日記・コラム・つぶやき

2019年10月21日 (月)

家計簿

家計簿をつけ始めた。
これまでずいぶんおおらかに生きてきて、金銭関係もずいぶん大雑把だったんだけど、仕事を辞めたら急にそういうことが気になってきたのである。

つくづく思うのは、人間なんて羽振りのいいのは仕事をしているあいだだけということ。
わたしもかってはカメラや旅行や山登り、ダイビングなど、それなりお金のかかる趣味に凝ったものだけど、仕事をやめたとたんにそれどころじゃない。

もちろん若いころ、なにをしたのか知らんけど、しこたま稼いで老後も派手な生活を続けている人もいるだろう。
しかしわたしのまわりにはいないねえ。
そりゃわたしのまわりはブルーカラーばかりで、大金を稼ぐような才覚もなし、ひたすら安月給に耐えてきた人間ばかりだ。
そういうことは別にしても、フツーに推察してみると、日本人の半分以上は、わたしとあまり変わらない境遇ではないか。
つまり野放しにお金を使える年寄りって、あまりいないんじゃないか。

だいたいわたしには1カ月にいくらあれば足りるのだろう。
というわけで、月初めにしかるべき金額を貯金から下ろして、それがいつまでもつか、家計簿でしっかり見極めることにしたのである。
結果をみれば、わたしが貯金と年金でいつまで食いつなげられるかという目安にもなるだろう。

家計簿をつけ始めて20日ほど経過したけど、あまりかんばしいものじゃないね。
いつ海外旅行のお誘いがあってもいいように、その分ぐらいは残してあるんだけど、現状のままではやっぱりあと
20年も30年も生きるのは無理みたい。

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

ズルをする

昨日は月にいちどのパソコン同好会の日。
ひさしぶりに会った知り合いが、あんたのブログを楽しみにしてるからねといっていた。
でも、そういう人と呑んだおかげで、ブログの更新を休んでしまったのだから皮肉。

今日もこれから街へ出ようと思うし、夜になるとラグビーの中継がある。
やっぱりブログの更新なんかやっているヒマはないかもしれないと、あらかじめお断りして、ややこしい文章を考えるのはサボるのだ。
こんなズルばかりしていると認知症になるのも早いかもしれない。

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

大命題

仕事をリタイヤすると、ヒマで仕様がないだろうという人がいる。
わたしの場合そうでもない。
スポーツはてんでダメだけど、わたしは、よくいえば書斎派、悪くいえばひきこもりのニートなので、部屋にいてやることはいくらでもある。
むしろ部屋にいたほうがやりたいことが多いくらいだ。

そんな話を知り合いにしたら、部屋にこもっているのは精神的にもよくないよという。
ごもっともだけど、どうも話を聞くと、彼はわたしがテレビゲームばっかりにに熱中していると思っているらしい。
そう思われても仕方ないけど、でも、わたしはゲームというものをいっさいやらない人間だ。

ずっと以前、部屋でパソコン・ゲームをしている最中にぽっくり亡くなった知り合いがいた。
彼の遺体は机のまえに座ったままだったそうである。
でもこれをもってして、ゲームをするのが健康によくないとは思わない。
人間死ぬときは水泳やジョギングをしてるときだって死ぬのだから、彼はもともと胸に疾患をかかえていたのだろう。
現にわたしと同年齢で、ま、生きているやつもいるけど、死んでしまった人間もいるのだ。
パソコンに凝っているおかげで、わたしは人生に退屈しないし、すこし長生きしすぎたとつねづね考えている始末なのである。

いまわたしのこれまでの生き方が、正解だったのかどうかじいーっと考えているところ。
結果が出たらブログに書こうと思うけど、これはひょっとすると人間の生き方についての大命題になるかもしれない。
結果が出るのはいつのことになるやら。

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

近くて遠き

日本は大統領制の国ではない。
韓国は議院内閣制の国ではない。
おたがいに相手の国のことはよく知らんだから、つい相手もこっちと同じようなもんだろうと勘違いすることはある。
日本は韓国の大統領が持っている絶大な権限を過小評価するし、韓国は日本の首相の権限を過大評価することはある。

だから韓国は安倍首相がたったひとりで韓国をいじめていると思いこみ、安倍ガー、安倍ガーと連呼するけど、日本の首相はあくまで大多数の日本人の声を代表しているに過ぎず、文句をいわれても困るのである。

日本では三権分立がきちんと機能しているから、日本人はつい韓国もそうだろうと思ってしまう。
しかし韓国大統領の権限は、日本人が考えている以上に絶大なのだ。
だれかが大統領になれば、国会も裁判所も軍隊もみんな右へならえだ。
忖度なんて日本の規模をはるかに上まわるし、たまたま本人が清廉な人であっても、まわりが利権を放っておかない。
権力が絶大であればこそ、ときの趨勢にうまく乗れた者の利益は大きいし、乗り遅れた者の反感もすさまじい。
負け組はつねに勝ち組の寝首をかこうと、あの手この手。
いったん政権奪取に成功すれば、相手を完膚なきまでに叩いて、今度こそ自分たちの地位を不動のものにしようとする。

かくして韓国という船は、右に左に船首を振りながら迷走を続けることになるのだ。
わたしたちに必要なのは相手の国をよく理解することで、ゆめ日本と同じ国だと誤解してはいけない。
さわらぬ神に祟りなしという言葉もある。

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

めざすべきもの

01_20191014173301

ユーリャ・ブリンチクといえば、いささかクールすぎるのが難点だけど、モデル顔負けのスタイルと美貌をほこる、ロシア・ウラジオストク出身の美人ユーチューバーだ。
イラストレーターという本業を持っているんだけど、最近は自分のYouTube 映像を制作したり、ほかのいろんな映像に出演したり、タレント業のほうが忙しいらしい。
美人は得である。

彼女が里帰りしたときの映像を見ると、ウラジオストクもずいぶん近代化されたなあと思わないわけにはいかない。
海岸にある公園が出てきて、家族連れなどで賑わっており、
きれいなレストランがあり、屋台や観光用の土産もの屋がありで、日本の観光地とあまり変わらない。
ものが不足していて、なんでもかんでも行列というソ連時代のロシアを知っている者には、ホント、隔世の感がある(そのへんの事情を知らない人は、椎名誠の「シベリア追跡」あたりを読めばよい)。

わたしはパソコンでこれを観ながら、同時に、録画してあったグレイトネイチャー・シリーズの「スロベニアの溶ける岩」というテレビ番組を観ていた。
スロベニアというと、長く生きてきたわたしには、どうしてもユーゴ紛争の悪夢がちらついてしまう。
しかしここでも、観ていると観光名所の巨大な洞窟のなかに、ちゃんと照明も備わった遊歩道が作られていて、いまではサービス満点の観光立国になっているなあと感心してしまう。

こういう映像や番組を観てしみじみと考える。
このグローバルな時代、平和でありさえすれば、どんな国でも目指すものはいっしょなのだろう。
世界の人々が仲良くできないことはないと思うんだけど、現実はなかなかそうはいかない。
韓国の若者たちがバカげた国家政策のおかげで、あこがれの日本に行けないとしたら、これは気のドクだ。
日本の若者が韓国へ行くのは、だれも止めやしないのに。

と、こんなことを書いていたら、韓国では問題になっている法相が辞任だって。
文サンもいよいよレームダックか。

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

損得勘定

ネットニュースを読んでいたら、韓国の統一外交安保特別補佐官という長ったらしい肩書きの人が、怒り狂って発言している記事が目についた。
彼がいうのには、韓国は日本との貿易において、50年以上も黒字になったことがない。
日本が請求権協定によって韓国に支払ったのは8億ドル、逆に日本が韓国から得た利益は
6800億ドルになる。
わたしたちは日本にそれだけ協力してきたのだから、日本政府の輸出規制という仕打ちに怒っているというんだけど、はてね。

単純に日本と韓国の関係だけをみればそうかもしれないけど、もともと技術レベルの劣る韓国が、日本の技術や材料を使って、たとえばサムスンなんか、日本で売れなくても、いちじは世界一という評判を得て、世界を相手に莫大な利益を上げた。
本来ならこれこそウインウインの関係というべきなのに、身のほどをわきまえず、同盟関係を毀損するようなことばかりする。
損得勘定は日韓だけをみていたのではわからない。
日本と仲良くしていれば、サムスンもまだまだ莫大な利益を上げられたものを。

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

台風の2

0880a

専業農家だったとなりのおじさんが亡くなって、家のまわりの樹木が一掃されたから、風当たりが強くなるのではないかと心配していたけど、意外とそうでもないようだ。
目の前がグランドで、その向こうは飛行場というがらんどうみたいな場所にあるから、風の圧力が分散してしまうのかもしれない。

夕方になって、いつも歩いている散歩道のようすを偵察に行ってきた。
かなり増水しているけど、まだ余裕がある。

0880b

下の写真はふだんの同じ場所。

| | コメント (0)

台風

0879

いよいよ暴風圏に入ったようだ。
ためらわずに避難しろといわれたって、親戚も遠いし、お世話してもらえそうな知り合いも近所にいません。
となりがグランドだから、その真ん中辺に立ち尽くしていれば、そこまで瓦も飛んでこないか。
傘なんか役に立たないと思うので、海水パンツひとつで濡れるにまかせると。
このくらい開き直りの精神があればコワイものなし。

雨戸しめて、ふだんより暗い部屋でひきこもり。

0879b

さらに1時間後。

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

トリエンナーレのその後

「あいちトリエンナーレ」が再開だそうだけど、なんかよくわからんねえ。
慰安婦像もそのままなのか、天皇の写真を焼くっていうパフォーマンスもそのままなのか。
国からの支援があるのかないのか。

全作家が復帰するって書いてあるから、おそらく展示物もそのままなんだろう。
文化庁が補助金の支出をやめたってことは、県がそれを立て替えようというのかしら。
どうも県知事さんと市長さんの意地の張り合いって感じがしないでもないけどな。

再開では、なんでも1日2回の公開で、入場者は1回につき、抽選でえらばれた30人だけだって。
それを1週間ということは全部で420人しか観られないってことになる。
そんな芸術祭があってたまるか。
意見の分かれる展示物を撤去して、正々堂々と公開するほうがよっぽど社会のためになる。
もう国勢を分断しても意地を張り通そうという政治家のパフォーマンスにしか見えんワ。

Yt

この件についてもう少し調べていたら、横尾忠則さんの絵がやり玉に上がっているネット記事を見つけた。
彼の絵には旭日旗をモチーフにしたものが多く、軍国主義調だと抗議されたことがあるそうだ。
ソースは毎日新聞だから、つまり慰安婦像に抗議するなら、横尾さんの絵にも抗議すべきだというつもりかもしれない。
またつまらない屁理屈を持ち出したな。

わたしが初めて横尾忠則さんの絵を知ったのは、まだ平凡パンチが隆盛のころで、わたしもまだまだナィーブな青年のころだった。
当時、芸術に関心のあった若者で、彼の絵に刺激を受けなかった者はいない。
しかし、ことわっておくけど、彼が図柄に旭日旗を使ったころ、それが軍国主義の象徴だなんて問題にされたことは、ただの一度もなかった。
旭日旗が反日プロパガンダとして利用されるようになったのは、2011年ごろからだ。
いまの韓国を見ればわかるけど、世界中からほんのわずかでも旭日旗模様を見つけるのに半狂乱になっている状態だから、それについて抗議した御仁も、ずうっとあとになってから言い出したにちがいない。

いっておくけど、芸術家がどんなものをモチーフにしようが、他人がゴタゴタいうことじゃない。
芸術に障害があってはならないとわたしは信じるけど、横尾さんの絵が「あいちトリエンナーレ」の話題に関連があるとは思わない。
およそ方向性のちがうものまで引っ張り出して、自説のために使うのはやめてくんないか。
わたしたちはいつまで隣国の病的な精神に付き合わなければいけないのか。

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

訪日客

いま中国の知り合いが日本に来ているらしい。
そんな肝心なときにメールがつながらない。

1カ月ほどまえにひさしぶりにこちらからメールを出したら、返信があって、なぜかわたしの(日本の)電話番号を教えてほしいという。
ああいいよと教えてやったけど、べつに国際電話がかかってくるでもなし、いったいわたしの電話番号をどうしようってのかと不思議に思っていた。

それっきり連絡が途絶えていたものが、昨日いきなりメールが来た。
你还好吗?  我在东京待了四天  一直等你回信  想去看你  你还好吗  身体好吗  后来我去了京都  又去了大阪  一直等回信  还是没有……  最后回到上海  不知道你究竟怎么样

これによると来日して、東京に4日間いて、このあと京都や大阪に行き、その後上海へもどるらしい。

相手が連絡もなしに日本に来ることは考えられないから、おそらくもっとひんぱんにメールを送ったのではないか。
それがなにかの理由でわたしのところへ届かず、しびれを切らした相手は、予定通り来日してしまったのだろう。
日本に来てからメールを送ってみたら、これがたまたまうまくつながった。
というのが昨日のメールにちがいない。

あわてて、いまどこにいるんだとメールを送ってみたけど、ひと晩たって返事がないところをみると、どうもこちらのメールは着いてないようだ。
困ったものだけど、こうなるとわたしにはどうすることもできない。
せめて電話でもかかってくればいいけど、それだとグーグル翻訳が使えないし。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧