孤独のつぶやき

2019年2月17日 (日)

高価なオモチャ

わたしは10万円のパソコンを買ったばかりだけど(品物はまだ来ない)、ひさしぶりに財閥のせがれのO君に会ったら、彼は20万円の iPad を買ったといばっていた。
電子ペンも使えるんだぜと得意そう。
でも電子ペンだけで、1万数千円もするそうだ。
あいかわらず儲けられるうちに儲けておけというアップルの姿勢に嫌悪感をおぼえてしまう。
せいぜいご用心しなはれ。
もうひとりの知り合いは、電子ペンつきのタブレットを買ったけど、最初の旅行でもうどこかに落っことしてきた。
やれやれ。

いまどきパソコンなんて日常品で、安ければ安いほうがいいと、わたしは率先してその見本を示しているのに、世間には高価なオモチャを愛する金持ちが多いよな。
わたしぐらいパソコンを、いろんな方面で、実用的に活用している知り合いはいそうもないんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

今夜

今日はブログ更新を休むところ。
原因はまた飲み会で呑んだくれているせい。
飲み会の惨状を載せて、かろうじて更新を継続する。

Image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

しみじみ

別府マラソンで通訳をつとめた女性が、担当したアフリカ選手をチンパンジーと表現して、ブログが炎上しているそうだ。
新聞記事を読んでみると、彼女は黒人選手たちといっしょの写真をブログに載せ、「かわいいチンパンジーたち」と書いていたそうだから、どうも彼女の中では、チンパンジーも、ペットのイヌやネコと同じかわいい動物だったようだ。
だからべつに軽蔑するつもりではなく、親しみをこめてこんな表現をしてしまったのだろう。
しかしいくら自分でかわいいと思っていても、相手がどう思うかということをまず考えなくちゃいけない。
そうした気配りができない人が、安易にブログの記事を書くというのは、バイトテロの阿呆なテロリストと同じ、最近の困った傾向だ。

わたしも口がわるいから、ブログのなかで、しょっちゅう他人の悪口と取られかねない発言をしているけど、このへんは微妙に注意しているんだよね。
わたしならチンパンジーではなく、黒ネコちゃんとでもしただろう。
この違いがわかる人いる?
もう10年以上続けているのにいちども炎上してないってのは、たまたまわたしのブログの読者が、ユーモアを解する精神的に成熟した人たちばかりなのか、それとも泡まつブログで、世間から相手にされてないだけなのか。
うむ、しみじみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

バイトテロ

オチのない文章を書いて、ホッとしてメシを食っていたら、テレビで「バイトテロ」について、視聴者も参加して討論会をやっていた。
いま問題になっている寿司屋のアルバイトが、マグロの切り身をゴミ箱に投げ入れ、それをまたまな板にもどしたという事件だ。
しかもそれをSNSに上げるという非常識なわるふざけ。

たまんないよな。
わたしらの世代には想定もできない事件で、想定できないものをあらかじめ注意もできまい。
ハッシュタグを利用して、被害者の寿司屋の寿司をみんなで食べましょうという支援運動を起こすしかないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オチのない文章

自然界をつき動かすのは、子孫を残したいということと、もうひとつは子孫を残すためのエネルギーを確保する、つまり空腹を満たそうというふたつの衝動だ。
子孫のほうは、とりあえずヒマなときに励めばいいが、食べなければ死んでしまうから、すべての生きものが、つねに食べものを追い求めている。
この地球上では、大半の動物が、食うものと食われるものの関係であり、そういうわけで、YouTube 上には捕食者と被捕食者の、ありとあらゆる関係が見られる。

ライオンがカモシカを食べる、サメがオットセイを襲う、ヘビがカエルを呑む、カマキリがバッタをかじるなんてのは常識的なほうで、中には信じられない組み合わせもある。
両生類のカエルが哺乳類のネズミを呑み込んだり、クモが小鳥を捕まえたり、ムカデがヘビの首ねっこにかじりついたり、小さなカマキリが水槽の小魚を襲ったり、これすべて YouTube に映像があるのだ。

地獄というものがあるならこういうものではないかと思えるくらい、生存のための競争は情け容赦がない。
イノシシは多産といわれるけど、それは天敵が多いからだ。
タラは何万個もの卵を産むけど、そのほとんどが親になるまえにほかの生き物に食べられてしまう。
イノシシもタラも、せっせと他人の餌を生産しているようなものだ。
・・・・・・・

ここまで書いてみたけど、あとがバッタリ。
認知症が心配だけど、うん、たまにはオチのない文章だなんて、しりあがり寿さんの真似をしちゃったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

病院に行く

高血圧の薬をもらうために病院に行ってきた。
こんなことを書くと、これを読んでいる人のなかには、わたしがいつ脳梗塞で倒れてもおかしくない肥満男性と思うかもしれない。
いや、わたしは肥満というほど太っちゃいないぞ。
血圧が高いのは事実だけど、もう10数年も気にせずに生きてきて、同じ年ごろの知り合いよりずっと健康だ。
今回の病院も所属する団体からうるさくいわれて、イヤイヤながら行ったものだ。

病院なんかめったに行かないから、そっち方面ではベテランの知り合いに電話してみた。
医療費ってのは税金の還付があるんでしよ、あれって現金で返してくれんのか。

これまではたまに病院に行くことがあっても、なにしろ国民皆保険の国の住人であるだけに、費用はたいてい千円以下で済んでいた。
それっぽっち請求したって、手間を考えるとメンドくさい。
それより健康なんだから、長生きして、年金をできるだけ長くもらってモトを取ろうという魂胆。

その方針が変わったのは、高血圧のせいだ。
今回の費用は診察代と薬代で2千円くらいかかった。
そしてこれからも月にいちどは、薬をもらうためだけに、病院に通わなければいけないという。
すると年間で2万4千円の費用がかかることになってしまう。
これではやっぱり還付してもらわないことにはたまらん。

医師はわたしがご丁寧につけている血圧手帳をにらんで、うん、もうすこし下げなくちゃいけないなと、前回、前々回よりさらに強力な薬を処方してくれた。
こうやって、本人はそんな必要を感じてないのに、わたしもじわじわと薬漬け人間にさせられていくのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

パソコンを買う

昨日の日曜日はウチの新聞にGLOBEという別冊がついてくる日だった。
特集がシルクロードということだけど、それ意外にも読みどころは多い。
これを見てしみじみ思うのは、どうして朝日新聞は最初からこういう硬派の新聞を目指してくれなかったのかということ。
もっとも読み手の能力がそれなりのものでないと、読者の獲得はむずかしかったかも。

シルクロードについては、わたしにはいろいろ思うところがあり、この記事について書きたいことがたくさんあったけど、いざ文章を書こうとすると、観梅のあい間にほいほいと仕上げられるほど簡単ではない。
今日は今日とてパソコンを買いに吉祥寺まで出かけてしまった。
やむを得ずシルクロードは宿題にして、今日は新しいパソコンについて書く。

いまはネット通販が花盛りだけど、なんで吉祥寺まで出かけるのか。
いろいろ手続きがメンドくさいからだ。
じっさいにはそれほどメンドくさくないけど、やはり店頭でじっさいに品物を見て、その場で契約してしまうのがいちばん簡単だ。
わたしはカードで買い物をするのに、まだどこか抵抗のある年寄りなのである。

そして買うならデスクトップに決めていた。
持ち運びできるノートのほうがよさそうだけど、外でパソコンを使うならタブレットがある。
だいたいわたしの部屋には外付けのモニターがあり、これがけっこう高性能で、いつになっても壊れないから、モニターこみのノートを買うのは無駄なのである。

でもいまどきデスクトップを買う人はめずらしいらしく、店頭にそれの選択肢は多くなかった。
それでも数少ないデスクトップのうち、レノボのデザインが、いちばん小さくて、すっきりしていて好感が持てた。
値段は7万6千円くらい。
これにメモリを増設して、ほかに最新のオフィスをつけて、なんだかんだとやったら10万円ぐらいになってしまった。
トホホだけど、いまどきのパソコンで、しかもわたしみたいにパソコンの酷使を当然とこころえる男には、これでも安いほうだろう。

問題は、中国で組み立てるので、発送到着まで2週間ぐらいかるということ。
いまは春節(中国の正月)なので、もっとかかる可能性もありますだって。
そうなんだよねえ。
中国や東南アジアで組み立てるという事情は、たいていのパソコンメーカーに共通していて、壊れてから新しいパソコンを買うのは、だいぶ手遅れなのだ。

というわけで、しばらくブログの更新もマック頼み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

観梅

Image

あー、くたびれた。
今日はいい天気だし、知り合いが府中へウメを観に行きたいという。
ウメなんかまだ咲いてないだろうとわたし。
ロウバイが咲いてるはずだと知り合い。
ロウバイはもう終わっているだろうとわたし。
それでも部屋にひきこもってばかりもいられないので、足の運動のためにつきあうことにした。

府中の「郷土の森公園」に行ってみたら、咲いていたのはほとんどロウバイで、ふつうのウメは来週以降になりそう。
それでもテコテコ歩いておおいに疲れた。
帰宅して近所のラーメン屋で味噌ラーメンを食ってきて、ベッドにコロリ。
このまま明日の朝まで、なんなら永遠に、目が覚めなければいいのにと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月30日 (水)

大和芋

わたしの郷里のあたりで農家の名産はヤマトイモである。
最近ではモロヘイヤという野菜も知られているようだけど、これはわたしが郷里にいたころには聞いたことのなかった野菜なので、よく知らない。

わたしはトロロが大好きなので、帰省するたびにヤマトイモを仕入れてくる。
それでトロロを擦るんだけど、たまに本物の自然薯(じねんじょ)の味がするものに当たることがある。
残念ながら、畑で栽培されているヤマトイモで、こんな幸運はめったにないものだ。

そんな話を知り合いにしたら、自然薯の味ってどんなものかと訊かれた。
自然薯を知らんのか、あわれなやつめ。
そう思って説明しようとして、一瞬つまった。
言葉で説明できないものを説明するのが詩人であると、これは郷里の偉大なる詩人・萩原朔太郎の言葉だけど、自然薯の味をどうやって説明したらいいのだ。

たまたまそういうヤマトイモに当たったとき、食わせてやるよといっておいたけど、相手がわが家でメシを食う機会ってあまりないからなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

恵方巻き

コンビニの前を通ったら恵方巻きのお知らせが出ていた。
なんだ、エカタマキって。
なんかの縁起物らしいけど、写真を見ると、子供のころ母親が運動会のときに作ってくれた太巻き寿司みたいである。
わが家の太巻き寿司には、たしか干ぴょうやピンク色のおぼろが入っていたなと、つい懐かしい気持ちになったけど、そんなもの運動会のとき以外に食べた記憶がない。

いったいどんな縁起があるのかとググってみたら、エカタマキではなく、エホウマキというのだそうだ。
どっちでもいいけど、そもそも恵方ってどんな意味なのか。
さらにググッてみた。
なんだかややこしくてよくわからない。
恵方について、かんたんに説明できる人いるのかしら。

どうもわたしの無知にも困ったものだけど、知らないといったら、いま世間で話題になっている嵐の活動休止。
嵐ってなんだ。
グループサウンズらしいけど、こんなもの、わたしは聞いたことがない。
こうやってじいさんは時流から遅れていくのだなとしみじみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧