ネットをめぐる

2017年4月17日 (月)

ちと残念

Oj01

このブログでも、プロが作ったような本格的な作品だとほめたことのある、YouTubeのオンリー・イン・ジャパン(Only in Japan)というチャンネル。
この4月からなにやら異変が起きているよう。
主役はあいかわらずジョン・ドーブ君だけど、最近の映像を見ると、他のしろうとが作ったのと同じような安っぽい映像になっているのだ。
スタッフとケンカでもしたんだろうか。
それまでは内容も、しろうとが作った映像とちがって、ユニークなものが多かったから定期的に視聴していたのに残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

アニメ・オタク

Em01

日本のアニメのファンであるフィギュア・スケーターのエフゲニア・メドベージェワちゃん。
年甲斐もなくわたしは彼女のファンだけど、最近の国際大会で優勝したとき、彼女は自分のツィッターに、どうどうとアニメ・オタクと書いているという新聞記事があった。
こういうことがあると確認したくなるのがファンである。
 
調べてみたら、ほんとうに書いてあった。
ロシア語ではなく、英語である。
画像の赤い楕円で囲ったのがソレだ。
「オタク」という言葉が国際語だってのは本当だったんだね。

Em02

下の写真は彼女のツィッターに載っていたもので、ふだんはこんなロングヘアで過ごしているらしい。
芳紀まさに18歳。
可愛いねえ、楽しい子だねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

フォローせず

001

どこも痛くもカユくもないのに、なんか食欲がない。
昨日は家の近所の飛行場を一周してぐったりと疲れた。
ブログも書く気がおきないんだけど、不必要な責任感に追われて、なにか書かなければいけないような気がする。

002

なんかネタがないかと考えたら、ちょうどインスタグラムに、フォローしてえという女の子の写真が送られてきていた。
わたしみたいな枯れたおじさんの気をひこうという、彼女らの気持ちがわからん。
こんな写真を公開してる喜んでいる女の子って、ビョーキと違うか。
フォローしてやらんぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

不思議

Hv01

ネット上の掲示板「海外の万国反応記」を見ていたら、そういえば不思議だなという案件にぶち当たった。
日本の埴輪とギリシアの彫刻を比較して、なんでこうなのというんだけど、考えてみればたしかにそうだ。
ミロのヴィーナスは紀元前130年ごろのもので、女性の裸体をリアルに創造したということでは、すでにひとつの頂点をきわめているのに対し、日本の埴輪は紀元後500年ぐらいのもので、両者の時間差は600年以上になるのに、なんか子供がつくった粘土細工にしか見えない。
この差は日本の女性の体型を忠実に反映した結果だというと、日本のオンナの人から苦情がきてしまう。
もちろん当時も現在も西洋人のほうがスタイルがいいけど、いくらなんでもこれほど差はないだろう。
日本人というのは古墳時代から抽象芸術のほうが好きだったのか、そしてギリシア人てのはむかしからスタイルがよかったのねと納得するしかないか。
不思議だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

異次元の世界

C000C003

ネットの掲示板「海外の万国反応記」に、もうすぐ日本に行くんだけど、最悪なものはなんだったかという書き込みがあった。
先達からいろんな回答があって、暑さと中国人観光客が多いことというのがダントツらしい。
まあ、たしかにね。
先進国グループから見れば。

でも日本人だってバブルのころは、フランスやイタリアのブランド商品の店に集団で殺到して、あきれかえった店側が床に放り出した商品を、見苦しく奪い合ったなんて事実があった。
フツーの人のやることなんて、どこの国民も基本的にはいっしょ。

C005C004

そもそも、なんで観光客が押しかけるようなところに行きたがるのか。
田舎とか市場とか、そのへんの一般商店とか、お寺にしたって奈良や京都ではなく、奥多摩あたりの名のないボロ寺だとか、ほんとうに好奇心を満足させてくれるところはいくらでもある。
わたしがはじめて行ったころの中国は異次元の世界。
そういう文化に興味を持ち、そういう国をもういちど旅してみたいと切に願ってしまうわたしって、やっぱり変人か。

添付したのはぜんぶわたしの写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

お助けモンちゃん

0

わたしがよく見ているYouTubeの中国人モンちゃんが、その最新映像(公開日がこの2月13日)で日本のファンにお別れをいっていた。
大きな口をあけ、豪快にエモノにかぶりつくのが魅力だった彼女も、この番組(お助けモンちゃん)に出演するようになってまる6年だという。
彼女の正確な年令を知らないんだけど、いろいろ調べると、番組が開始したとき24歳だったらしい。
すると現在は30ということで、当初は太めの女子大生ふうだった彼女も、最新映像では、これがあのモンちゃんかいとびっくりするほどの大人びたレディに変貌していた。
なにかを食べるとき、みけんにシワをよせて、美味いのかまずいのかわからない顔をするところだけはあいかわらずだ。

2

それはいいけど、芸能人なら彼女もそろそろトウの立つお年頃である。
しばらくお休みするだけと本人はいってるけど、はたしてどうなるか。
彼女はこの番組でブレイクした素人で、それでも中国で中国版YouTubeであるYoukuが主催した、2016年の最も影響力のある旅行家賞なんてものを受賞している。
だから人気者の彼女を見る機会はこれからもあるかもしれないけど、日本を紹介するという彼女の役割はひとまず終了したと思ったほうがいい。

彼女が日中友好に果たした役割は小さくないし、そして中国人の爆買いを招いて、アベノミクスに貢献したことも事実だろう。
故郷の大連に帰った彼女に、わたしからも「辛苦了」、「再見」。
ところでモンちゃんの映像を見るように勧めておいた中国人の知り合い、しばらく音沙汰がないけど、アイデンティティの崩壊から立ち直れないのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

台所の失敗

あ、もうすぐ日があらたまってしまう。
大急ぎで、今日の「海外の万国反応記」の新しい記事『キッチンにおける悲惨すぎる失敗例』がおもしろいとだけいっておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

わかりやすい問題

001

うわあとあっけにとられる、やる気まんまんのトランプさん。
メキシコとの国境に壁を作るって早くも有言実行のヒト。

でもウチの新聞を読んでいると、メキシコの壁について大騒ぎになっていることはわかるけど、それをしたら具体的にどうなるかってことまではわかりにくい。
やはりリョーシキをそなえた日本を代表するリベラル紙にとって、なったばかりのアメリカ大統領の政策の欠点を、具体的にあげつらうのはマズイという遠慮が働くのかもしれない。

その点わたしが愛読している掲示板サイト「海外の万国反応記」は、お世辞や敬語は禁止、徹底的に本音で話すことをモットーとしてるから、アメリカ人たちの本音が聞けて興味深い。

メキシコに壁の建設費を出せといったって、はい、そうですかと現金をポンと出すわけがないから、トランプさんはメキシコからの輸入品に20%の関税をかけるといっているらしい。
そんなことをすれば、メキシコからの輸入品が高騰するのはまちがいがない。
するとアメリカ人は高い買い物をせざるを得ない。
ということは、けっきょく壁の建設費はアメリカ人が負担してることになるんじゃないか。
これってわかりやすいよな。

現在でもメキシコは、アメリカの第一位の貿易相手国なんだそうだ。
冬になるとスーパーで売っている野菜の60パーセントはメキシコ産という書き込みもあった。
これじゃ物価が高騰していちばん困るのは米国民だ。
世界中が驚き呆れ、あのISまでが息をひそめて成り行きを注視しているみたいなのがおもしろいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

デマサイト

ヤフーのニュース掲示板に韓国のデマサイトに関する記事が載っていた。
韓国についてのデマは拡散しやすいので、広告収入を得やすいとサイトの運営者が語っている。

たとえばということで、韓国で日本人の幼女ふたりが韓国人の男に強姦されたけど、裁判で 一転して無罪になったという記事が引用されていた。
疑いぶかいわたしみたいな人間には、にわかに信じがたいこんな記事を拡散させるのはどういう人間か、おおよその見当はつくけど、まともな人の中にも真剣に読んでいる人がいるかもしれない。
デマと真実を見極める方法ぐらい知っておいてほしい。

そもそもこれが事実なら他のメディアにも載らないはずがない。
ヤフーニュースや朝日、読売、とくに産経のニュースサイトが取り上げないわけがない。
まともなサイトが取り上げない事件なら、デマだと考えたほうがよい。
ネトウヨ諸君にもいっとくけど、あんたがデマを拡散させるたびに、あんたの知らない赤の他人にお金が振り込まれるわけだ。
これって腹が立たないの? アーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Youku

わたしの中国の知り合いは、なにをしてるのか知らないけど、やけに羽振りがいい。
あなたも日本に爆買いに来ないかとメールを出してみた。
 
返事があって、中国のSNSである微信なんかを見ると、日本人の80パーセント以上は中国人を嫌っているそうだ。
中国政府は自国民に安全第一だと警鐘を鳴らしている。
不论到哪个国家旅行,安全第一,这是中国政府对自己的公民敲的警钟。
中国国内也不一定安全,哪里都有好人和坏人。
日本政府又问题,但我相信大多数日本人民还是好的。

中国もかならずしも安全ではない、よい人もいれば、悪い人もいる。
問題は日本政府にあって、アタシは大多数の日本人はよい人であると信ずる。
というんだけどね。
 
日本は中国政府がいう以上に安全なはずだけど、こういう共産党のプロパガンダにどっぷりつかった人間を覚醒させるにはどうしたらいだろう。
いまは YouTube で日本の情報が湯水のごとく溢れだしている時代だ。
たとえばこのブログでも取り上げたことのある中国人のモンちゃんが、日本各地の美味いものを食べ歩く映像なんかを見せてやるなんてのはどうだ。
モンちゃんが、たとえば日本の一流店で握り寿司を食べている映像を見れば、女というものはグルメに命をかけているものだから、居ても立ってもいられないのではないか。
 
しかし中国では YouTube は見られないんだそうである。
自分たちになにやら制約がかかっていることに、いいかげんに気がつきそうなもんだけどな。
 
うーんと考えたけど、モンちゃんの映像は、中国版の YouTube である Youku(优酷网) にも掲載されているはずだ。
そのことを相手に知らせてやったら、まだ返事が来ない。
いまごろは自分が信じてきたものが、映像を見たおかげで、アイデンティティがガラガラと崩壊して苦しんでいるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧