孤独のつぶやき

2017年9月12日 (火)

シミュレーション

ある日とつぜん北朝鮮の軍隊が国境を越えたとする。
第二次朝鮮戦争の勃発だ。
さてシミュレーションしてみよう。
このころには北は米国本土を攻撃できるICBMを完成させていたとする。
北にしてみれば、これで米国や日本を牽制しておき、そのすきに、あわよくば韓国を一気に占領して、統一政権を打ち立てるつもりだったのだが。

まず、それは無理。
北の軍隊はどうやって国境を越えるだろう。
相手の油断をみすまして急襲をかけたいと思っても、軍隊が集結すればたちまち軍事衛星に発見されるご時世だ。
たとえ米国や日本の支援が遅れるとしても、北の軍隊は近代装備で待ち構える韓国軍の砲火の中へ突進することになる。
時代遅れの火器しかない北は、敗北しないまでも、国境近くに釘付けになるだろう。

そもそも地上兵力を効果的に支援する航空機が、北にはほとんどない。
燃料をかき集めてなんとか出動したとしても、最新レーダーや近代兵器の欠如した航空機なんて、これはあっという間に壊滅させられる。
そのうち米軍が駆けつければ、釘付けの軍隊は近接支援攻撃機や攻撃ヘリのかっこうの獲物だ。
そうならないために核ミサイルで米国を牽制しておくのだという人がいるかもしれない。
しかし前項で書いたように、核ミサイルは張子のトラだ。
自分の命が惜しければ、米国の徹底的総反撃を覚悟してまで使える兵器ではないのである。

こう考えると、北朝鮮が南侵するのはまったくの夢物語だ。
むかしの朝鮮戦争なら、中国やロシアの応援が期待できたかもしれないけど、さんざん横紙破りをしておいて、いまの北朝鮮を応援して得をする国はこの世界にひとつもない。

だから北の軍事侵攻はあり得ない。
ヘタすればこの戦争に負けて、南北の統一がなるかもしれないし、これじゃ正恩クンの面子はまるつぶれだから、やっぱり南侵はあり得ない。
北の指導者の未来はひきこもりか、そうでなければ発狂して人類に壮大な迷惑をかけることしかないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

究極の防御兵器

スタンリー・キューブリック監督の「博士の異常な愛情」は、冷戦時代の核戦争の恐怖を扱った傑作だ。
この中に究極の秘密兵器というものが出てくる。
たった一発で地球を壊滅させてしまうほど威力のある爆弾である。
これを持って、来るなら来い、どうしてもやるっていうならこいつを爆発させるぞとおどかせば、それでも攻撃しようという国はないだろうから、究極の防御兵器ともいえる。

北朝鮮のぼんぼんが夢見るのもこんな強力な核爆弾だろう。
彼にとっては、ただただ自分の体制さえ維持できればいいのである。
ゼッタイに他国から攻撃されなければいいのである。
彼が核兵器やICBMにこだわるのは、他国を侵略したいわけではなく、つまり究極の防御兵器を持ちたいからだ。

では、北朝鮮がそういう破滅的な核爆弾を持ったとしたらどうすればいいか。
じつはそんなに恐れることはないのだ。
ぼんぼんがそんなものを持ちたがるのも、自分の命が惜しいからである。
ということは、これをじっさいに使うのは、追いつめられて追いつめられて、ほんとうにどうにもならなくなったときである。

日米韓としては経済封鎖を続けたまま、◯△島の砲撃や北の哨戒艦の撃沈といった、これまで北がやってきたような小規模の局地戦をしかければよい。
軍隊同士の戦争なら、近代兵器をそなえた日米韓連合軍のほうが有利で、まず負けることはないだろう。
ぼんぼんのほうはこのていどの戦争に究極の核爆弾を使うわけにはいかない。
そうやって小規模の戦争を繰り返しているうち、あちらは手持ちの通常兵器を使い果たしてまる裸になる。
それでも当人は核爆弾にうちまたがってほえ続けるかもしれないけど、いつかジリ貧になるのは確実。

問題は中国やロシアが北朝鮮の困窮に同情して、封鎖破りをすることだけど、究極の核爆弾で世界を脅迫するようでは、いくらなんでも北に同情する国はあるまい。
そう考えると、現在のトランプさんや日本が、経済封鎖にこだわって、武力攻撃に乗り出さないのは正解かもしれないのである。

「博士の異常な愛情」では、連日の緊張に耐えられくなった米軍基地の司令官が、発狂して核戦争のボタンを押してしまう。
いちばんコワイのは、ぼんぼんの頭がいつまで正常でいられるかだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

繁殖力

0739a

先日のBSの番組に、イランのザグロス山脈が取り上げられていた。
イランというと中東の大国で、石油と砂漠の国というイメージである。
あまり水や緑があるような気がしないんだけど、じっさいにこの山脈も樹木のほとんどない禿山ばかりだった。
ところがこんな禿山の中にも、きれいな泉が湧いていて、清涼な水の流れる小川がある。
そこに小魚やサワガニが棲みついているのには感心した。

最新ニュースによると、地下300メートルのところに、酸素ならぬメタンをエネルギー源として生きる生物が発見されたとか。
ふつうの生命は酸素がないところでは生きられないから、これは地球がまだ酸素でおおわれるまえに誕生した、原始生命の可能性があると話題になっているけど、むずかしいことはさておいて。
地球上の生命はすべからく、こういうタフな生きものの子孫なのだから、ふさわしい環境さえあれば、ボウフラのように湧いても不思議じゃない。

0739b

むかし中国のシルクロード、トルファンで、ベゼクリク千仏洞というものを見学に行ったとき、千仏洞から見下ろす谷間に小川が流れているのが見えた(添付した画像は2枚とも)。
なにか生きものはいないだろうかと、こういうときのわたしは法律や規則を破ることをなんとも思わない人間なのだ。
進入禁止の看板を無視して、谷間まで下りてみた。

小川の岸辺にはアシが茂っており、その中にたくさんのカエルがいた。
まわりは赤茶けた大地がどこまでも続く荒々しい砂漠地帯なので、トカゲならともかく、カエルというのはちと想像を絶するんだけど。
現地の人に訊くと、カエルの天敵のヘビもいるらしい。
そういえばトルファンあたりでは、たまに見渡すかぎりの砂漠を覆いつくすような洪水も起こるそうだ。
こんなもみくちゃにされそうな土地にも、生命は繁殖するのである。

北朝鮮が核ミサイルをぶっ放すと騒いでいるけど、水爆なんてつかの間の殺戮兵器だ。
見ていろ、1年後の爆心地にはたちまち生命が充ち溢れるに決まっている。
それが人間であるとはいわないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

幽霊?

昨夜は府中駅で友人と待ち合わせをした。
わたしは北口のテラスのようなところで友人を待っていたんだけど、そこで杖をついた幽霊のような男性に話しかけられた。

もしもし、あなたは熱海に行ったことがありますかという。
伊豆には何度も行っているから、とうぜん熱海もよく知っている。
そう答えると、それじゃ錦ヶ浦もご存知ですかと訊く。
錦ヶ浦ですか、あそこは近年バイパスができて、旧道を使わないと行けないはずだけどどうなってるだろう。
錦ヶ浦は自殺の名所と聞いてますが、なぜですか。
なぜって、高いですからね、飛び込めばイチコロだから。
高いということはあのビルくらいありますかと、近くのビルを指さす。
そうですねえ、下から見ればあのくらいあるんじゃないですか。

相手が身障者のようだし、どうせ待ち合わせの友人が来るまではヒマだから、おかしな相手と思ったものの、できるだけ丁寧に受けごたえをしてやった。

熱海の駅から歩いたらどのくらいかかりますか。
そうだなあ、あなたは足がわるいみたいだし、2時間ぐらいかかるかもしれませんよ。
ほかに行く方法はありませんか。
知りません、熱海駅で聞いてもらうしかないですねえ。
飛び込んだら死にますか。
死ぬでしょう、水に叩きつけられた瞬間に。
叩きつけられるまでは生きているんでしょうか。
そんなことはわかりません、わたしもまだ飛び込んだことないもんで。

さすがにアホらしくなってきた。
ひょっとすると錦ヶ浦で自殺した男の幽霊がまよって出てきたのかもしれない。
そうだとしたら気のドクな幽霊だ。
無神論者のわたしは、都会のまん中で出会った幽霊なんかに興味はないのだ。
あるいは、これから投身自殺をしようという男が、励ましてくれそうな相手を求めて、府中の駅前をふらついていたのかもしれない。
しかし、わたしはそんな面倒見のいい人間じゃないゾ。
メンドくさいから、明日の新聞で自殺者がいたかどうかも調べないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

精一杯

Image

ただいま府中の飲み屋で友人と懇談中。
これから馬刺しを食べるところ。
本日の更新はこれで精一杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

運命

季節は早くも秋の気配。
夜中に起きてメシを食いながら、独居老人はなにを思う。
わたしの周辺を駆けぬけて、わたしより先に逝ったあいつのことやこいつのこと。
死はまったく公平に、誰のもとへも訪れる。
悪人が先に死ぬと決まったわけではないし、善人が長生きできるともかぎらない。
わたしみたいな極道が、いまだになんの病気もせずにピンピンしているのが、そのもっともいい証拠だ。
ミサイルや核実験でアメリカを挑発してばかりの北朝鮮のぼんぼんも、ひょっとすると、さっさと殺してくれえと身悶えしているのかもしれない。
そうは問屋が卸さないのが運命の気まぐれ。
彼もわたしも、長生きしたからって、人類になにかしらの貢献ができるはずはないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

ムツゴロウ

Mutu

先日のBSでムツゴロウのことを取り上げた番組があった。
わたしはこういう野生動物をとらえたドキュメンタリーが大好きで、いつかムツゴロウを見るためだけに、有明海まで行ってみようと考えているくらいだ。
見るだけじゃつまらない。
できることならその蒲焼きが旬の初夏に行きたい、というとムツゴロウさんにははなはだ気のドクだけど。
 
ムツゴロウというと、むかし友人たちと台湾に行ったときのこと。
友人たちが市場で土産物をあさっているとき、手持無沙汰のわたしは市場のすぐ裏にあった河の河口をのぞいたみた。
ちょうど引き潮時で、河口にはかなり広い干潟ができており、そこにムツゴロウがたくさんいた。
なんでも食べる中国人が、ムツゴロウだけは食べないらしく、漁をしている人も見当たらない。
そういえば最近でこそ、大陸中国でも日本式の刺身や海鮮料理がブームだけど、それ以前はあまり海の魚は食べなかったようだ。
市場で見るのはたいてい河や湖の魚だった。
海の魚を食べること、その調理方法の多彩なことでは、やはり四方を海にかこまれた日本の独壇場である。
 
あの天然のままのムツゴロウを見るために、また台湾にも行ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

認知症かも

なんか認知症が始まったみたい。
恥をさらしたくないから詳しい説明はしないけど、ひとつさしさわりのない事例を挙げると、買って1年も経たないブルーレイ・レコーダーがいかれた。
それと認知症となんの関係があるのかといわれそう。
パソコンにしろレコーダーにしろ、わたしの場合、機械を酷使するから故障はつきものじゃないか。

しかしこれはひとつの例であって、なんだかここんところ、ほかにも金のかかる事件がいくつか。
もめごとがまとめてやってきたような感じである。
おかげでなんとなく暗い気持ちになり、そうするとさらに気分が萎縮して、ふだんより引きこもりが激しくなりそう。
いつでもどこでもノーテンキという人がうらやましい。

考えてみると、こういうことは過去にもあった。
しかし上記の例以外をながめると、ほかのもめごとの原因は、年齢によるところも大きいような気がする。
つまり、若いころならそんな失敗はしなかっただろうということだ。
だからつい、認知症ではないかと疑ってしまう。

救いがあるとすれば、まだ冷静に自分を見つめていられることか。
わたしの友人には、どうもおかしいので、キミは認知症じゃないかというと怒る人がいる。
ああいうのは冷静な自己分析ができない人で、状況としてはかなり危険。
キチガイはけっして自分のことをキチガイと思わないのと同じだ。
そういうときは、うん、そうだね、わたしもトシだからなあと余裕で返事しとけば疑われずにすむのに。

とにかく認知症でも仕方がないやと開き直ったら、夕方までにレコーダーの故障は自然に治っていた。
天はまだわれを見捨てず、やっぱりどこまでも元気なのね、わたしって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

かほりクン

ひさしぶりに “かほり” クンに会った。
といわれても意味がわからんだろう。
かほりクンというのは、4年前にわたしがはじめてロシアに行ったとき、案内をしてくれた白面の美少女である。
彼女は日本人とロシア人のハーフで、現在はロシア大学の大学院生だ。
卒業したら日本で就職したいと、目下夏休みで訪日中。

じつはかほりクンというのは偽名である。
本名を暴露するのはヤバイので、このブログで便宜的に偽名を使ったんだけど、さてどうしよう。
いまさら本名を書いたって、もう立派な成人の彼女に問題が生じることはないと思うけど、でもさわらぬ神にたたりなし、このブログに彼女のことを書いていいかと許可をとってないから、やっぱり偽名のまま押し通しておこう。
わたしみたいなおじさんに、孫みたいな年ごろの娘が勝手なことを書かれて嬉しいはずはないだろうと、このへんは自主規制だ。

しばらく見ないうちに彼女は、アメリカ映画のスーパーヒロインのようになった。
たくましく成長して、ジーンズの下の太ももなんかピチピチ、荒馬ぐらいたやすく乗りこなしそうだ。
そしてもうすぐ富士山に登ってくるという。
そりゃ大変だぞといおうとして、やめた。
大変だったのは27年前に登ったわたしのほうで、彼女なら息も切らせず、赤い溶岩の斜面を駆け抜けてくるのではないか。
やれやれ。
いじけたおじさんは、彼女のまえでますますいじけてしまいそう。

写真撮っていいですかといいにくいんだけど、そのうち最新の写真を載せられるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

ワンちゃん

0736

ひさしぶりにワンちゃんの話題だけど、あまりかんばしいものじゃないね。
2、3日まえにミニトマト(彼はこれが大好きなのだ)を持ってご機嫌うかがいに行ってみたら、飼い主がここんとこ具合がわるいんですよという。
なんでも食べたものをみんな吐き戻してしまうんだそうだ。

うーん、困ったねえ、彼もトシだからなあ。
追悼詩でも書いておくか。

写真はずっとまえのものだけど、こういう状態らしいっすよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧