近所の野生たち

2018年7月11日 (水)

ひさしぶりのミント

Photo

わが家の庭にハーブのミントが茂っていること、それを焼肉にトッピングしようとしたら、いつの間にかひとつ残らず刈られてしまっていたことは、このブログに書いたことがある。
この植物は、根絶やしにするのが困難なくらい繁殖力が強いそうで、 わたしはそれがどのくらいのものか、増えるようすを記録しようとしていた矢先だったのに。

ネットで調べると
「雑草より強いといわれるくらい繁殖します」
「庭植えにしている場合は、他の植物の領域まで侵すくらい繁殖します」
「管理に自信がなければぜったいに地植えしてはいけません」
などと書いてある。
そういえば以前に何本かを摘んできて、コップに挿しておいたら、茎のとちゅうから新しい根が生じて、いつまでもぴんぴんしていたのに驚いたこともあるな。

おまえはヒドラか宇宙人かってとこだけど、そんなに繁殖力が強いなら、まだ死滅したわけではなさそうだ。
今日ベランダから見下ろしてみたら、地面から新芽が出ていた。
整地されてきれいになった庭だから、たくさんの雑草と競争して、これから彼がどれだけ勢力範囲を広げるか楽しみだ。
◯で囲ったのがミントの新芽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

宇宙人?

0802

いや、オソロシイもんだねえ。
タフな植物だとは聞いていたけど、庭のハーブのミント、庭から摘んできてお茶碗に挿しておいたら、とちゅうから根っこが生じて、おまえは宇宙人か、アメーバかってところ。
これじゃいつまでも元気なはずだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

またミント

01

ロシア人の金髪クンは、新天地を求めてアパートを去ったけど、彼が植えていたハーブのミントが、まだアパートの庭に残っている。
となりの農家のおじさんが亡くなったったあと、わが家の周辺は徹底的にさっぱりしてしまったので、ミントもかってほどの勢いはないけど、この植物は花壇から根絶がむずかしいほどタフな植物らしい。
だから注意しなさいと書かれたガーデニング・サイトもあれば、害虫に注意しなさいというものもある。
増えすぎたら害虫にせっせと食べてもらえばいいのではないか。

いまのところ爆発的に増えているようすもないし、害虫に食われているようすもないので、ときどきそれを摘んできて、グラスに入れて台所に挿しておく。
焼肉なんかしたとき、これを刻んで載せるといい香辛料になるので、手近なところに置いておくと便利なのである。
タフな植物というのは本当らしい。
水さえ与えておけば、かなり長持ちする。
これを使うと、わたしみたいな鈍感な男にも、ハッカの香りが強力で、ハーブ効果満点というところ。
ゴキブリ駆除に効果があると書かれたサイトもあるので、注意しながら見守っているところだ。

いま親戚の法事のために帰省中なので、台所のミントの画像は帰京してから載せよう。

画像は帰京後の5月1日の状態。
半年後にどのくらい増えているか、そのころまた写真を載せる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

この季節

0799b_20799c_20799a0799d

いまの景色の画像をよっつばかり。
上から(たぶん)キジムシロ、ニセアカシア、ひとつとんでフタリシズカ。
 
天気がよくて、風がさわやか。
こんな日ばかりだといいんだけど、そうだとしたら日本人はもっと馬鹿になってただろうなと思う。
寒い、暑いという環境の変化が脳の刺激になって、それに対処するためにいろいろ工夫をすることで、人間は進化をしてきたんだろうからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

今年も

0798

今日見たのはフデリンドウだけじゃない。
ある場所で木の枝にシマヘビがなっているのを見た。
今年も期待できそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまの自然観察園

Image

リンドウというと、ふつうは秋の花。
でもこれは正真正銘、たったいま自然観察園で撮ったもの。
注意してないと気がつかない、せいぜい2センチくらいのフデリンドウ。
ほかにそろそろサクラソウが満開です。

Image_2

同じアングルの写真を以前にも載せてますが、季節が変わるとまったく別の世界。

近所の野生たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

サクラの季節

0795a0795b

あー、サクラの季節だよ。
また今年もそれを見られたのはうれしいけど、毎年見ているものだからマンネリの気配もある。
うちの近所では、どこに行けばどんなサクラがあるか、わたしはみんな承知しているのだ。
そういうわけで、わざわざ見に行ったり、写真を撮ろうという気にもなれない。
どうしようか。

0795c0795d0795e_2

うん、わたしのパソコンには、このアパートに越してきてからせっせと撮りためた、膨大なサクラ写真のストックがあるのだ。
そんな中から何枚か引っ張りだして披露しとこ。
それで今年のサクラは見納めだ。
とっとっと、ここに載せた写真は、かならずしも今年のサクラでないことをお断りしておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

いつものカタクリ

0794

ひさしぶりに自然観察園に来てみたら、やわらかに柳は青めるし、いつもの年のいつものスターたちの競演が始まっていた。
これはニリンソウの群落のあいだから、ひとつだけ顔を出したカタクリの花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

今日の花

Image
Image_2

わたしは鼻があまりよくない。
いつだったか、イヌのように嗅覚のいい友人がやってきて、あいつの目的は酒だったようだけど、勝手に冷蔵庫を開けて、変な臭いがするといいだした。
調べてみたら、奥のほうに賞味期限のとっくに切れた豚肉が入っていた。
万事がそんな調子だけど、そんなわたしでもこの季節に散歩をすると、ウメの甘い香りに気がつく。

今日はまた散歩。
自然観察園ではキクザキイチゲやミスミソウ、マンサクなどが咲き始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

絶望

0790b0790c

やれやれ。
わが家の周囲に数本だけ残っていたケヤキやカエデが、凶悪な宇宙人にばっさり切り倒されているところ。
わたしはなすすべもなくそれを見守っているところ。
神も仏もないものか。
緑にかこまれていると癒されるなんてのは錯覚だといっていた女音恋音クンだって、砂漠のまん中に住みたいとは思わないだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧