揚げたてニュース

2021年2月19日 (金)

火星探査機

火星に探査機が着陸して、これから生命の痕跡を探るという。
またわたしの個人的考えをひとつ。
あくまで個人的なSF的考えだからね。

10888d

火星には水の流れた跡がある。
これは間違いのない事実で、かっての火星はその気象条件下で、流動性のある物質が豊富な惑星だったのだ。
フツーに考えると、これは水である可能性がいちばん高い。
地球の生命は海で誕生したことからわかるように、水がない場所では生命は誕生しないのだから、火星だっていちどは生命が誕生しても不思議じゃない。

そこにいちどでも生命が誕生したのなら、現在の火星はそれが十分に生きのびることのできる条件を備えている。
地球には火星と同じくらい低温でも生きられる生命が存在するし、しだいに水が失われたとすれば、水が不足しても生きられるよう進化した生物がいるかもしれない。
逆に考えれば、いったん生まれた生命を、完璧に消し去ることのほうがむずかしいくらいなのだ。

しかしこれまでの観測では、生命の痕跡は発見できてない。
ひょっとすると火星の生命というのは、弱肉強食も生存競争もない世界で、ひっそりと岩かげにでも生きている究極のひきこもり生物なのかもしれない。
生存競争がなくて生きている生物がいるとしたら、それは人間にとってとてつもないカルチャーショックだけど、そういう実例を見せつけられても、人間の残忍な拡張主義は止まることを知らないだろう。
人間よ、もうよせ、こんなことは。

| | | コメント (0)

2021年2月12日 (金)

ゆれるマスコミ

かっては韓国の国策新聞だと日本のネチズンから非難の的にされていた朝鮮日報や中央日報が、手のひらを返すように反体制新聞に衣替えをした。
日本からすると、懲りない朝日やまげない産経のように、最初からそういう路線で行けばいいのにと思うけど、まあ、無理してそのへんを好意的に解釈すれば、おそらくなりたての大統領がどんな路線を取るのか、それを見極めるまでは支持一辺倒で行けってことだったのだろう。
そしてあまりの無能さに、ついにマスコミも気がついたってことではないか。
もちろん韓国では、水に落ちた犬は徹底的に叩けということわざもあるから、文サンの進退がきわまってきたってこともあるかも。

韓国で光復会の会長さんという人が、従軍慰安婦を愚弄したという理由で、ハーバード大学の教授を入国禁止にしろと吠えている。
こうやって自分たちに都合のわるいことはすべておおい隠し、国民に自由な判断をさせないというのは愚民化政策の一環だな。
韓国の国民があっちに揺れ、こっちに傾く理由もわかった気がする。
つね日頃から朝日や産経のような不動のマスコミがあれば、国民はそれを比較することによってバランスのとれた判断ができるのに、ほめるときもけなすときも横一線というんじゃ、国民の大半がその意見に引きずられるのもやむを得ない。

わたし?
いま気になって「帝国の慰安婦」という本を読んでいるところ。
韓国ではさんざんに罵倒された本だというから、韓国人が慰安婦の正当な評価をした本でもあるかと思ったら、最初の20ページを読んだだけでもう頭に血が上った。

| | | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

うんざり

まったくうんざりするな。
あ、森喜朗さんの件。
オンナは話が長いって、つい本音をポロリといったことが、相手の首を取るまで収まらないって騒ぎ。
え、ちったあ冷静になってくれんかね。
相手は80を越したじいさんじゃねえか。
こんなつまらないことで、この社会を、だれも本音を口にできないところにしたいのかい。
わたしなら謝らねえやと開き直って、こっちから辞表をたたきつけてやるところだ。

とまあ、わたしにかぎってはいいたいことをプチプチ。
泡沫ブログだけど、ホント、いいたいことをいえるってのは気持ちいいわあ。
心配するな、わたしはキミらより先に死ぬ。
あの世から、自縄自縛におちいって、お互いを貶し合うばかりのキミらの世界をながめてやるよ。

| | | コメント (0)

2021年2月 3日 (水)

ガセ?

ネットニュースに韓国のIT企業サムスンの株の時価総額が、トヨタの2倍になったそうだ。
わたしゃ株のことなんかわからないけど、これがそのまま会社の勢いと考えていいなら、なんだなんだ、日本の輸出規制で、もうすぐあんな会社つぶれるという風評は。
フッ化水素の韓国国内での生産はムリだから、サムスンはジリ貧に決まっているとか、台湾や中国の企業に食われてオシマイさってのは。
つぶれるつぶれるといわれている文サンだって(北の正恩クンだって)いまだに健在だ。
えっ、滅びゆくはずの韓国はどうなってんだ。

これだからネトウヨや日本のネチズンはあてにならないんだよな。
このままではそのうち日本と韓国の立場はほんとうに逆転して、世界の大国は中国、米国、韓国の順になり、日本はドイツやロシアとかろうじて4位を争うということになるかも。
と思ったけど、ちょっと目をはなしたら、このニュース、もうどこかにまぎれて見つからないや。
やっぱりガセか。

| | | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

就任式

夜中に米国大統領の就任式を観ていた。
現在の米国の混乱は、親分がいいかげんだから下々までいいかげんになったという部分があったと(わたしは)思ってるので、これからはちっとは変わるだろうか。
まあ、親分が変わればコロナが収束するっていう根拠もないし、東京オリンピックが中止になっても、こればかりは日本政府に文句をいっても仕方ないし、わたしがぽっくり逝っても、もう寿命だしなとあきらめる覚悟はできている。
けっきょくわたしがいいたいのはそのくらい。

| | | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

日本は

ネットニュースに「普及進まぬEV=海外に遅れ」なんてたわごとが出ていた。
反面、昨夜のニュースではどこかの識者さんが、日本はその気になればすぐに追いつくでしょうといっていた。
わたしもこの識者さんに賛成だな。
いまは遅れをとっているように見えても、その気になればあっという間にバーをクリアしてしまうのが日本だ。
むしろあんまり早くやると、つい行き過ぎて、またガラケーなんていう突出しすぎた製品を生み出しかねない。
日本企業は国内だけで、だれが最初にスパートをかけるか、たがいに顔をうかがいあっているところだと思う。

| | | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

エライ!

GAFAと称される世界の4大企業が二酸化炭素削減計画を発表だって。
エライ!
えらいけど、これまで炭素発生のほうで世界をリードしてきたGAFAに、そんなことがホントにできるのか、要注目。
日本のほうでは大企業が、そんなことをしたら莫大な費用がかかる、そんなら企業は海外に引っ越しするしかないと、おじけづいたのか恫喝してるのかわからん反応だ。
そういう問題じゃないと思うんだけどネ。

わたし?
もうすでに省エネを実践中サ。
うちの風呂に「追い焚き」という機能がついているのを発見してから、お風呂の水は一回満タンにしたら3回は入る。
今夜もこれから長っ風呂だ。
いちど入ったら、できるだけ長くつかってコスパを高めるのだ。

| | | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

めちゃくちゃ

もうめちゃくちゃだな。
日本でトランプさん支持デモがあったそうだけど、そのデモ隊の中に韓国旗と、日本の旭日旗が混じっていたそうだ。
そればかりか米国の同様デモでも韓国旗が見られたらしい。
韓国と米国のなんの関係があるのかと思ったら、そうか、いくらひっかきまわされても、トランプさんのほうが北に理解があるように見える、だから辞めないでーってことらしい。
韓国ではマスコミまでみんな文大統領に反旗をひるがえしたみたいだけど、そのマスコミって、このあいだまで日本のネトウヨから、韓国政府の御用新聞だと皮肉られていたところばかりじゃないか。
これについて肝心の文サンはまた沈黙だ。
地方裁判所は顔をうかがう相手がわからなくなって、どうにでもなれって感じで、日本は慰安婦に賠償金を払えって判決を(いまごろ)出すし。
地裁の判決でさえ5年かかってるそうだから、大法院まで行くのにどれだけかかるのか。
それまでに朝鮮半島ではもっと大きな雪崩的現象が起きて、すべてガラガラポンになってるんじゃないか。

| | | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

ネタの救世主

韓国の文大統領が新年最初の国務会議でいいことをいっている。
口先だけでいいことをいうのはこの人の常套手段だから、いまさら感心はしない。
言ったことがことごとくブーメランになってもどってきて、彼の支持率が下落する一方なのも驚かない。

よく考えるんだけど、英国は頂点を極めたあと転落して、現在はしっちゃかめっちゃかだ。
おごる平家は久しくない。
日本がアジアの盟主と呼ばれてずいぶん時間がたつけれど、いずれは日本も英国と同じように凋落するかもしれない。
仮にそうなるとしたら、あとを継ぐのはどの国か。
韓国人はすぐにサムスンを例にあげて、日本を超えたと喜ぶけど、そのサムスンの牙城も揺らいでいる。
わたしは断言するけど、韓国が日本を凌駕するか、サムスンが中国に凌駕されるか、どっちが早いかと聞かれたら答えはひとつだ。

日本は欧州を超えるのに、世界に通じる常識をもって勝負した。
韓国は日本だけを攻撃して政権を維持したり、大使館のまえに相手国へのいやがらせでしかないものを設置するような、国際常識を守らない国だ。
この調子では日本が衰えたとしても、韓国は永久に日本に勝てるはずがない。
いつになっても、ネタがなくて困っているときの、わたしの救世主のままで終わるだろう(あいかわらずネタ不足なので、さっそく活用させていただきました)。

あんまり書くと相手がイヤがるからこのくらいにしておこう。
なんか新年そうそう問題が山積みだな。
あ、日本じゃなく韓国のこと。
いいのか、日本のほうばかり向いていて。

| | | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

落ち目

わっ、出てくるわ、出てくるわ。
おとなりの韓国のこと。
レームダックに陥った文在寅サンを、けなす意見が韓国のマスコミから。
そんなにけなすなら最初からこの1/10でもけなせばいいのにと思うけど、こうなったらよっぽどのサプライズでもないかぎり、大統領の挽回の目はないな。
彼の場合、やったことは日本を怒らせて、二度と韓国の面倒はみないと決断させたことだし、そうなると彼がけなした前大統領のクネちゃんよりひどいから、弾劾されたら刑務所どころの騒ぎじゃないだろう。

それにしてもまたかという感じ。
落ち目になった者へ容赦のない攻撃ぶり。
それもこれも国内に右派、左派が拮抗しているせいだ。
だれが大統領になっても、いつひっくり返されるかわからないから、政治よりも自らの立場を守ることに汲々とせざるを得ない。
いっそのこと国をふたつに分けて、右派韓国と左派韓国に分裂してしまったらどうだろう。
これなら大統領の地位は安定して、まじめに政治に専念できるのではないか。
国が小さくなるのはイヤだというなら、左派韓国は北朝鮮と統一すればよい。
すばらしいアイディアだと思うけど、絶対反対というのはその左派韓国の住人だろうねえ。
そんならはじめから日本やアメリカにごたごたいわなければいいのに。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧