いちかバチかでさらにカードを要求するタイプじゃない。
安倍クンはよくやっているほうじゃないか。

よく見たら、この聖子チャンの記事のソースは朝日新聞だった。
朝日の記事の場合、自民党に対しては5割かた割り引き、その他の泡沫政党の場合は5割かた割り増してあることを自覚して読まなければならない。
誰もがこのくらい複雑な思考を持つと、日本の政治も足を踏みはずすことがないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

今朝の新聞

今朝の新聞にアメリカ政府の混迷ぶりを書いた記事。
スカラムッチ広報部長が10日で解任。
彼の物言いがケシカランと、軍人上がりのケリー首席補佐官がその首切りを要請したという。
これからは大統領の思い通りにはさせない、オレが全部仕切るという強い決意が、首席補佐官の姿勢からくみとれる。
軍人グループからは、トランプにまかせておいてはアメリカはダメになるという危機感があったのかもしれない。
これは一種の軍事クーデターだ。
おさまらないのはイバンカやその旦那、せがれたちで、大統領の身内のわたしらがなんで軍人の風下に置かれなくちゃいけんのと、おおいに不満。

この騒動に登場する人たちの性格を、いささか誇張してドラマにしたらおもしろい。
チビで陰険な広報部長が、親指のツメをくちゃくちゃと噛みつつ、あいつは偏執狂だ、こいつの母さんは売春婦だと暴言を撒き散らす。
背すじをぴんとのばした首席補佐官が、大統領執務室に押しかけてきて、あんな野郎は解雇すべしと大統領に詰め寄る。
コンピューターのまえで髪をなでつけていたひきこもりぎみ大統領は、威厳のある首席補佐官に太刀打ちできない。
ところで広報部長はいつからやってるんだっけ。
そうか、10日まえにオレが任命したんだよな。
そこへ胸の割れ目を強調したミニのワンピースから、すらりとした足をのばした娘の登場。
パパ、またツィッターやってんの? おもしろいコラネタがあるわよ。

アカデミー賞は無理でも、ゴールデングローブ賞ぐらいはもらえるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

必要な情報

文部科学省のもと事務次官さんが、というより朝日新聞が、なんで個人の情報を全国紙に暴露する必要があるのかと騒いでいた。
つまり前川なにがしが出会い系バーのファンだったことを、どうして公けにする必要があるのかってことである。
でもこれはやむを得ない。
事件の本質は朝日新聞を読んでいるだけではゼッタイにわからないのだから、わたしみたいに推理小説が好きで、ねちねちと本質に迫ろうという人間には、もっとさまざまな情報が必要だ。
たとえばこの事件は、正義感から生じた内部告発なのか、それとも組織からはみだした人間の、たんなる復讐劇なのか。
そこまで考えた場合、告発者の人となりも重要なヒントになるのである。

告発される相手が自民党でも民進党でも共産党でも、このくらい本質を探ろうという気構えがあれば、おのずと世間とはちがった見方ができるはず。
わたしがおどろくのは、なんの疑問も持たずに、新聞記事を安直に信じる人の多いことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

支持率

世論調査によると、読売新聞の調査でさえ、安倍内閣の支持率が過去最低だそうだ。
たまげた。
いまやこの国は、ポーカーで十分にいい手が来ているのに、カードを換えればもっといい手が来るんじゃないかと期待する素人ギャンブラーのようだ。

安倍内閣は、経済政策ひとつとっても、世界がおしなべて困難な時代にうまくやっているほうだし、欧米先進国や中国、ロシアとも常識的なラインでお付き合いできていて、あのトランプさんともなんとか話を合わせているし、いろいろいちゃもんをつけられながらも日本の防衛をグローバルなものに変えようとしているし、韓国との慰安婦問題も解決した(日本側から見れば)。
首相みずからマリオに扮して、世界中から観光客を誘致させることに成功し、沖ノ島の世界遺産登録もお釣りが来るくらいの成果をあげ、パチンコの賭博性を排除するために、儲けの上限を5万円に抑えるとか、なかなか動かない文部省の役人を動かすために、べつに賄賂をもらったわけでもないのに、首相みずからが口利きをしてやったり。
冷静に考えて、こんな重宝な宰相をもつ自民党に替えられる政党がほかにあるだろうか。
ユリコさん?
彼女が新党の党首になったとして、いったいだれが大蔵省を率いるのか、法務省は、外務省は、国土交通省は、防衛省は?
民進党?
先の都議選での自民党の歴史的敗北を強調するなら、民進党などもはや泡沫政党でしかないことも強調しなくちゃ。

わたしは安倍政権を支持しているわけではないんだけど、いまは彼に交代させるような欠点があるとは思わない。
新しいカードを要求したって、いまと同じか、もっとよくない手が出る可能性のほうが高いのだ。
自民党でなければいったいどこの政党に、安倍政権がキライならだれの政権にあとを継がせたいのか、支持しないと答えた国民や、ウチの新聞(朝日)あたりに聞いてみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

狂想曲

むかついてばかりいても仕方がない。
都議会選挙の結果を見れば、やはり日本は民主的な先進国であると、逆転の発想もできる。
なんとなれば、まだこの国では民意でもって政治家にお灸をすえることが可能だということだ。
ちょっとでもおごるところがあれば、たちまちつぎの選挙に結果があらわれるので、政治家はまじめな政治をせざるを得ない。

水をぶっかけるつもりじゃないけど、今回の選挙、以前に自民党が政権を失ったときの選挙に似ているよな。
あのときも民主党(現在の民進党)が絶対安定多数を超え、永遠の権力をにぎったみたいな大騒ぎ。
当選した民主党候補が、どいつもこいつも寄らば大樹の陰という烏合の衆ばかりで、まとまりがないところもソックリ。
調べてみたら、そのときの選挙ってまだ8年前の話だぜ。

飛ぶ鳥落とす勢いの民主党だったけど、つぎの選挙でまっさかさま、今回の選挙でも、なんでわたしらに票をくれないのとぼやいている。
熱しやすくさめやすいというのは、昨今の世界の風潮だ。
ユリコさんもオリンピックや豊洲が一段落して、もういちゃもんをつけるネタがないよ。
お気をつけなすって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

むかつく

開票速報を見てるけど、夜の9時の時点で、ユリコさんの都民ファーストが36で、自民党はまだゼロ。
ほかのユリコさんを支持する党も加えれば、ユリコさんの圧倒的勝利で、自民党は歴史的大敗だそうだ。
むかつく。
べつに自民党に勝ってほしいわけじゃないけど、ユリコさんの手法にもイヤらしいものを感じているもんで。

今日はわたしの知り合いと近所の散歩に行ったけど、彼女も都民ファーストに投票したのだそうだ。
むかつく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

またユリコさん

豊洲移転は見直すといきまいて、プロジェクトチームに丸投げしたユリコさん。
丸投げされたほうだって困るよな。
調査をしたり、意見を聞いたりすればするほど話がややこしくなって、だれの手にも負えなくなる。
けっきょく曖昧な回答しか出せるわけがなく、結論を出す役割はまたユリコさんにもどってきた。

どうしても自分が結論を出すしかなくなったユリコさん、そんなら両方の顔を立てればいいんでしょと開き直った。
その結果が、豊洲に移転、ただし築地も再開発するという苦肉の説明。
うまく考えたなというところだけど、これってけっきょく豊洲に移転ということで、さんざん迷走したあげく、やっぱり元の鞘に収まっただけ。
空き屋になった築地は、しょせん、だれかがなにかを作ることになるだろうから、これはユリコさんがもっともらしくいうアイディアではない。

だいたい目と鼻の先にふたつの市場を維持できるものか。
豊洲が軌道に乗れば築地は、そうさな、吉原のように人々の郷愁を誘うだけの存在になるだろう。
もちろん、いまここにある危機を乗り越えさえすれば、ユリコさんにとって万々歳だろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧