(朝日)新聞より

2017年9月19日 (火)

今朝の新聞

これでも若いころは自衛官のはしくれだったわたしだから、新聞に自衛隊のことが載ると気になる。
今朝の新聞の社会面にデカデカと自衛官の記事。
「安保法2年、自衛官らは今」という記事で、朝日新聞の記事だから本気で騒いでも仕方がないんだけど、そこに自衛官の息子が戦場に派遣されるのではないかと怖れる父親の嘆きが。
なに考えているんだろうねえ。
戦場に行くのがイヤならさっさと辞めればいいではないか、日本は徴兵制じゃないんだから。

じっさいにこのオトーサンは、辞めろと息子を説得したらしい。
ところが息子のほうは、就職が決まらず追いつめられていたころより、いまのほうがいいと答えて口論になり、それ以来親子で口も聞かない間柄になっているんだそうだ。
これは息子のほうがエライ。

ニートでもひきこもりでもいいけど、家にうじうじとひきこもっているくらいなら自衛隊に入ればよい(とくに海上自衛隊)。
3K職場なんていわれているけど、そこにはきわめて健全で、友情にあふれ、なおかつ文学的な仕事がある。
むかしなら人生に悩んだ青年は、みんな船乗りになったものだ。
わたしみたいな悪い見本があるから、それが人間形成に役立つと保証はしないけど。

でも仕事がないとぼやくくらいなら、景気がよくなるまでの一時しのぎとして自衛隊に入っておくのもわるくない。
嵐の海だとか、台風一過のないだ海、海棲哺乳類の飛び交う海面、水平線にゆらゆらとゆれる蜃気楼、視野いっぱいにひろがる夜の銀河、うねりの中に夜光虫が神秘的な輝きをみせる海、湯気におおわれた幻想的な冬の海などなど、陸上にいたのではゼッタイに体験できないロマンと詩情を満喫できること請け合いだ。

欠点は戦争に引っ張り出される可能性があることだけど、安定していて、衣食住も国家で保証されているんだから、そのくらいやむを得ない。
なに、自衛隊が戦争に行くようになったら、東京でひきこもっていたって、いつ頭の上にミサイルが飛んでくるかわかったもんじゃないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

今日の夕刊

ウチの新聞が偏向しているという典型みたいな記事が夕刊に。
在日韓国人の男性が、朝鮮人虐殺をいまこそ伝えると意気込んで、関東大震災の記録映画を作るという。
彼は同じテーマで過去にふたつの作品を作っているそうだけど、2011年の東日本大震災を契機に、第3作を作る気になったのだそうだ。
なるほどと感心した。

東日本大震災では外国人の虐殺はひとつも起こらなかった。
それどころか中国人の研修生を逃すために自ら犠牲になった日本人の社長さんさえいたくらいだ。
だから日本人はちゃんと過去に学んでいるではないかというのがテーマかと思ったら、ぜんぜんそんなことはないようだ。

虐殺という不幸なできごとは、その後も世界の各地で数え切れないくらい繰り返されている。
それなのにもう百年もまえになりそうな虐殺事件を取り上げるなんて、映画を作るほうは韓国人だから勝手だけど、ウチの新聞はどうしてこんなものを載せるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

今朝の新聞

今朝のウチの新聞に、「不倫報道、なぜこんなに過熱」という記事。
そんな男(女)とねんごろになる人間なんて、どっちもどっちだと、不品行なわたしはどうでもいい主義だけど、問題はなぜ今この記事なのかということだ。
それはモチ、ガソリーヌをかばおうという魂胆だろう。
自民党の議員が不倫したときと比べると、その差は一目瞭然だ。
記事の中でほかに名前の上がった政治家は自民党の議員ばかりじゃないか。
深読みすれば、自民党の議員だってやってるじゃん、ガソリーヌばかりがなぜ責められる。
とまあ、こういいたいらしい。
あいかわらず新聞というのは偏向しているな。
わたしも美しいガソリーヌに励ましの手紙を書こうかと思ったけど、反応ないだろうし、無益なことはやめておこうという結論にいたったのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

今日の新聞

今日の新聞にはつっこみどころがいくつか。
こうでないとおもしろくないというのは、リベラル新聞への皮肉。

ところでその1面にドイツのメルケルさんの記事があり、彼女が欧州におけるリベラルの最後の砦になっていると。
たしかに彼女の奮闘には見上げたものがあるけど、だからリベラルというのはエライと、うちの新聞を彼女と同一視するわけにはいかない。
メルケルさんはドイツ第1党の党首であり、日本でいえば安倍クンに当たる人だ。
移民の問題では対極にある二人だけど、いずれも国のため、国民のために、マスコミや周辺からぼろくそにいわれても奮闘している人なのだ。
メルケルさんを持ち上げて、安倍クンは落っことすというのはダブルスタンダードなのである。

そういえば自民党への強力な対抗馬として、都知事のユリコさんが勝利するとザマァ見ろだったうちの新聞。
今日の新聞を見たら、あにはからんや、彼女は安倍クンを超える右翼の本領発揮だ。
関東大震災のとき虐殺された朝鮮人への、特別な追悼はひかえるということだけど、その是非についてはいうまい。
ただリベラルを標榜する新聞が、いつになっても過去にとらわれているのには納得がいかない。
東日本大震災のとき、日本人はけっして虐殺を繰り返さなかった。
これは日本人が過去に学んでいることの証明のように思えるのに、それは無視して、つまり自分たちに都合のわるいことは無視して、謝罪や追悼を永遠に繰り返さなければいけないという。
リベラルが革新のことならば、いったいうちの新聞(朝日)のどこがリベラルなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

今日の新聞

今日のウチの新聞はつまんないねえ。
朝刊の1面トップが「地震、予知前提見直し」というもの。
社会面のトップなんか、「車椅子テニスがどうしたこうした」というものだ。
もっとあきらかによその国の肩を持ち、日本の首相をおとしめてくれないことには、暑さでげんなりのわたし、ますます無気力になってしまいそう。
夕刊になって、ようやく徴用工の問題が取り上げられていたけど、安倍クンはそんなもの知らんという立場であることだけ。
いまんところその是非には関わらない書き方だ。
リベラル新聞がこれでは、ブログネタがなくて困ってしまう。

これなら時間とともに内容があらたまるネットニュースのほうがマシだ。
たとえばヤフー・ニュースには「サンマの不漁は外国漁船のせいか」とか、「語尾にンゴをつけるのがいまどきの女子大生のトレンド」とか、ま、あまり熱心に読もうという気にはならないけど、予知前提や車椅子より気になる記事がちらほら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

今朝の新聞

今朝の新聞のオピニオン面に、もと内閣官房副長官補という、わけのわからない肩書きの人がなにか発言している。
朝日新聞と対話形式だけど、朝日が「米国の抑止力がなければ日本は丸裸になるのではないですか」とか、「日本が中国の海洋進出の脅威にさらされる中、米国と距離を置くのは危険じゃありませんか」などと、朝日らしからぬ質問をあびせかけているところがおもしろい。
わけのわからない人は、何をどうするか自分の頭で考えるべきだと、どうも漠然とした考え方。
もと内閣官房という人にしては、現政権と異なる信条の持ち主だなと思ったら、おん歳70超だというから、まあ彼が現職官僚だった時代は遠いむかしのこと。
掘り出せばこういう人も見つかるだろう。

そんなことはどうでもいいけど、宮城県が壇蜜さんを起用した県の観光コマーシャルを削除したって、小さなかこみ記事。
こっちのほうは日本の未来を左右する大問題だ。
わたしはこの女優さんに興味はないんだけど、この動画は見た。
そしてあははと笑った。
笑ったについては、もちろん世間の常識派のジョーシキをくつがえすその非常識がおもしろかったから。
こういう非常識が通用するなら日本もまだまだ見込みがある。

それが、やっぱりイヤラシイという世間の非難に耐え切れず、知事さんが削除してしまったのだそうだ。
またしてもこの国ではユーモアや諧謔の精神が、愚衆の手によって引きずり降ろされたわけだ。
こういうまっとうすぎる迎合主義の人たちに、なにをどうすべきか、自分の頭で考えろといっても無駄よ、無駄。
米国との同盟関係があってもなくても、日本の未来は暗いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

また新党?

今朝のウチの新聞(朝日)は、日本ファーストが新党結成をめざすそうで、これは政界再編につながるかもと、またひとつごたごたしそうな新聞ネタをかぎつけてウレしそう。
国民にはアホが多いから同調して期待してしまう人も多いかもしれないけど、これってまたひとつ泡沫政党ができるだけじゃん。
20度の焼酎と20度の焼酎を足しても40度の焼酎にはならんのよ。

だいたいどんな政党を作りたいのか。
徹底的に反自民をめざすのか、それとも自民党の補完勢力になるのか、いずれにしてもすでにそういう政党は存在しているわな。
そしてそういう政党のほとんどが泡沫政党から脱却できてない。
新しいことをやりたくても、いまの日本にそんなに選択肢があるわけじゃないのだ。

そもそもユリコさんに頼りきりの政治家に、新しいなにかを期待するほうが無理。
さすがにゴネ疲れなのか、肝心のユリコさんもこれからは自分の蒔いた種を処理するのに手いっぱいだろうし、どんな政党を作ればいいのか、大樹によりそう若狭サンという人にだれか教えてやって。

ああ、また自民党の応援をしちゃった。トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

今朝の新聞

新聞やネットニュースを見ていると、新内閣で安倍クンの支持率が上がったと書いているところと、下がったと書いているところが錯綜して、いったいどっちなのかさっぱりわからない。
でも今朝のウチの新聞には横ばいとあった。
これでわかった。
朝日新聞が横ばいというなら、上がったと解釈してさしつかえない。
上がってもそうは書けず、横ばいと書いてウサを晴らす、くやしそうな朝日の顔が目に浮かぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

今日の新聞

今日のウチの新聞は読み応えがある。
今日はGLOBEというおまけの紙面がついてくる日だけど、それからして「太平洋波高し」と、中国の太平洋進出を懸念する記事だ。
経済支援をてこにして、トンガやテニアン島を取り込もうという中国の野望についての解説である。
中国は莫大な開発資金を貸し付けて、その返済に苦慮する小国をたなごころにしようとしているのだ。

そりゃ中国なんかから金を出してもらうほうがわるい。
島国の政治家には大国を天秤にかけるようなずるがしこさが必要だ。
いまからでも遅くはない。
中国の借金を返済するために日本から金を借りるぞとおどかして、借金を踏み倒すべきだな。
日本の名前を出せば、日本と利権をあらそう中国としては譲歩せざるを得ないのだ。
わたしってトンガの財務相になれそう。

GLOBEからは、上記の記事に関連して、ほかに自衛艦への同乗取材も。
へえ、朝日の記者でも自衛艦に乗せてもらえるのか。
これからはいちゃもんばかりの矛先を緩めるべきではないか。
しかもこれを書いたのが美貌の女性記者だ。
ちょっとアブナクないかと心配になったけど、いまの自衛艦には女性隊員も乗っているそうで、50年まえの自衛艦しか知らないわたしの杞憂だった。
開かれた自衛隊ということで、今朝のウチの新聞には、ホント、瞠目してしまう。

本紙をながめてみよう。
1面トップは「広島原爆 きょう72年」という見出し。
へえ、今日なのかって、おまえ、それでも日本人かといわれそう。
申し訳ないけど、わたしの生まれるまえの災難だし、100年の節目まで生きてられそうもないし、毎年やっているのでマンネリぎみだしなあ。

原爆記念日より2面の、アラスカの野生生物保護区を、開発が保護かという問題のほうに関心がある。
地球温暖化に影響が出るまでわたしが生きてられないのはいっしょだろうけど、トナカイたちの将来、そして見上げれば青い空に白い雲という美しい地球の未来が心配で。

国際面では、ごますりばかりの中国と、ごまをすらないやつは片っ端からクビというアメリカが並べて書いてある。
こういう大国のていたらくを横目に、民主主義の王道をゆくばかりの日本は、もうすこしほめられてもよさそうだけど。
朝日新聞もけなすのをやめてほしいけど。

文化面に「AI進化 忍び寄る悪意」という記事がある。
これもおもしろいけど、情報操作や、どうしてこんな手をあみだしたのか、人間にもわからない囲碁コンピューターなど、これはけっして遠い未来の話ではなく、最近のネット事情ではないか。
人間がコンピューターの主人であり続けるためには、ネット以外の媒体からの知識を蓄積することなのに、本も読まずにゲームに熱中するバカが増えて困る。
そういうバカが政治を左右する大勢力になりつつあるのも困る。

日曜日だけの書評欄には「バルタン星人を知ってますか」とか、アノ西原理恵子の記事もある。
海外旅行のコマーシャルも、イタリアだスペインだハワイだグアムだとやたらに充実していて、今日のウチの新聞はほんとうに読みどころ満載だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

揃い踏み

今日のウチの新聞は、1面トップが稲田サンと蓮舫サンの辞任揃い踏み。
稲田サンの大物ぶりを証明するかのように、政党党首の蓮舫サンより、いてもいなくてもかわらない彼女の扱いのほうがデカイ。
まあ、そりゃ泡沫政党よりは、現職大臣の辞職のほうがビッグニュースだろうけど、朝日新聞が書くとまたなんか作為があるんだろうと思われてしまう。
籠池夫妻に事情聴取なんて事件もあったみたいだけど、これは新聞の社会面にちょぼっと。
あれほど騒いだのに、もう賞味期限切れか。

ほかに肩を持つ政党がいないという事情はあるにせよ、ウチの新聞が精いっぱい応援してきた民進党は、蓮舫サンのあとがまに前原、枝野サンが意欲だって。
弱小政党だからやむを得ないけど、人材の不足はいなめないよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧