(朝日)新聞より

2018年4月18日 (水)

公開された日報

今朝のウチの新聞には開示された自衛隊の日報がどかんと載っている。
これをもって真実をあきらかにするって意気込みのようだけど、そんなに大騒ぎするようなものではない。
現地のことを戦場なんて書くと、またウチの新聞あたりがうるさいし、自分たちのおかげで防衛相が吊し上げられるのを見るにしのびない。
そう考えて自衛隊が余計な気を利かせたというのがホントのところだろう。
つまらぬ文言を捉えて大騒ぎするほうにも問題アリってところだな。

自衛隊もつまらぬ忖度はやめて、これからはどうどうと、ええ、戦場に行ってきました、文句があるなら政府に言ってください、わたしたちは粛々と命令に従っただけですと、なぜいわないのか。
まあ、今回のことに懲りて、これからは自衛隊もそう答えるようになるだろうから、わたしはあまり心配してないけど。

それより1面の下のほうの天声人語に載っていた文章が気になった。
公開された「イラク日報」に、初めて海外に派遣された自衛官が、バクダッドの売店で、日本製のカップラーメンを発見しておどろく記事があったそうだ。
過酷な環境に置かれた兵士たちの記述もあるらしいけど、いくら戦地といえ、日本政府の手厚い保護のもとでの活動だ。
砂漠の生活が過酷だなんていっていたら、わたしみたいにひとりでシルクロードをさまよってきた人間はどうなっちゃうのさ。

おそらく海外派遣がなければ、兵士の中には一生海外を見に行こうなどと考えない者もいただろう。
どんどん狭くなっているこの世界で、ぬくぬくと温室のような日本に閉じこもっているほうがおかしい。
わたしはこういうカルチャーショックを体験することも、現代っ子の自衛官には必要だと思う。
そんな若者の中から、混乱する国々にいかに多くの支援を待つ人々がいるかという、いまの世界の現実を知る者が出てくることを疑わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

今朝の新聞

今朝の新聞に、わっ、またわたしが朝日新聞のたいこ持ち教授とみなしている長谷部、杉田両教授の登場だ。
腹が立つなら読まなけりゃいいんだけど、読まずにいちゃもんをつけるのはフェアじゃない。
で、いちおう目を通してみた。
ご意見ごもっとも。
と思える記事である。

国会審議で答弁の責任を負っているのは内閣であるとか、官僚のやったことでも大臣の管理不行き届きだとか、政治責任は刑事裁判ではないのだから、確たる証拠を提示する必要はないとか、それはまあ、そうかもしれない。
あまり騒いだので、以後の官僚の情報公開が不透明になるおそれがありますが、なにか対策はあるでしょうかというやらせの問いに、政権を交代させることですと断じているけど、いったいどこの野党にあとを継がせたいのか。
とにかく先の見通しもないくせに、ただひたすら現総理の足をひっぱるだけ。
現在の内閣に日本の進路を誤らせるような瑕疵があっただろうか。

自分の思ってないところで、官僚たちが忖度していることが明るみに出た。
その部分だけを徹底的に追及する、両教授の意見は朝日新聞のやり方とまったく同じである。
彼らがいってることは、すべからく森友・加計問題だけで、そのほかの、肝心の政策で、総理がどれだけまじめに仕事をしているかなんてことにはひとことも触れていない。
だからたいこ持ちというのであり、これも読者を巧妙に欺くフェイク記事だと思う。

腹が立ったから新聞は無視して野球中継でも観るかと、録画機をセットしようとしたら、あれ、今日は大谷の登板日じゃなかったっけか。
調べてみたらカンザスシティは雪と寒波で、試合は中止だそうだ。
ホント、むかつく。
ますます右傾化してしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

今朝の新聞

今朝のウチの新聞のオピニオン面に「高齢者はどう生きるか」という記事。
おお、これは参考になりそうと、熱心に読む。

高齢社会総合研究機関のなんとかいうオンナの人にいわせると、年齢で高齢者を区分けするのは正しくない。
元気でより長く働いた人には年金をたくさん支給するとか、柔軟な仕組みを考えるべきだという。
お、いいぞ、いいぞ。
わたしもまだ働いているからたくさん年金をもらえるわけか。
もっとも最近のわたしは年相応にかなりいいかげんな仕事ぶりだから、こんな年寄りでもたくさんもらっていいんだろうか。

経済アナリストの森本卓郎さんは、働くのは65歳までにして、あとは好きなことをするべきだという。
彼は歌手やカメラマンやおもちゃ屋など、金にはならないけど、やりたいことをみんなやっているんだそうだ。
お、いいぞ、いいぞ。
わたしも最近では仕事よりも趣味のほうに重点を置く生活だ。
どういう人生が本人にとっていちばん幸せか、本人に決めさせる、そういう社会を目指すべきだというんだけど、わたしは今朝の新聞を読むよりずっと以前からそれを実践してるもんね。

落語家の三遊亭円丈さん、この人はわたしより歳上だけど、もうすこし早く死ねば名人円丈といわれたのに、長生きしてボケ円丈といわれそうと、わたし同様の謙虚な自虐的意見だ。
こんな年寄りでも新しいことにチャレンジすれば、ものすごい真理に到達するかもしれない、だれか高齢者専用の記憶素子を作ってくれえと、ホント、同感できる意見だよな。

ひさしぶりにウチの新聞の読み応えのある記事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

今日の夕刊

夕刊を読む。
文芸・批評というコラムで哲学者のKさんという人がなにか書いている。
哲学者という肩書きはわたしはあまり好きじゃない。
仕事そのものが漠然としているし、百人の人がいれば百の哲学があると思っているし、わたしだっていろいろものを考えるけど、それを他人にああだこうだと批評されたくないもんで。

このKさんという人、写真で見ると、まだ若くてなかなか切れ者みたいだ。
でも同じ印象だった池澤夏樹さんが、テレビで見たらジブリの宮崎駿みたいなじいさんだったということがあるから、あまり信用はできない。

それはともかくとして、今日の夕刊ではKさんは長々と、文章による記録の重要性について書いている。
いわんとすることはもっともで、べつにいちゃもんをつけようってわけじゃない。
ただ、結論として、それを加計学園の問題にあてはめようというなら、やっぱりいちゃもんをつけたくなる。

◯◯学部を新設したいんですが、役人がなかなか認可してくれないんですよと、どこかの県、もしくは市が陳情してきたとする。
アナタが総理大臣だった場合どうするだろう。
相手が私企業だとか友人だったり、また作るのがパチンコ屋だとかラブホテルだとあとがうるさそうだけど、地方の行政がそれを望んでいるなら、べつに問題はないだろう、作らせてやったらどうだと、このていどのことにいちいち文書で命令することもないだろうから、ま、わたしなら秘書に口頭ですませるわな。
ほかにも仕事はいっぱいあるんだし、そのあと役人がどう忖度するかまで責任はとれんよ。

というていどのことを、また仰々しい文章で国民をたぶらかそうというなら、それはやっぱりフェイクだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の朝刊

今朝のウチの新聞(朝日)の見出しに「『首相案件』文書作成認める」とある。
これだけ読むと、加計問題では首相がちょくせつ命令したように思う人が多いんじゃないか。
そう思わせるところがウチの新聞のあくどいところだけど、冷静に読めばまったく異なる解釈もできるのだ。
見出しの記事(1面トップだ)の中に、愛知県の中村知事の発言として、「岩盤規制」という言葉が出てくる。
いったいなんのことかと訊かれるまえに、ちょっとむかしの話を。

むかしは、たとえば交通違反などをすると、それっと近所の市会議員なんかに頼んでもみ消してもらうことがよくあった。
いまではそういうことはなくなったようだけど、つまり有力者に口利きをしてもらって、揉め事を解消させることが珍しくなかったのだ。

現代でも企業などが新しい事業を起こそうとすると、まず目障りなのが役所の種々の規制だ。
とかく役人というのは、簡単に認可すると沽券にかかわると思っているのか、すんなり認可してくれることがめったにないものなのだ。
こういうとき世事にたけた管理職なら、政治家に口利きをしてもらったほうが早いと考える。

愛知県はどうしても獣医学部を新設したい。
ところが役所のほうがなかなかウンといわない。
ここは総理大臣に陳情して、上からどやしつけてもらったほうが早い。
総理だって忙しいんだけど、地方の行政が欲しがっているなら、ましてパチンコ屋やラブホテルじゃないんだから、まあいいだろう、さっさと認可して上げなさいと役人の尻をひっぱたく。

中村知事のいう「国全体が岩盤規制を崩す動きをしていると受け止めた」という発言はこのことをいっているのだろう。
陳情の一つに応えたくらいで、国全体がと解釈されるのも困るけど、トップがこうしろという意思を示せば、たちまち、忖度までしてそれに従おうとするのも役人の習性だ。
加計学園の真相なんてこのていどのことではないか。
ウチの新聞の全紙を上げてのいちゃもんは、政治家を貶めるにはそれなり効果があったようだけど、まじめに仕事をしている政治家を、これで罪に落とせるとはとても思えない。
おとなりの韓国とちがって、日本では司法はちゃんと独立しているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

今朝の新聞

今朝のウチの新聞に、朝日新聞としてはきわめてめずらしい正論が載っていた。
オピニオン面の下のほうの、佐伯京都大学名誉教授さんの文章である。
アジア情勢がキナくさい昨年のいまごろから、最近もまた世間は森友学園や加計学園問題、そして省庁の文書改ざん一色で、野党や朝日新聞は責任をなにがなんでも官邸に押し付けようとしている。
しかしすべて憶測や仮定ばかりで、安倍総理にはっきり責任のある証拠はひとつもない。

ということから始まって、佐伯教授は大衆民主主義(いわゆるポピュリズム)に疑問を投げかけ、ほかに重大な問題が山積しているいま、こんなことでいいのかと問題を提起する。
朝日新聞(大新聞?)の役割は、政権の方針に対するビジョンを明確に示して、政策論を戦わすのが正しい方向だろうというのである。
読んでみてもフツーに当然すぎることばかりで、いちゃもんの余地がぜんぜんないどころか、わたしなんか代弁者を見つけたみたいで拍手喝采だ。

この佐伯教授のコラム、タイトルは「異論のススメ」とあるけど、どこが異論なのか。
政治家のアラをほじくるのに熱中し、全部がまとまっても少数派でしかない野党をあおって喜んでいる朝日新聞の記事のほうが、よっぽど異論じゃないか。
こういう記事をたまに載せて免罪符にすんなよ、え。
朝日新聞を読むたびに右傾化に拍車のかかるワタシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

夏樹サン

今日の夕刊には文芸・批評というコラムがあって、作家の池澤夏樹サンが文章を書いている。
この作家、朝日新聞に書くくらいだから、左翼作家であろうと決めつけていたけど、いやいや、プロの作家だから、頼まれれば産経にだって書くにちがいないと最近は思うようになった。
それにしても池澤夏樹という、いかにも作家然としたカッコいい名前、おまけに写真を見ると、若くて切れ者という感じが気に入らないと乱暴な見立てをしていたけど、ちょっとまえにテレビで「池澤夏樹のパタゴニア」という番組を見たら、ジブリの宮崎駿を思わせるじいさんだった。
そういえば彼はわたしよりいくらか年寄りである。
白いヒゲをだらしなく伸ばしたところなんか、どこかわたしにも似てるようで、いっぺんで親近感がわいた。
これからはもうすこし彼のファンになるつもりだけど、え、あまり若いころの写真を載せるんじゃないよ、朝日新聞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

今朝の新聞

今朝のウチの新聞にまたフェイク(ウソ)記事。
オピニオン面を大きく割いて、韓国の統一外交なんとかという肩書きの人のインタビューが載っている。
もうこの肩書きを見ただけで、いってることの内容が想像できてしまう。

案の定、文大統領の対話政策を支持する内容だ。
ウチの新聞が狡猾なのは、北の対話攻勢は時間かせぎだからだまされるなという声もありますがとか、北はいつも約束を破ってきましたけどと、いちおう反対質問みたいなことをしておいて、相手がもっともらしい返事をすると、なるほどと納得してしまうこと。
こうやって読者をも納得させてしまおうというのだからタチがわるい。

こんなインタビューをまともに信じることはない。
北が経済制裁に追いつめられていることはまぎれもない事実なのだ。
メンツを大事にする正恩クンが、昨日までののしっていた相手を、手のひらを返すようにほめたたえるのはなぜだろう。
ちょっと考えればわかることを考えない朝日新聞は、未だに低脳者ご用達の新聞なのだ。
もうアホらしくてウチの新聞とるのやめたいけど、ブログネタがなくなるのも、いちゃもんをつける楽しみが失われるのもツライことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

今朝の新聞

ウチの新聞の投書欄には、ウチの新聞の代弁者じゃないか、あるいはプロパガンダかフェイクじゃないかというような意見が目立つけど、今日のそこになかなかまともな意見がひとつ。
ある投書氏が世間を騒がせている森友学園について、首相夫人が篭池夫妻と写真を撮ったり、名誉校長についたりすれば、官僚はどうしたって便宜を図りたくなる。
そういう軽率な振る舞いが役人の忖度を生むのだから、自分の瑕疵はすなおに認めて、2度と同じことが起きないよう手立てを講じるべきだというのである。

そのとおり。
朝日新聞もたまにはまともな投書を採択する。
とかく政治家のまわりには、便宜を図ってもらおうという詐欺師のような輩が集まる。
そういう連中にだまされるんじゃないぞと首相に意見して、もうこの件はどうでもエエってことにしてもらいたい。
アメリカで銃規制を求める集会が全米や世界各地に広がったって、また北朝鮮に対して強硬派のボルトンさんが決定だなんて、わたしが読みたいのはこういう記事なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

もはや戦争

これはもはや戦争だ。
ウチの新聞と安倍総理のこと。
連日、ほかのニュースをさておいて、首相をおとしめることに執念を燃やす朝日新聞。
ワイロをもらったわけでもなく、失政をしたわけでもない。
ただ部下に勝手に忖度されたってことが、一面トップにふさわしい記事か。
独裁の顕著な最近の中国やロシア、もと大統領を逮捕し続ける韓国などと比べても、民主主義の王道をいく日本で、こんな新聞が必要かとつくづく思う。
つくづく。

昨日はブログを更新したつもりでいたら、更新されてなかった。
上記ていどの文章なら、昨日だって書けたのに。
ほんと、認知症かしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧