日記・コラム・つぶやき

2017年9月23日 (土)

気になる

ちょっとまえのこのブログに、おばあさんにはそんなに栄養のある食べ物は必要がないと書いた。
論より証拠、最近のわたしは食事は手抜き、しかも回数も少ないのに平然と生きているのだ。
どこかおかしいんだろうか。
そのときに最近は体調がいいと書いたばかりだけど、昨日、今日は一転して、食欲がないし、やけに胃のあたりが重いような気がする。
なにか精神的なことで思い当たることといったら、人妻に対する失恋があるけど、そんなものはいまに始まったことじゃないし。
胃ガンかしら。
今年は訃報や病人の話が立て続けで、もうどうでもいいを豪語するわたしもちと心配。
どうせ家にいてもヒマなんだから、月曜日に病院にでも行ってみるか。
こういうごくつぶしの患者が、日本の医療費を無駄に消費しているんだということはわかっているけど、やっぱり気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

結婚

もうこのトシで、いまさら結婚する気はないんだけど、ある調査のためにロシア人との結婚斡旋所に登録してみた。
それ以来3日とあけずにロシア女性からメールが来る。
本人の写真やプロフィール紹介もあるから、まんざらデタラメでもなさそうだけど、メールを最後まで読みたければ追加登録をしろってことで、いくらか別料金を取られるらしい。
そこまで興味はないし、プロフィールをながめるだけで目的は達したようなものだから、それ以上相手の希望には応じられない。

それにしても日本人と交際したいと考えるロシア女性の多いこと。
日本が平和で安定していて、食べ物が美味しい国というのは、いまや世界に鳴り響いている通説らしい。
わたしがもっと若ければよりどりみどりで、いまごろは素敵なロシア美人と結婚していたかもしれない。
でもまあ、これが運命なのか、こういう状況はすべてわたしが前期高齢者になってからのものだ。
生まれるのが早すぎたなあ。

最初の簡単な登録時に、正直にこちらの年齢も明かしたものだから、やって来るメールは、わたしにふさわしい相手ばかり。
ロシア女性というと、どうしても色白で、スリムな体型の美女を想像してしまうんだけど、わたしんところへ来るのはそうじゃないねえ。
おまえはマトリョーシカかといいたくなる相手がほとんどだ。

でもときどき、どこを間違えたのか、まだうら若き美人からのメールもある。
シーッ、たったいま舞い込んできたものは、なぜかトルコ在住の、国籍カナダという34歳のエリザベスさんからだ。
写真で見るかぎり、色が白くてスマートで、典型的ロシア美人だから、こういうのが理想だけど、ネクラで自閉症ぎみのわたしが、そんな相手にもてるなんてハナっから思っちゃおりませんわ。
それにわたしの独身は病的なこころの問題に起因するから、生まれや育ちがまったく別のものにならないかぎり、結婚することはあり得ないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

最近は

昨夜のテレビを観ていたら、旦那と死別した高齢の女性は栄養失調になる傾向があるといっていた。
旦那がいなくなると、それまで根性をいれて作っていた食事がおろそかになり、店屋物だとか冷蔵庫の残りものしか食べなくなるからだそうだ。

これって栄養失調じゃなく、きわめて健康的な食事になるってことじゃないか。
だいたい日本人は栄養を摂りすぎる。
つねに飽食で、栄養バランスのいいものばかり食べているから、肥満になったり、糖尿になったりするのだ。
戦後の焼け跡時代の日本人や、しょっちゅう戦火に追われている中東の人たちが成人病だなんて聞いたことがない。
そもそも旦那に死なれるような後期高齢の女性が、若いころのままの食事を必要とするはずがないではないか。
うん、そのへんにあるものをネコと分けあっていればちょうどいいのだ。

最近のわたしは食事がますます投げやりになっているし、失恋したせいもあって、またスマートになったようだ。
ベルトがゆるいんで、ぐいっと締め上げたら、あると思ったベルト穴がなかった。
つまりすでにベルトを目いっぱい締め上げていたというわけだ。
ベルトひと穴といったら、ダイエットをこころざす人にとっちゃ大変なものだぞ。
そういや最近は体が軽い。
また海外旅行に行こうかしらなんて算段の日々である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

ウィークリーマンション

0741a0741b

知り合いがウィークリー・マンションに引越ししたから見に来いという。
そんなもの見ても仕方がないんだけど、家からそんなに遠いわけでもないので、ちょいとのぞいてきた。
そんなものブログに載せても仕方ないんだけど、写真がその部屋。
わたしだってあまり長く住みたいとは思わない小さな部屋だ。
ここにでーんと横たわるネコ1匹。
家主がこの部屋にいるのはあと数日。
こんどの日曜日は引越しの手伝いに行かなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

ネタ切れ

とくに書く記事もないのに無理やりなにか書くと、更新のための更新と思われてしまう。
てなことを書いて、今日もいちおう更新したことにしよう。
昼間、台風一過の暑いなか、飛行場を一周してきたけど、べつに書くべきこともなかったしね。
人生をリタイヤしたいなんてことは毎度のことだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

見舞いの花

Ks

入院していた知り合いから、退院しましたというメールが送られてきた。
花の写真はメールに添付されていたもので、これはわたしが入院見舞いに差し入れたカニサボテンの花だ。
差し入れたときは大半がつぼみだったのによく咲いた。

ところで写真ではわからないけど、これは鉢植えの花である。
鉢植えの花は病人の見舞いにはふさわしくないという迷信がある。
“根付く” が “寝づく” に通じるからイケナイという、だじゃれみたいな迷信である。
以前にもこのブログに書いたことがあるけど、わたしはそんなバカな話を聞くたび、それを打破してやりたいと考えるへそ曲がりだ。

入院するとたいていの人は退屈する。
切り花を差し入れても、そんなものは3、4日でしおれてしまう。
それが鉢植えなら、つぎつぎと新しい花が咲くので退屈しない。
しかも水を途切れさすとげんなりし、また水をやるとしゃっきりして、こんな花でもちゃんと生きているんだということを実感できる。
オー・ヘンリーの短編のように、病人に生きる勇気を与えてくれるかもしれない。
いったい見舞いにはどっちがふさわしいだろう。
わたしが病人ならとうぜん鉢植えの花を所望する。

そもそも見舞いというのは相手を気遣ってするもので、ほんとうに相手を元気づけるものは何かと考えるのがその第一歩だ。
バカバカしい迷信なんか出る幕はないはずだけど、でもいるんだろうなあ、あなたの周辺にもそんな迷信にこだわる人が。
ヘタすると病人のほうもこだわる人かもしれないから、鉢植えを持参した場合は、理由をきちんと説明しないとあとで逆恨みされてしまう。
あー、メンドくさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

強欲

小泉さんちの進次郎クンがまじめに政治をしている。
「こども保険」の財源にするために、富裕層に年金返上を呼びかけているんだけど、アイディアはいいものの、実現はむずかしそう。
なんとなれば、この世で金持ちほど強欲な人々はいないからだ。
すでに有り余るほど財産を持っていても、やはり年金は自分たちの権利だとゆずらないに決まっている。

たしかに、強欲のエネルギーが彼らを富裕層に押し上げたということもできる。
わたしみたいに無慾恬淡とした人間が、いまだに底辺であえいでいるところをみると、それはトッテモ説得力のある言い分に聞こえてしまう。
「オレはそれだけ社会に貢献してきたんだ」。
「もらえるものはもらう権利がある」。
ゴモットモ・・・・・

ひとついいたいのは、富裕層の栄華なんてせいぜい一代二代かぎりのものだということ。
日本が落ち目になれば、彼らの孫、ひ孫の運命も暗転する。
ほんとうに自分の子供たちのことを考えるなら、未来を背負って立つ子供たち全員のために、長い目で見た投資をすることだ。
ちょうど明治時代の富豪たちが、若者たちへの教育の機会均等政策に協力したように。

でもいまどきそこまで太っ腹な金持ちがいるかしら。
「明治時代とちがって、現代は、誰がいつ斜陽になるかさっぱり予想のつかない時代なんだ」。
「かって栄華をきわめたIBM、コダック、没落した東芝やシャープ、流通革命を目指したヤオハンやダイエー、オピニオンリーダーを自称した朝日新聞、もうすぐ落ち目になるサムスンやヒュンダイなどを見よ」。
「金持ちだって自分のことだけ考えるのに精一杯で、いま蒔いた種が収穫できる日のことまで考えちゃおられんよ」。
ね、やっぱり金持ちほど強欲でしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

資格

介護施設で入居者に殴る蹴る。
最近こういう事件が多いよな。
これはつまり、その資格がないのに、とりあえず就職の一環だとして、この職業につく人間がいるせいだ。

認知症の年寄りや知的障害者というのは、同じことを何度もくりかえす場合が多い。
資格というのは、つまり相手を思いやる気持ちで、老人ホームにせよ、知的障害者の施設にせよ、必要なのはじっと我慢をする精神だ。
すぐにプッツンし、切れると止まらず、自分の暴力的欲求のはけぐちにしてしまうような人間にやらせるべきではない。

最近よく問題になる子供に対する暴力も同じこと。
幼児が粗相をしてもちゃんと始末をしてやれるのか。
それが他人の子供であってもできるのか。
そんなこと想像もできないという人間は、少なくても人間の世話をするという仕事につくべきではない。

えらそうなことをいってるけど、わたしも無資格者かもしれない。
たとえ仕事であっても、認知症のお年寄りの下の世話までできるかどうか自信がない。
イヌを預かったおかげで、ペットの世話なら、ウンコでも平気で処理できるようになったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

シミュレーション

ある日とつぜん北朝鮮の軍隊が国境を越えたとする。
第二次朝鮮戦争の勃発だ。
さてシミュレーションしてみよう。
このころには北は米国本土を攻撃できるICBMを完成させていたとする。
北にしてみれば、これで米国や日本を牽制しておき、そのすきに、あわよくば韓国を一気に占領して、統一政権を打ち立てるつもりだったのだが。

まず、それは無理。
北の軍隊はどうやって国境を越えるだろう。
相手の油断をみすまして急襲をかけたいと思っても、軍隊が集結すればたちまち軍事衛星に発見されるご時世だ。
たとえ米国や日本の支援が遅れるとしても、北の軍隊は近代装備で待ち構える韓国軍の砲火の中へ突進することになる。
時代遅れの火器しかない北は、敗北しないまでも、国境近くに釘付けになるだろう。

そもそも地上兵力を効果的に支援する航空機が、北にはほとんどない。
燃料をかき集めてなんとか出動したとしても、最新レーダーや近代兵器の欠如した航空機なんて、これはあっという間に壊滅させられる。
そのうち米軍が駆けつければ、釘付けの軍隊は近接支援攻撃機や攻撃ヘリのかっこうの獲物だ。
そうならないために核ミサイルで米国を牽制しておくのだという人がいるかもしれない。
しかし前項で書いたように、核ミサイルは張子のトラだ。
自分の命が惜しければ、米国の徹底的総反撃を覚悟してまで使える兵器ではないのである。

こう考えると、北朝鮮が南侵するのはまったくの夢物語だ。
むかしの朝鮮戦争なら、中国やロシアの応援が期待できたかもしれないけど、さんざん横紙破りをしておいて、いまの北朝鮮を応援して得をする国はこの世界にひとつもない。

だから北の軍事侵攻はあり得ない。
ヘタすればこの戦争に負けて、南北の統一がなるかもしれないし、これじゃ正恩クンの面子はまるつぶれだから、やっぱり南侵はあり得ない。
北の指導者の未来はひきこもりか、そうでなければ発狂して人類に壮大な迷惑をかけることしかないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

究極の防御兵器

スタンリー・キューブリック監督の「博士の異常な愛情」は、冷戦時代の核戦争の恐怖を扱った傑作だ。
この中に究極の秘密兵器というものが出てくる。
たった一発で地球を壊滅させてしまうほど威力のある爆弾である。
これを持って、来るなら来い、どうしてもやるっていうならこいつを爆発させるぞとおどかせば、それでも攻撃しようという国はないだろうから、究極の防御兵器ともいえる。

北朝鮮のぼんぼんが夢見るのもこんな強力な核爆弾だろう。
彼にとっては、ただただ自分の体制さえ維持できればいいのである。
ゼッタイに他国から攻撃されなければいいのである。
彼が核兵器やICBMにこだわるのは、他国を侵略したいわけではなく、つまり究極の防御兵器を持ちたいからだ。

では、北朝鮮がそういう破滅的な核爆弾を持ったとしたらどうすればいいか。
じつはそんなに恐れることはないのだ。
ぼんぼんがそんなものを持ちたがるのも、自分の命が惜しいからである。
ということは、これをじっさいに使うのは、追いつめられて追いつめられて、ほんとうにどうにもならなくなったときである。

日米韓としては経済封鎖を続けたまま、◯△島の砲撃や北の哨戒艦の撃沈といった、これまで北がやってきたような小規模の局地戦をしかければよい。
軍隊同士の戦争なら、近代兵器をそなえた日米韓連合軍のほうが有利で、まず負けることはないだろう。
ぼんぼんのほうはこのていどの戦争に究極の核爆弾を使うわけにはいかない。
そうやって小規模の戦争を繰り返しているうち、あちらは手持ちの通常兵器を使い果たしてまる裸になる。
それでも当人は核爆弾にうちまたがってほえ続けるかもしれないけど、いつかジリ貧になるのは確実。

問題は中国やロシアが北朝鮮の困窮に同情して、封鎖破りをすることだけど、究極の核爆弾で世界を脅迫するようでは、いくらなんでも北に同情する国はあるまい。
そう考えると、現在のトランプさんや日本が、経済封鎖にこだわって、武力攻撃に乗り出さないのは正解かもしれないのである。

「博士の異常な愛情」では、連日の緊張に耐えられくなった米軍基地の司令官が、発狂して核戦争のボタンを押してしまう。
いちばんコワイのは、ぼんぼんの頭がいつまで正常でいられるかだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧