ネットをめぐる

2019年9月10日 (火)

PHL農園だより

Ph06

いまYouTube で「フィリピン農園だより」という映像にハマっている。
これはNPOの海外協力事業の一環らしく、これを公開しているユーチューバーは、じっさいにフィリピンの貧しい農村に住み込んで、現地の人と同じ釜のメシを食いながら、仕事の合間に撮影した映像を公開しているらしい。

最初はたまたまイヌやネコ、サル、ヘビ、トカゲなどがうじゃうじゃいる原始的な田舎の生活が、自称ナチュラリストにとって理想郷みたいな感じがしたので見始めたんだけど、だんだん熱が入って、この映像についてもっと詳しく知りたくなった。
詳しく知るための第一歩は、まず公開されている映像をひとつ残らず集めることだ。
といってもそれは簡単じゃない。

「PHL農園」の映像が初めて公開されたのは2009年だそうで、その後事情があって100回分ほどを削除したという。
それでも、最近になってわたしが集めたものだけでも
70回分ぐらいあり、これで全部というわけではないのだ。
毎晩映像の蒐集に熱中しているので、現在のわたしはボケるひまもない。

ひとつひとつの映像は、せいぜい数分ていどの他愛ないものだけど、集めた映像を公開された順番に並べてみると、長尺のドキュメンタリーを見るようで、現地の生活がありありと目のまえに浮かび上がってくる。
日本に比べればインフラも整っておらず、生活は極貧というくらい貧しいものだけど、その自然の豊かなこと、まるで子供のころのわたしの郷里、いやそれ以上である。

まずたくさんのネコが出てくるけど、飼いネコなのか野良なのかわからないくらい、みんな自由奔放に生きていて、もちろん去勢なんて非道な仕打ちを受けているものは一匹もいない。
彼らは野山を自由に走りまわり、ネズミやヘビを捕まえて、自給自足も可能な生き方をしている。

ヘビもたくさん出てくるけど、フィリピンの田舎では小さな女の子まで、ご馳走だといってそれを追いかける。
ヘビだけじゃない。
川にはスッポンやナマズが手づかみできるくらいたくさんいて、やはり人間の食事に供される。
ここでは人間も自然界の弱肉強食の輪のなかにいる。
そんな日常がじつに興味深い。

わたしはこんな生活にあこがれるけど、ニワトリをしめて羽をむしったり、でっかいヘビの皮をはいだりすることはできそうにないから、そこで暮らすのはとても無理だ。
しかしわたしの友人に、フィリピン人の奥さんを嫁にもらい、奥さんの故郷に移住した人間がいる。
彼はわたしより若くてハンサムで、スポーツマンだし、日本にいるとき本職のあい間に園芸をしていたくらいだから、適応力はありそうだ。
彼の住んでいるフィリピンの田舎とやらに行ってみたいものである。

| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

障害発生

ネット障害発生。

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火)

翻訳

わたしぐらい疑り深い人間はいない。
たとえば韓国とのゴタゴタで、いまあちこちのウェブページをながめると、韓国ではこういっている、こんな状況になっているという記事がやたらに多い。
たいていが日本人にとって気持ちのいい記事になっているのはいいんだけど、気持ちよすぎると、コレって本当かいと疑念がわく。
嫌韓サイトが自分たちに都合のいいことだけを選んで載せているんじゃないか。

そういうときは自分でちょくせつ、韓国の新聞を読んでみればいいんだけど、わたしは朝鮮語(ハングル)なんて知らない。

ところが最近、グーグル翻訳を使えば、全部ハングルのウェブページでも、丸ごと翻訳できることがわかった。
試しにやってみたら、完璧とはいえないものの、あとは自分の脳ミソで補完することで、ほぼ完全に意味がわかる。
今日の朝鮮日報に、韓国政界をゆるがすスキャンダルが載っていることも、その内容もイッパツだ。
わはは、これからはフェイクにだまされないぞ。

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

大きな矛盾

あいかわらず後期高齢者の寝言みたいなことをほざいてウレシがっているわたし。
でもこれがボケ防止の良薬だと思うとやめられへんのよと、またいつもの言い訳を繰り返して、さあ、今日のブログに行こう。

ときどきウチの新聞に(よその新聞のことは知らない)、最近は言いたいこともいえない社会になったとぼやく著名人、文化人の発言が載る。
どうしてこんな社会になったのかと、怒りはたいてい政府に向く(ウチの新聞の場合)。
しかしなんでもかんでも日本政府に責任を負わせるのはおかしいと思う。
朝日新聞が未だに存続していることからわかるように、政府が言論統制をしているわけではない。

冷静に考えれば、なにもいえない社会になったのはインターネットの普及が大きい。
自分の気に入らないことはケシカランと思っても、かっては新聞に投書するぐらいしか方法がなかったのに、いまや一億総ネット時代で、誰もが公けに発言できる時代だ。
みんなで寄ってたかって、気にくわない意見や行為を攻撃する。
これでは世間の常識からはずれるような発言は、ぜんぜんできないことになってしまう。
なにもいえない社会というのはこういうことだろう。

だからといって、インターネットを禁止しろとはだれもいわない。
禁止したらなにもいえない社会になってしまう。
便利なようで便利ではない、不便なようで不便ではない。
この大きな矛盾。
わたしたちは行方の定かでない船に乗り、多すぎる航海士にみちびかれて、手探りで未来へ向かって航海しているところなのだ。
座礁したら、航海士を自認していた自分に文句をいえ。

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

勉強をする

ネット掲示板の「海外の万国通信」をみたら、英国BBCが、日本では20世紀前半の歴史をほとんど教えないと書いていたそうだ。
ホントかよと思い、わたしの高校時代はどうだったかと考えてみた。

高校時代の教科書なんてほとんど覚えてないけど、まあ、これはわたしがぼんやりした学生だったせいかもしれない。
わたしの歴史についての知識は、そのほとんどが教科書以外の、たとえば小説や映画から得たものと、それをもっと詳しく知りたいという好奇心のたまものである。

学校で歴史を上っつらしか教えないのは、なにも日本だけではなく、英国も含めて、多くの国でいっしょじゃないか。
大切なのは個人的に勉強したい場合、自由な情報入手が可能で、社会のなかに制約や強制がないかどうかだ。

BBCの記事のコメントのなかには、ナチス・ドイツと日本軍のやったことでは、どっちがひどかったかというものもある。
そういうことをきちんと教えないのは問題だというつもりのようだけど、これだけでこのコメント氏の国もたいしたことを教えてないことがわかる。

国家のなかにはある種の目的のために、特定のイデオロギーは禁止で、一切国民の目に触れさせない国もある。
しかし日本ではさいわいなことに、左翼から右翼まで、ありとあらゆる情報が入手可能だ(朝日と産経が両立しているのを見よ)。

気になる事件があれば自分で徹底的に調べればよい。
日本の本屋、図書館にはありとあらゆる書籍が並んでおり、それを妨害するものはなにもない。
学校で教える授業量が多いか少ないかということは、あまり重要でないと思う。

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

ネット掲示板より

わっ、今日のウチの新聞、1面トップが「表現の不自由展、中止」だって。
愛知県まで慰安婦の像を観にいく予定はないから、どうでもいいんだけど、内容はいつもの朝日新聞の論調。
読まなくってもわかってる。

それよりも、いつもはあまり日韓の問題にふれないネット掲示板「海外の万国反応記」が、めずらしくこの問題に積極的にふれている。
いまの時期、いちばん人の関心を引きそうなのがこの問題ということなのだろう。
わたしもあんまり関わりたくないけれど、やっぱりブログのネタとしては強力だ。

不買だ、反日デモだ、交流事業の見直しだなんて、騒ぎが聞こえてくるのは韓国だけで、日本のほうは静観のかまえ。
それだけ韓国には打つ手がないらしいけど、おおかたの日本人が苦笑しているのも事実。

ネット掲示板「カイカイ反応通信」には、日本の自転車メーカー・シマノへの、不買運動に対する皮肉が読み取れる。
このメーカーの自転車部品は世界を席巻しており、不買をしたら韓国には代替え品はほとんどないそうで、こればかりは不買の無風地帯なんだそうだ。
シマノだけじゃない。
ニコンやキャノン等のカメラ、医療機器、部品を含めれば車やテレビ、スマートフォン、ボールペンのような文房具など、日本製品には代替えのきかないものが多く、ほんとうに日本製品ボイコットを徹底したら、韓国では生活が成り立たないという。
ふつうならこれだけで身のほどをわきまえるはずなのに、韓国は頑固な国だ、むちゃくちゃだ。

大慌てで代替え製品を育成するのはけっこうだけど、それ以前にベネズエラになってしまうことがわからないのだろうか。
わからないならいってやるけど、貧乏国家になるのを回避するのはむずかしいことじゃない。
日本を敵対視するのではなく、ウインウインの同盟国と思えばいいだけだ。
いやもう、いまとなっては手遅れか。

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

広瀬サン

日本の有名作家が韓国の肩をもつ発言をしたって、ネットで話題になっている。
この人は広瀬隆サンというそうだけど、有名作家にそんな人がいたっけか。
そういえばSF作家に広瀬なんとかいう人がいたような。

で、調べてみたらSF作家のほうは広瀬正さんで、ひと文字ちがっていた。
今回話題になっている広瀬サンは、写真で見ると白髪痩身の、いかにも左翼の闘士といったふうな人である。

彼にいわせると、朝鮮人の強制徴用はナチスのホロコーストに匹敵する蛮行だそうだ。
いくらなんでも意見が極端で、どうやらこの人も渾身の日本ギライ、日本をおとしめることならどんな話にでも飛びつき、ねつ造も辞さないという人なのだろう。
まあいいか。
だれも信じないことをがなりたてているのなら、罪はないし、だいたいいまの韓国では、こんな自分の国に反抗的な意見はおくびにも出せまい。
広瀬サンこそは、日本がいかに表現の自由を保障された国家であるかという生き証人ではないか。
うん、頑張ってとエールを送ってしまう。

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

インドの方法

ヒマなときは、あまり最近は使われない言葉だけど、ネットサーフィンをして、つまり掲示板や他人のブログ、YouTube の映像などを見てまわる。
とくに
YouTube を見ていると、自分の趣味にあった映像を自分で探し出す楽しみがあって、ふつうのテレビ放送が陳腐に思えるくらいおもしろい。

そうやってたまたま見つけた映像に、「インドの◯◯の方法」というシリーズがあった。
これはしろうとが撮影した、インドのようすを報告する紀行映像だけど、わたしはこういう辺境といっていい国の旅に興味があるのだ。
たとえばインドの「卵300個を使ったスクランブルエッグの作り方」だとか、「サッポロ一番みそラーメンの作り方」なんてのがあって、いやもう、おおらかというか雑というか豪快というか、目も当てられないくらい不潔なキッチンで作られる、大衆食堂の料理の数々。

でもそれを見てなんとなく安堵してしまうわたしがいる。
わたしの前世はインドの牛だったのかもしれない。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

化けもの

すこしまえにこのブログで、マリインスキー版の「ジゼル」に出演していたディアナ・ヴィシニョーワというダンサーのことを、顔がロボットみたいでキライと書いたことがある。
わたしの個人的偏見に満ちたブログだし、テレビて見るとじっさいにロボットみたいだったから、これは仕方がない。

ところが YouTube で映像を集めるのにはまっているせいで、彼女の出ているほかのバレエを観てみたら、もっと人間らしい美人に見えるものもあった。
人間を長くやっているわたしが、いまさらそんな事実に驚くのもナンだけど、女性というのはお化粧ひとつでぜんぜん別の人間に変わってしまうものらしい。

最近の「海外の万国反応記」というネット掲示板に、その典型的な、そして極端な例が載っていた。
これじゃ美人と結婚して、ひと晩ベッドを共にした旦那が、朝になってすっぴんの彼女を発見したら、驚きのあまり悶絶してしまいそう。

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

ムービーメーカー

今年の3月に買ったパソコン、最近になって気がついたけど、「ムービーメーカー」というソフトが入ってないね。
これはウインドウズに付属しているはずの無料のビデオ編集ソフトで、仕事をやらせたらアドビの「プレミア」なんてソフトにかなわないけど、YouTube にのせる程度の簡単な編集や、映像の必要なところだけを切り取って集めたりするには、けっこう使える便利なソフトだ。

これまではウインドウズ・パソコンにはじめからくっついてきたものだけど、ひさしぶりに使おうとしたら、ない!ない!
新しいパソコンのどこにも見当たらない。
でもあわてる必要はない。
どうせタダで提供されているはずだから、それをインストールすればいいのだ。

MM(メンドくさいから省略形で)はMS(マイクロソフトも省略だ)のホームページからすぐに見つかった。
もちろんこんなものにお金をだすつもりはないから、無料というやつをダウンする。
でもMSもお金を稼ぐのに必死だ。
どこを間違えたのか、あるいは巧妙に誘導されたのか、わたしがダウンしたのは有料のMMで、画面には、一見アドビのプレミアに似た画面が広がってしまい、これで仕事をするにはお金を払えという。
最近プレミアに似たソフトが多くて困るよな。
わたしの友人でもプレミアもどきを使っている輩がいるけど、アドビもたまんないよね。

アドビのソフトに畏敬の念を抱いているわたしは、もちろんそんなものは使わず、以前から使っている無料のMMをダウンしなおした。
いまこれで、
YouTube から日本旅行をした欧米人(カワイ子ちゃん優先だ)の映像を集めて、その中から奈良の鹿のシーンだけを抜粋したショートフィルムを作っているところ。
公開したいけど、また文句をいわれそうだから、わたしひとりで楽しむのだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧