孤独のつぶやき

2018年12月12日 (水)

化かしあい

とりあえず2島返還で手を打つかと思われた北方4島の問題。
ところがここにいたってラブロフさんが、北方4島は第二次世界大戦の結果、ロシア領になったと認めろと言い出した。
そうでなけりゃ2島も返さんというつもりらしい。
日本としてはプーチンが唐突に、前提なしに平和条約をなんていいだしたから、これは向こうもしびれを切らしたなと読んで、それじゃ2島だけでも返してもらおうかという気になったのに、また障害物だ。
でもこれが国家間の交渉というものなんだろうなあ。

相手の顔を読んでその気になると、今度は相手にこっちの顔を読まれてしまう。
日本の首相は2島の返還を自分の功績にしたいのだな。
そんならこっちの条件を呑むだろう。
だからと相手の顔をうかがいつつ、すこしでも自分たちに有利な条件を呑ませる、これが外交の基本だ。

その点、トランプさんははっきりしている。
トランプの野郎はノーベル賞が欲しい。
だからいまならこっちの条件を呑むだろうという北朝鮮に、やめた、やめた、そんなら交渉は止めだって、ホント取りつく島もない。
今朝の新聞によると、アメリカがいくら電話しても北はダンマリだそうだ。
もう交渉をあきらめちゃって、米国の大統領選挙待ち、藁人形にクギを打ちながら、トランプさんの退陣を祈願する作戦に切り替えたようだ。

安倍クンもプーチンに向かって、あのね、あんたのところの条件をみんな受け入れていたら、ワタシの首が飛びます。
この話はいったんなかったことにしましょうとイッパツかましてやるべきだな。
そういってまた相手の顔をうかがう。
相手がキツネならこっちはタヌキだ。

そういうふうに相手の出方をうがっている最中なのに、日本のマスコミはラブロフさんの発言をどう思いますかなんて訊く。
おいそれと手の内を明かすわけにいかない河野クンの事情を忖度して、質問をひかえようって気はないのか。
まだ曲折があるだろうけど、わたしは北方4島の問題はすこしづつ解決に向かうと期待してんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

解決方法

わたしが子供のころ、学校で朝鮮の歴史について習った。
おおかたは忘れてしまったけど、高句麗(こうくり)、新羅(しらぎ)、百済(くだら)、任那(みまな)などという国名ぐらいは覚えている。
いずれも日本の聖徳太子のころに存在した国家だから、そうとうに古い。
これをおおざっぱに分類すると、高句麗の末裔がいまの北朝鮮、新羅、百済はいまの韓国人、任那というのはそのころ韓国の沿海部に住まわっていた日本人という見方があるそうだ。

ルーツは同じのくせして、新羅と百済はひじょうに仲が悪く、ついには新羅は百済を、のちには高句麗を滅ぼしてしまう。
韓国では地域対立、たとえば慶尚道と全羅道の対立が、日本とは比べようもないくらい激しいらしいけど、原因はこの時代までさかのぼるそうである。

それもこれも、そんなに仲の悪い国民が、ひとつの国にまとまろうとしたのがイケナイのではないか。
そう考えているうち、そうか、だから朝鮮半島は南北に分裂したのかと思い当たった。
ここではひとまず北朝鮮はわきに置いて、いっそのこと韓国も、新羅韓国(新韓)と、百済韓国(百韓)のふたつの国に分かれてしまったらどうだろう。
国土がせまくなるのは気に入らないかもしれないけど、こうすればおのおのが信ずる道に進めばいいだけで、政治が変わるたびにまえの大統領が叩かれるような、深刻な対立もなくなるだろう。

百済が滅ぼされるとき日本に援軍を求めたとあるから、“百韓” のほうはいまでも親日である可能性が高いけど、“新韓” のほうは反日をしているに相違ない。
とうぜん百韓のほうが日本と仲良くなって、先進国の仲間入りをし、G20にも呼ばれるだろう。
新韓のほうは北朝鮮と手を結ぶしかなく、日本からの支援は1円も期待できないから、けっきょくいまの北と同じていどの発展しか期待できない。
まるでなんかの縮図だけど、ひとつの国のなかでいつまで揉めているよりずっといいアイディアだと思いませんか、韓国のみなさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

色気

Erz

グランプリ・ファイナルで優勝した紀平梨花選手が、カワイ子ちゃんであることは否定しないけど、日本人は色気でとうていロシアの選手にかなわないな。
日本や中国に徹底的に差をつけて、ハナっから戦意を消失させるべく、最近のロシア側はそういう点を強調し始めているみたい。
平昌オリンピックのさいの虎柄ユニフォームのザギトワや、先だってストリップまがいの演技をみせたエリザベータ・トゥクタミシェワ(画像)の官能的なこと。
彼女らが紀平ちゃんと同世代(わたしから見れば)とは信じられない。
ま、男性にはタノシイことでありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

サンカヨウ

San01_edited1 San02_edited1

山のあなたの空遠く
ガラスの花の咲くという
  ああ、われ人ととめゆきて
  なみださしぐみ帰り来ぬ
山のあなたになお遠く
ガラスの花の咲くという

若いころに誰でもいちどは目にした詩をもじってあるけど、まったく荒唐無稽な文章を捏造したわけじゃない。
たまたまネットで見つけた花がこれだ。
サンカヨウ(山荷葉)といって、ふだんはそれほど変わった花には見えないのに、水に濡れるとガラス細工のように透明になるんだそうだ。
美しい。
見たい。
調べてみたら、日本でも北のほうで見られるらしい。
とはいうものの、もう若くないわたしには、とうぶん北のほうへ行く予定がない。
手の届かないものにあこがれる気持ちを失ってないってことで、よしとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

iPhone

4Kテレビを買った知り合いが、今度はiPhoneを買ったそうだ。
高かっただろうと聞くと、いや、ローンで、使い放題で、なんとか割引があったから、それまで使っていた簡単スマホとたいして変わらなかったという。
そのへんが曲者で、わたしなんか何回聞いてもスマホの値段のしくみがわからない。
それでとっくにギブアップして、細かいしくみを理解しようと考えず、本体の値段が高いものが安いものと変わらなくなることはありえないと、おおざっぱに考えることにしている。
そもそも高すぎて売れないので、値段を下げようかとアップルのほうで思案しているくらいだ。

でも喜びにうち震えている彼の声を聞くと、つまりそういう付加価値こそがiPHoneの価値なんじゃあるまいかとも思う。
電話とLINEぐらいしか使わないおじさんにも、オレが持ってるのはあのアップルだぜ、iPhoneだぜと、優越感を感じさせてくれるスマホはあまりない。
と本人が思っているなら他人がごちゃごちゃいうことではない。
でもすでにiPhoneを持っているわたしにいわせると、そういう付加価値ってすぐに色あせるんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

ひとつの傾向

N002

他人の作品を引用するのは気がひけるけど、これは「海外の万国反応記」で紹介されていた日本人イラストレーターの作品。
一見すると幸福な絵に見えるけど、よく見ると胸がしめつけられるというやつ。 ほかにも同じ作家の絵がいくつか紹介されているけど、これがいちばんコタえた。谷内六郎さんとはぜんぜん異なる画調だけど、こんな作品を週にひとつの割合で公開できれば、この画家もじゅうぶん週刊新潮の表紙絵を担当できるのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

洋服ダンスの宴

耐寒用にと購入したL.L.BEANのセーターが虫に食われた。
100パーセント羊毛で、安くないだけに虫にとってはご馳走だったようだ。
いちおう洋服ダンスにナフタリンを入れておいたつもりだけど、防虫剤も長く使っていると、相手には耐性がつく場合があるんじゃないか。
うちの虫たちは服の虫、紙のシミ、ほこりの中のダニ、台所のゴキブリまで、みんな殺虫剤ごときではへこたれない強靭なやつらばかりだ。
人間さまのわたしには手も足も出ないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

8K放送

いまBSて4K、8K放送の宣伝をしている。
うちのテレビは2Kのデジタルなんだけど、気のせいか、それでもひときわきれいにみえる。
気のせいでもなんでも、きれいに見えるならそれでいいではないか。
わたしはテレビは壊れるまで買い換えない主義だけど、わたしが生きているあいだ、うちのテレビは壊れやせんよ。
でももう気もそぞろという人もいるんだろうなあ。
あんまりアセらないほうがよござんすよ。
どうせ本放送はまだ先だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

孤独

Image

いま井の頭公園をひとり散策しているとこ。
知り合いを誘ったら、用事があると断られた。
おかげで今日はマイペースで歩けて、息も切れない。

こんなことを書くと、またあいつは孤独に苦しんでいるんじゃないかとウワサする手合がいるだろう。
そういうキミもたまにはひとりで散策すべきだ。
孤独がすばらしいものであることを実感するだろう、とくに今日のような晩秋の日には。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

王様

録画しておいた映画「王様と私」を観た。
いまどきの若いもんには渡辺謙のほうが知られているかもしれないけど、元祖スキンヘッドのユル・ブリンナーが主演しているアレである。

この中にシャム(現在のタイ)の王室が出てくる。
主役の王様のモデルになったのはラーマ四世というから、現在のタイの国王のなん世代かまえの人だ。
映画は進歩した白人社会と、遅れたアジア人社会の出会いという白人目線で描かれていて、そういうところは気に入らないけど、感心したのはこのラーマ四世がひじょうに開明的で、英国から家庭教師を雇って新しい知識を得ようとすることだ。
じっさいにラーマ四世という人はそういう人だったらしい。

これを観てしみじみ考える。
戦前の植民地主義の時代、タイは日本とともに、欧米列強の植民地支配をまぬがれた数少ないアジアの国だった。
理由を考えれば、やっぱり指導者の、欧米から謙虚に学ぼうという姿勢のせいじゃなかったろうか。
明治維新のあとの日本がそうだったのだ。

ひるがえって考えるのは、じつは本当にいいたいのはこっちのほうなんだけど、儒教の国の中国や韓国では外国に学ぼうという意欲に欠けていた。
それでも最近の中国はまだいいほうだ。
中国人というのはもともと自分の政府というものを信じない。
反日教育を受けた世代でも、じっさいに日本人のよさを目の当たりにすれば、自分の国の教育のほうに疑問を持つという柔軟さがある。
コピー商品ばかりじゃねえかとバカにする人もいるけど、かっての日本も欧米からそう非難されていた時代があることを忘れちゃいけない。
これは途上国から先進国への発展のとちゅうに、かならず起こる歴史的事実と思ったほうがいい。

問題は公平客観的な教育を無視して、ただもう反日しか教えようとしない韓国の行き方だ。
「王様と私」のなかにラーマ四世が、欧米列強の植民地主義からシャムを守るにはどうすればいいかと悩むシーンがある。
これを観てわかるとおり、この時代に植民地主義を実践したのは日本だけじゃなかった。
それなのに、どうしていつまでも日本だけを目のかたきにするのか。
という質問に、慰安婦像のまえで反日デモをする韓国の若者のうち、どれだけが論理的に答えられるだろう。

いちおう先進国の体裁はととのえているけど、これじゃ韓国は本質的にタイよりも劣る国じゃないか。
もうすこし長い目でみれば、日本に見放された韓国が、遅れたアジアの途上国に回帰し、そしてどこかの国の植民地におちぶれるのも時間の問題のように思えてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧