聴きまくりの音楽

2018年7月16日 (月)

コンサート

0815b_2

昨日は近くにある亜細亜大学まで、吹奏楽のコンサートを聴きに行ってきた。
部屋にいても暑いし、ほかに無料でできるヒマつぶしもなかったので。
学生の演奏会かなんてバカにしちゃいけない。
中学生のブラスバンドだってすばらしい場合がある。
音楽理論にまるで詳しくないわたしのこと、ここはあくまで脳ミソの直感による感想を。

コンサートの場所は大学の構内にあるホールである。
亜細亜大学に入るのは初めてだったけど、ホールも含めてなかなか立派だ。
どんなものかサッパリわからんだから、早めに行ってみたら、最後まで空席があったからあわてる必要はなさそうだ。

プログラムは1部、2部編成で、コダーイとかリムスキー・コルサコフなんて名前があったので、これはクラシック主体のコンサートだろうと思った。
馴染みのない曲ばかりのなかに「You Raise Me Up」という曲があり、タイトルからしてポピュラー曲らしい。
「ノートルダムのせむし男」という曲もあって、これはディズニーのアニメからの曲だというけど、わたしは聴いたことがない。

はじっこのほうにピアノやコントラバス、複数の打楽器が並ぶけど、中心になるのはトランペット、トロンボーン、チューバ、ホルンなどのまばゆく輝く金管群に、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、サクスホーンなどの木管群で、総勢40人ちかい管楽器奏者がステージに勢ぞろいだ。
わたしはジャズはたまに聴きに行くけど、管楽器のフルオーケストラ演奏をナマで聴く機会はほとんどないから、これは興味深かった。

ある演奏ではとくべつに解説があって、めずらしい楽器が参加しますとのこと。
耳のわるいわたしには、解説がよく聞こえなかったけど、これはツィンバロムというものらしい。
どんな楽器が出てくるかと思ったら、マージャン卓みたいなかたちをした楽器で、ユニークなのは、耳かきのお化けみたいな2本のピックで、卓上の弦をはじくところ。
こんなおおげさなものではないけど、耳かきを見て、わたしはむかし中国に行ったとき、シルクロードで聴いたウイグル族の民族楽器を思い出した。
たかが耳かきにしては、意外に思うほど大きな音が出るのに感心したものである。
帰宅したあとで調べてみたら、ツィンバロムはハンガリーの民族楽器だという。

最初にこの楽器ののデモンストレーションがあり、単独で聴いたその音は、ジンタの響きのように哀愁を感じさせるものだった。
ステキだなと思ったものの、管楽器主体の演奏のなかでは、ああ、また耳の遠いわたしには、猛獣のあいだのカナリアの声を聴くみたいで、この楽器の音を聴きとるのに苦労した。
ツィンバロムの抜けたほかの演奏では、なにしろわたしは音楽を、耳ではなく体で聴くほうだから、とくに問題はなかったけどね。

小休憩をはさんで2部になると、ゲストのトロンボーン奏者が加わって、まずこの楽器による協奏曲。
トロンボーンは顔のわきにスピーカーをつけているようなものだから、わたしにも問題はなく聴こえ、ジャズでもおなじみの楽器だからおもしろかった。

0815a_3

演奏は2時間ほどで終わったけど、いちおうアンコールがあり、指揮者が呼び戻されて、2曲ばかりプログラムにない曲を演奏した。
たまげたのはこの2曲だ。
それまでのお行儀のよい演奏とちがって、これはジャズかロックを思わせる特大の派手な演奏だった。
指揮者の合図で奏者がいっせいに立ち上がり、聴衆に向かって大音量の音の洪水をあびせかけるのは圧巻としかいいようがない。
最初からこんな演奏をすればいいのに。

最後の曲では一種独特の、拍子木を打ち鳴らすようなリズムが加わって、ロック大好き人間のわたしには、ブラスロックの先駆者シカゴの 「I`m a Man」 を聴くようだった。
同じ曲だという確証はないけど、管楽器オーケストラがシカゴの曲を演奏することは、あっても不思議じゃない。
演奏者が客席にまで下りてきて、いやもう、聴衆と一体になっての盛り上がりよう。
タダで聴いちゃ申し訳ないなと、後ろ髪ひかれる気分で大学をあとにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

エレキギター

エレキギターの老舗、ギブソンが斜陽だそうだ。
団塊の世代というやつは、たいていがロック好きで、そうでないやつはソウルが好きだ。
どっちのジャンルが好きでも、当時はエレキギターが花形楽器だったから、みんなギブソンのレスポールや、フェンダーのテレキャスター、ストラスキャスターなどの音を聴いて育ったことはまちがいがない。
ところが最近ではヒップホップなんて、お経みたいな音楽が流行り、あまりギターがどうしたこうしたという話を聞かない。
こういう風潮がギブソンのような有名メーカーも直撃しているらしい。

わたしは音楽が好きだけど、理屈やテクニックにはまるで無知。
ギターの世界にもそれほど詳しいわけじゃないので、音を聴いただけで銘柄を当てられるわけじゃない。
だから雑誌や映像などで、演奏者がかかえているギターをたくさんながめて、このプレーヤーはこの楽器を使うことが多いようだと推測するくらいしかできない。
たとえばジャズの世界では、ジム・ホールがよくレスポールを使っていた。
だからこのギターはとてつもなく甘い音を出すと信じている。

フェンダーのストラトキャスターについては、ものすごく暴力的な音、というのはジミ・ヘンドリックスのせいである。
ただ彼の場合、エレキの効果を最大限に発揮させて、わざわざ音を歪ませるようなことをするから、これがジミヘンの音だということは明確だけど、これがストラスキャスター本来の音であるかどうかはなかなかわからない。

そんなわたしが愛聴したロックの英雄たちも、ほとんどが死んだか引退したかで、最近はあまり消息を聞かない。
レスポール社がつぶれようが、その製品がなくなろうが、わたしの知ったことではない。
この問題を引き継ぐべき若い世代がギターに関心がないというんじゃ、わたしの出番なんかあるはずがないのだ。
まあ、いい時代だったよな。
少なくともわたしはそれを堪能したし、自分の人生をそれのおかげで十分に楽しんだのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

ブーレーズ

Pb

夜中にテレビを点けたらオーケストラの演奏をやっていた。
ベルリンにできたピエール・ブーレーズ・ホールのこけら落としの演奏だそうだ。
P・ブーレーズと聞いてなつかしい思い出がよみがえってきた、というと、ちょっとオーバーだけど。

ずっとむかし、ロックやジャズに飽き足らなくなって、わたしが初めて購入したクラシックレコードが、ブーレーズ指揮の「ベルリオーズ/幻想交響曲」。
ほとんどクラシックの知識がないまま、異様なタイトルと、不気味なレコードジャケットの絵、そしてジャケットの裏に載っていた黒いタートルネックという、指揮者らしからぬブーレーズの写真に惹かれて買ったものである。

これを聴いてただちに感銘を受けたというほど、純情でもホラ吹きでもないけど、クラシックの出発点としてはわるくない演奏だったと、いまでも思っている。

そのあとでわたしが買ったもう1枚のブーレーズは、ジャケットに北斎の浮世絵をあしらったドビュッシーで、こちらはどうもあまり熱心に聴いたおぼえがない。
当時のわたしはクラシックの大海におずおずと乗り出したばかりで、音楽の内容以前のもの、たとえばジャズの影響で、ジャケットのデザインなどに惹かれることが多かったのだ。

昨夜はブーレーズについてググッてみた。
ウィキペディアの記述は、音楽理論のわからないわたしの手に負えるものではなかった。
ベルリオーズやドビュッシーは、この人の演奏ではわかりやすいほうかもしれない。

彼は何度か来日しており、あるとき日本の聴衆から、人生にとってもっとも大切なことはなんですかと質問され、いくつになっても好奇心を失わないことと答えたという。
納得である。
わたしもいいトシのおっさんのくせして、オランウータンを見にいって見られなかったり、ホタルイカを見物に行って空振りに終わったり、いまでも好奇心が多すぎて困っているくらいなのだ。
このトシまで独身をつらぬいたのも、社会の常識にとらわれるより、好奇心を満たすことに忙しかったからなのだ、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

アニバーサリー・ソング

すこしまえにこのブログで 「レッドタートル」 というアニメのことを書いたけど、そのとき同じアニメ作家のつくった 「父と娘」 というアニメにも触れた。

「父と娘」 では 「ドナウ川のさざなみ」 というワルツの名曲が、アコーディオン用に編曲されて効果的に使われていた。
あまりすてきな曲なので、聴くだけでは飽き足らず、作曲者のイヴァノヴィッチについて調べてみたら、この曲はアメリカでも人気が高く、歌詞がつけられ、「アニバーサリー・ソング(Anniversary Song)」 というポピュラー・ナンバーになっていることがわかった。

こんなことはだれでも知っていることかもしれないけど、わたしにとって今日学んだこと(TodayILearn)。

YouTube を当たってみると、パット・ブーンやアンディ・ウイリアムス、ダイナ・ショアなど、そうそうたる歌手が歌っているこの曲が見つかる。
オリジナルが素晴らしい曲は、だれが演奏しても、だれが歌っても、たいてい素晴らしいという学説(?)どおりだ。
またひとつ、生きているうちに聴けてヨカッタという曲を発見した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

モーニン

Cm

ジャズ・ベーシストのチャーリー・ミンガスに「モーニン」という曲がある。
わたしはミンガスが好きなので、この曲と、なぜ彼が好きかということを音楽の専門家以外の言葉で語ってみよう。

わたしがジャズの世界にのめりこんだのはロックの影響だった。
ストーンズやクリームのライブ演奏を聴いて、即興演奏のおもしろさに目覚め、なおかつクリームの激しいインタープレイに衝撃を受けたのがきっかけだ。
インタープレイというのは、演奏者が他の演奏者とケンカをするような演奏と、まず簡単に説明しておく。

わたしはこういう演奏がほかにもないかと、いろいろレコードを漁ったけど、ロック畑にはクリームを超えるようなインタープレイはとうとう見つからなかった。
それならジャズはどうだ。
ジャズなら即興演奏の宝庫じゃないか。

そう思ってこの分野の音楽を聴き始めたんだけど、最初は失望した。
わたしがジャズを聴き始めたのはビ・バップはなやかなりしころで、聴いてみればわかるけど、これは演奏者が順番に、交代で即興演奏のソロをとるもので、とてもケンカとはいえないお行儀のよいものが多かった。
もっといろんな楽器が複雑にからみあいながら進行する曲はないものか。

若いころ先輩から、ミンガスの「直立猿人」を聴かされたことがある。
当時はジャズのジの字も知らなかったので、なにがなんだかわからなかったけど、ジャズに関心を持ったころ、あらためてこの曲を聴いてみた。
ケンカとはいえないけど、そこではじめて順番にソロをとるばかりがジャズではないことを知った。

ミンガスという人は孤高の人で、世間がビ・バップ一辺倒だった時代に、複数の楽器による、ハーモニーを主眼とした演奏を開拓した人である。
つまり主役がトランペットを吹いているとき、サックスやトロンボーンが横からちょっかいを入れるようなものだ。
これがおもしろくてわたしはミンガスの熱烈なファンになってしまった。
もちろんこういう演奏は、オレがオレがという名人気質の演奏者の多いジャズでは、ヘタすると本物のケンカになってしまうから、リーダーにはテクニック以外に腕力も必要だ。
ミンガスのテクニックを聞くには「モーニン」がよく、腕力を知りたければ、メンバーをぶっ飛ばしたというエピソードを聞けばよい。

オリジナルの「モーニン」も乗りやすい曲だけど、最近 YouTube でこれとは違ったライブ・バージョンを聴いた。
もう、メンバーがやけになって同僚を吹き倒そうとしてんじゃないかと思うようなケンカごしの演奏である。
それでもところどころに「モーニン」のテーマのようなものがはさまるから、これがちゃんとリーダーの統率のもとに演奏されていることがわかる。

ところで、あとになって気がついたけど、YouTube 上のこのライブ演奏はひじょうに人気があるらしく、今日現在でアクセス数が1300万以上になっていた。
やっぱりトラは死んで皮を残したってことかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

ジミヘン

Jh

じわじわと人生の秋を感じ始めたころは、どんな音楽を聴くべきか。
バッハのマタイ受難曲なんてのは、荘厳であってもぜんぜんふさわしくない。
あれは聴くという目的のために存在する音楽であって、わたしの人生に影響を与えた音楽とはいいかねる。
そういう観点からすると、わたしの場合は、若いころ聴いて感動した音楽ということになる。
というと、これはロックということになってしまう。
ロックが終活中の人間にふさわしいかどうか、議論のあるところだけど、それに感動し、道を踏みはずす人間もたまにいるのだ。
ロックに入れこまなければ、わたしだって人なみに結婚し、人なみにつまらない人生を送っていたかもしれない。

そういうわけで、目下のところはジミ・ヘンドリックスばかり聴いているんだけど、あまり聴きすぎるとそのうち飽きる。
飽きたらべつの曲に乗り換え、しばらくすると、そのころにはほんとうに人生の終わりにさしかかっているだろうけど、きっとまたジミヘンの音楽が聴きたくなるに決まっている。
こういう気持ちは誰にでも共通するわけではないから、他人に同じ曲をお薦めはしない。
でもあの世への道連れになる音楽を持っている人は幸せだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月10日 (火)

映画音楽

2、3日まえのの新聞に、最近の映画音楽は控え目なんて記事があった。
そういわれてみると、映画音楽でスタンダードになった曲は、最近とんと聞かないねえ。
むかしはそうじゃなかった。
「世界残酷物語」のテーマだとか、「黒いオルフェ」「いそしぎ」「ひまわり」「サンライズ・サンセット」「ジャニー・ギター 」「カサブランカ」「巴里の空の下セーヌは流れる」など、映画音楽がもとになった後世に残る名曲を、映画好きのわたしはいくらでも挙げることができる。
映画音楽の役割が変わってきたと言われればそうかもしれないけど、その黄金期を知る者にとっては寂しいかぎりだ。

ヘンリー・マンシーニの音楽もそうだったよな。
「ムーンリバー」「酒とバラの日々」「シャレード」なんか、映画と切り離しても通用する名曲、といいたいけど、じつはこの3曲はほんとうに映画と切り離したほうがいいかもしれない。
いずれも、単独で聴いても美しい曲ばかりなんだけど、はたしてそれが使われた映画の内容にマッチしているかというと、ちと疑問。

「ムーンリバー」は、オードリー・ヘプバーン主演の「ティファニーで朝食を」の主題歌。
カポーティの原作とかけ離れた、ちょっとおしゃれでふざけた映画で、その内容からすればもうすこしコミカルな要素を持った、ポップな音楽のほうがふさわしかったような気がする。
英語の不得意なわたしには歌詞の意味までわからないから、歌詞自体は内容にふさわしいのかもしれないけど、メロディがいくらなんでもキレイすぎ。

「シャレード」もオードリー主演の、こちらはおしゃれを加味したミステリーである。
わたしはこの主題歌が好きで、いまでもしょっちゅう聴いているけど、これほど耽美的で妖しい(怪しい、ではない)曲がミステリーにふさわしいだろうか。
もっともマンシーニはミステリーにふさわしい別バージョンも作っていて(タイトルバックに流れるやつ)、残念ながらそちらだけでは後世に残る名曲になったかどうかわからない。

「酒とバラ」は一転して深刻な社会派映画だ。
アルコールで身を持ちくずす夫婦の物語なのだ。
でもこんな美しい曲を流したら、禁酒協会の努力も水の泡ではないか。
「黄金の腕」という社会派映画では、オーケストラによるジャズが使われたけど、そっちのほうがいろいろな意味で社会派映画にふさわしかった。

とはいうものの、ヘンリー・マンシーニの音楽がステキであることはいうまでもない。
わたしはこれらの曲を聴くとき、映画のことは忘れるようにしているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

尾瀬に寄す

626a

こないだ彫刻家のカトー君のコンサートに行き、そこで聴いた 「尾瀬に寄す」 という歌について書いたら、さっそく彼から歌詞の全文が送られてきた。
わたしのブログのネタにでもなればという配慮らしいけど、わたしのブログって、読者が多いときでも200か300だかんね。
世間に広報するには力不足で、あまり頼りにされても困るんだけど。

歌の歌詞というものは、勝手に転載するとそっち方面の協会から文句をいわれる。
そのへんがちと気になっていたけど、しかし個人のオリジナルで、その個人がいいというならゴタゴタいわれるすじはない。

626b

送られてきた全文を読むかぎり、カトー・ファミリーの自作曲らしいので、安心してブログに転載してしまう。
ただしかなり長い歌詞なので、ハイライトというべき尾瀬の花の名前や地名がずらずら出てくる後半部分を紹介すると

もしも君が 本当に 尾瀬を愛しているのなら
夏が来てもこのままそっと
思い出だけを楽しみましょう

君の子供が大きくなって 尾瀬へ連れてってとねだったら
君は アルバムの写真を見せながら
やさしい声で 語ってやりましょう

誰もがいちどは行くところ
青春の白いノートに カラー写真を押し花代わりに

長蔵小屋 尾瀬沼 ひうち 至仏 三条の滝 浮島 アヤメ平
ニッコウキスゲ 水芭蕉 ごぜん橘 薄雪草 綿すげ 姫石楠花
ヨッピ川 シラカンバ 水辺を彩るリュウキンカ
明日は三平峠 明日は三平峠

626c

この曲は YouTube にも上がっているので、楽しい曲であることは、それを聴いてもらえばわかる。
ただし正直にいわせてもらうと、耳のわるいわたしは、曲のテンポやリズムに感心したものの、歌詞については、「綿すげ」 や 「リュウキンカ」 という花の名前をなんとか聴きとっただけだった。
念のため友人も聴かせてみたら、彼はちゃんと聴きとれたという。
わたしの難聴も困ったもんだけど、これも若いころロックをものすごい音量で聴きまくったせいかもしれない。
音楽好きが嵩じて、音楽を聴くための道具をパアにしたとしたら、泣くに泣けない悲劇だな。

626d

はるかな尾瀬は遠い空、わたしも尾瀬を愛する者のひとりだから、そこに咲く花の名前だけでもするどく反応してしまうのだ。
わたしの撮った尾瀬の写真を4枚ばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

たそがれ楽団

625a

幼なじみで彫刻家のカトー君から、今度はコンサートの招待だ。
なんでも 「たそがれ楽団」 というファミリーバンドで、暑気払いコンサートをするのだそうだ。
で、昨日は猛暑の中をひとっ走り、郷里まで車で往復してきた。

芸術家の中には本職以外に才能を発揮する人がよくいる。
わたしの知り合いの熊本のKさんもそうだし、カトー君もギターの弾き語りが得意である。
彼によりそう女性がまた音楽好きで、彼の伴奏で人前でどうどうと歌をうたう。
そのくらいならカラオケに行けばいくらでもいそうだけど、人を集めてコンサートをやるとなると、これはもうしろうとの域を抜けている。

「たそがれ楽団」では、カトー君がギターと歌を、奥さんがボーカル、娘さんがピアノとリコーダー (縦笛) を担当する。
歌われた曲は、「ケ・セラ・セラ」、「憧れの郵便馬車」、「ふるさと」 など、ポピュラーからロックンロール、唱歌までで、わたしの世代を感じさせるものが多かった。
聴衆もわたしの世代が多かったからちょうどよかったのかも。
出だしはいくらか緊張もあったようで、演奏がずっこけて、おいコラ、演奏中に打ち合わせなんかすんなというヤジも飛んだけど、3、4曲目あたりからテンポが快調になり、歌っている本人も楽しそう。

「尾瀬に寄す」 という曲が素敵だったので、あとで歌詞を調べようとしたらネットに見つからない。
これは彼らのオリジナルかもしれない。
カトー君の解説があったのに、耳のわるいわたしは聞き洩らしてしまったようだ。
機会があったら確認してみよう。

このコンサートを見てつくづく思ったこと。
カトー君はほんとうに、現実生活と夢の世界を両立させて生きている男であるなと。
現実世界というのは社会人として過不足のない生き方のことで、夢の世界というのは、彼が幼少のみぎりからあこがれていた、ビートルズに倣った生き方を追求するということである。
プログラムの中にはビートルズ・ナンバーもあり、しかも 「ツイスト・アンド・シャウト」 なのがスゴイ。
そういえば彼は、修学旅行のバスの中でもビートルズを歌ってしまう少年だったねえ。
わたしと変わらないトシで、そんなふうに、幼少のころからのあこがれに突進してしまう精神力もスゴイ。

625b

ギターをかかえた彼がメキシコ人かなんかに見えたので、ソンブレロのつもりでわたしの帽子をかぶらせてみた。
なかなか似合うと思うけど、あいにくわたしの郷里というのは名だたる保守の牙城である。
ちょっとでも規格にはずれた格好をすると、すぐ街中のうわさになり、あいつは変人だってことにされてしまう。
カトー君だって本心では耳ピアスに、手首のあたりのさりげないタトゥーで決めたいのかもしれないけど、そんなことをしたらみんな目ん玉を丸くして、おそらくコンサートも総スカンだ。
彼もこういう点では常識的なおとなだった。
やはり田舎で暮らすというのは、いろいろムズカシイことがあるようである。
それともワタシのほうがおかしいのかしら。

許可を得ていないので家族の写真は載せません。
本人については、YouTube に映像を載せているくらいだから、たぶんいいんじゃないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

レイ・マンザレク

Doors

フェイスブックに 「ドアーズ」 から写真が送られてきた。
レイ・マンザレク。
ドアーズのキーボード奏者だった人のものである。
ピンときたけど、つまり昨日の20日が彼の命日だったのだ。
彼は2013年の5月20日に亡くなった。
いっぷう変わった個性の持ち主ばかりだったドアーズの中では、いちばんまともな音楽家のイメージの人だったけど、詩人としての(狂人としてではない)ジム・モリソンを見出した人であるそうな。

彼について調べてみたら、日本人みたいな顔をした女の子の写真が出てきた。
彼女はレイと結婚した日系の女の子だそうである。
レイもジョン・レノンと同じ、大和なでしこに魅かれた西洋人だったらしい。

わたしはレイのピアノ、オルガンが好きだった。
「ライダース・オン・ザ・ストーム」 の間奏で聴かれるピアノ・ソロが、暗いけど、いまよりずっと生気のあった青春時代を思い出させる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧