ぼやきのてんこもり

2019年11月15日 (金)

いけないねえ

あああ、いけないねえ。
このブログ、今月はまだいちどもアクセスが3桁に届かないよ。
ま、そんなものに興味がなくて、自分がまだ生きてますってお知らせになればいいと考えているブログだから、やむを得ないけど。
ぜんぜん宣伝もしてないし。
「いいね」を押してなんてお願いもしたことないし。

わたしとしては滅びゆく老人ためのブログを目指しているんだけどね。
晩年を迎えたじいさんが、いかにその日その日をすこやかに生きていくか。
そういう年寄りの励みになればと思ってんだけど、そうか、そういうじいさんがパソコンなんか使うわけがないか。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

強力なニート

仕事を辞めたというと、あっちこっちで退屈でしょうと聞かれる。
ぜんぜんそんなことないんだけど。
なにしろわたしは筋金入り、かつ強力なニートなのだ。
毎晩机に向かっているだけで、つぎからつぎへとやりたいことが湧いてくる。
むしろ定年退職をして、やることがないとボヤいている人に憐憫の情さえもよおしてしまうくらいだ。
やっぱり若いころの蓄積が、こういうときにモノをいうんだね。

なんてことは思わない。
だからわたしの人生が幸運だったとは、ゼッタイに思わない。
人間モテるならやっぱり陰嚢が精子で溢れかえっている青春時代にモテたほうがいい。
歳とってからやることがないとボヤいているのは、たいてい体育会系で、そういうのは若いころモテまくった男が多いのだ。
それにひきかえ、仕事をやめて余裕だなんてほざいているわたしは、精子が溢れていたころ、それをただもういたずらに浪費していたのだ。
いま退屈しないのは事実だけど、よく考えるとあんまり嬉しくない。

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

iPad

かたちあるものは壊れる。
わたしの iPad がとうとうイカれた。
2014年の暮れに知り合いのO君(例の財閥)からゆずってもらったものだから、わたしのところへ来てから4年半ぐらい。
O君のところにあった期間を含めれば、5年か6年は経っているはずの Mini のほうである。

イカれたといってもネットにはちゃんとつながるし、他の機能もほとんど使える。
問題はメモ機能が使えなくなったことで、これはベッドでブログを書こうという横着者のわたしには致命的な問題だ。
故障なら修理をするという手がある。
しかし購入して5、6年というIT機器を修理しよういう人がいるだろうか。
ましてアップル製品では修理代も高くつきそう。

この iPad はいささか酷使しすぎた。
ロシアからカリマンタン、タイのチェンマイ、富山や青森まで、わたしの行くところつねに影のようについてまわり、わたしに斬新な新しい世界の扉を開かせ、そのあいだ床に落っことすこと数回、ベッドの中までお供していたのだから、わたしの女房みたいなものだ。

そんな熟愛の女房とも別れるときが来たようだ。
わたしはいたずらに新製品に飛びつく人間じゃないつもりだけど、じつは iPad の最新機種では電子ペンが使えるようになって、わたしの浮気癖がむずむず。
とうとう新しい iPadMini を購入することにしたのである。
最近やけにIT機器の買い換えが多いけど、そのぶん冷蔵庫も洗濯機もボロいものを使っているから、いいのだ。
ここんところ旅行にも行ってないし。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

じいさんの事情

0848a

暖かくなった。
同時にわたしのパソコンにわらわらと押しかけるメールの数々。
いい季節になったので、あいつも旅のムシがうずいてくるだろうと、旅行会社が旅好きのわたしに集中攻撃をかけているのだ。

しかし温度計の目盛りと反比例して、わたしのお出かけ意欲はますます減退する。
だいたい最近の傾向は、なにをするにもあらかじめ予約だ。
旅行に行くのに、飛行機を予約しろ、ホテルを予約しろだなんて。
飛行機の切符をようやく予約したら、その日はホテルが満杯だった。
で、先にホテルを予約したら、今度は飛行機がとれなかった。
そういうことを考えると、うんざりして、ますます足が遠のく。

0848b 0848c

最近は近所の散歩もおっくうだ。
春になったといっても、この家に住んで20年にもなるわたしには、観られる景色は毎年同じようなものだし。
だからブログで紹介する写真も、過去のストックを探せば間に合ってしまうのだ。
ここに載せた写真は3年まえのちょうどいまの季節のもの。

こんないいかげんなことを続けていると苦情がくるかもしれないから(どこから?)、明日はやっぱりリアルタイムのサクラを見に行ってくるつもり。

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

今日は寝る

なんとかブログを以前と同じ体裁にもどそうとして、いいかげん疲れた。
問題は各節ごとの行間が空きすぎることだけど、そんなもの、書き手が必要なだけカラ送りすればいだけだ。
なんでそっちで勝手に決めるのか。
えっ、ココログさん。

と、ブウたれてばかりいられない。
まごまごしていないで、世間に訴えたいこと、生きているうちに書いておきたいことがくたくさんある。
行間が空きすぎるのは覚悟のうえで、またゴタクを並べることにする。
今日は寝る(目がさめたあと、またゴチャゴチャやったら行間がつまって、これが理想のかたち)。

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

ほとほとのその後

画像を貼り付けるとどうなるかという見本のために、前項とまったく同じ記事に写真を貼り付けてみた。


0846b_1


リニューアルしたあと、がぜん使いにくくなったニフティのブログ・サービス「ココログ」。
新しいパソコンで、ブログの更新をしようとすると・・・・


わたしはいつも「一太郎」や「ワード」で記事の下書きをして、それをブログ画面にコピペすることにしているんだけど、「お使いのプラウザではクリップボード機能を利用することができません」という表示が出てしまって、貼り付けることができない。
これまではそんなことはなかった。
仕方がないから、この記事は別のパソコン(iPad)で書き、それをコピペして更新した(なんで行間がこんなに空くんだ?)。


そこまではガマンするけど、画像は、そもそも新しいパソコンでいろいろ加工したものだから、新しいパソコンを使って貼り付ける。
するとまた問題が生じるという塩梅で、ほとほと疲れた。
リニューアルまえにもどしてくんないと、ニフティやめてしまうぞ。


こんな調子で画像の大きさも行間もめちゃくちゃ、まったくこっちの意図した通りにならない。
いちいちエディタでプログラムの変更なんかしちゃいられんし、やっぱりニフティやめようか。


追伸/また今夜もHTML言語をいじくりまわしている。
画像を適正な大きさにする方法はわかったけど、行間の操作で四苦八苦。
どっちにしてもこんなに手間をかけてちゃやってられん。

| | コメント (0)

ほとほと

リニューアルしたあと、がぜん使いにくくなったニフティのブログ・サーヒス「ココログ」。
新しいパソコンで、ブログの更新をしようとすると・・・・


わたしはいつも「一太郎」や「ワード」で記事の下書きをして、それをブログ画面にコピペすることにしているんだけど、「お使いのプラウザではクリップボード機能を利用することができません」という表示が出てしまって、貼り付けることができない。
これまではそんなことはなかった。
仕方がないから、この記事は別のパソコン(iPad)で書き、それをコピペして更新した(なんで行間がこんなに空くんだ?)。


そこまではガマンするけど、画像は、そもそも新しいパソコンでいろいろ加工したものだから、新しいパソコンを使って貼り付ける。
するとまた問題が生じるという塩梅で、ほとほと疲れた。
リニューアルまえにもどしてくんないと、ニフティやめてしまうぞ。

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

ハーレー

ハーレーダビッドソンから展示会のお知らせがきた。
むかし、うちの近所の味の素スタジアムで開かれた展示会に行って、いいなあ、乗りてえなあなんてほざいていたら、アンケートに協力させられちゃって、それ以来たまにお知らせがくるのだ。
ハーレーというと、わたしらの世代ならイージーライダーだ。
でも映画公開から半世紀だぞ。
わたしみたいな前期高齢者が乗ってもいいのか、あのバイク。

お知らせをスキャンして添付しようと思ったけど、意味がないのでやめた。
まだ新しいパソコン来ないので、載せたくても載せられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

お陀仏

ウインドウズ・マシーンのレノボが成仏しちゃったようだ。
買って5年と半年ぐらいだから、わたしとしてはお陀仏になられても文句をいえないパソコンだけど、これがないとブログの更新にさしさわりがある。
わたしがネットに載せる写真には、多かれ少なかれ、かならずなんらかの画像処理がしてあるんだけど、そのために使う「フォトショップ」は、そうとうむかしに買ったウインドウズ用しか持ってないのだ。

もう1台のマックに「フォトショップ」を入れればいいではないかといわれそうだけど、年金頼りの前期高齢者にアドビのソフトは荷が重い。
そっちには映画編集ソフトの「プレミア」が入れてあるけど、これだって清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したものだ。

マックで現在の仕事をすべてまかなおうとしたら、ほかにも「オフィス」や各種フォントを、マック用に新たに揃えなければならない。
いまのわたしはパソコンに徹底的に金をかけないつもりなので、いまあるソフトはできるだけそのまま使いたいのだ。
しかしパソコン本体だけはどうにもならん。
明日は日曜日、また安いパソコンの下見でもしてこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月31日 (木)

遠い耳

わたしは左の耳が遠い。
片方の耳だけで聴くと、片目でものを見るのといっしょで、音を立体的に把握できないから、他人がなにかいっていることはわかるのに、意味が聞き取れないということがしょっちゅうある。

こんなことを書いてふと思ったけど、“耳が遠い” といういいまわしは、誰が考えたのか知らないが、なかなか詩的な表現だなと思う。
発案した人がいるのか、あるいは中国の古典からの引用でもあるのか、さっそくググッてみたら、耳の遠い人は認知症になりやすいという朝日新聞デジタルの記事を見つけた。
おおきなお世話さ。

語源はほっぽらかしておいて、耳の遠いところからきた失敗談を。
これは昨夜のことだけど、洗面所で温水を使おうとして、お湯の蛇口をひねった。
しかしお湯が出るまで、すこし時間がかかる。
そのわずかな時間にほかの用事をすませようとした。
たちまちそのほかの用事に熱中して、1時間ほどあとに洗面所へ行ってみたら、湯気がもうもう。
おそらくバスタブ4杯ぶんぐらいはお湯をムダにしたのではないか。
やっぱり認知症かしら。

もっとひどい話もある。
むかし旧式の、全自動でない洗濯機で、すすぎポジションで洗濯機をまわしたまま、泊りがけで旅行に行ってしまったことがある。
このときはさすがに水道局から、使用量が異常ですと、注意を喚起するハガキが来た。
耳さえ悪くなければ水音で気がついたはずなのにと、おかげで1週間ばかり落ち込んでしまった。
でもこれはいまから20年もまえの話だから、認知症とは関係ない。
どうもむかしからわたしはぼんやりしたところがあったらしい。

思い出せば耳が遠いことによる失敗はまだありそうだけど、腹が立つから思い出さない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧