壮絶の映画人生

2022年2月 7日 (月)

観ました

90000_20220207231501

観ました、張芸謀の中国映画「金陵十三釵」。
中国人が作った南京虐殺の映画だということで、もう観るまえから日本では公開禁止の映画。
ウィキペディアの解説を読んでみたけど、ウィキの記述すら、こちらも映画を観ないで書きやがったなと思わせる内容だ。
なんでも中国でも製作費が記録破りだとか、年間興行収入が1位だとか、中国社会に大きな影響を与えたなんて書いてあるけど、ホントかよ。

南京城内に取り残された女学生たちが、米国人男性と娼婦たちの協力で脱出する話なんだけど、最後もどうもあっさりしすぎてスリルに欠けるし、たとえば米国なら「プライベート・ライアン」や「硫黄島からの手紙」のような、敵味方が殺したり殺されたりするふつうの戦争映画で、そんなに感心するような映画じゃないね。
米国で作品の評判がよくなかったというのは、おそらく期待していたほど日本兵の残虐ぶりが描かれてなかったからじゃないか。
下っ端の日本兵はどうしようもないけど、指揮官や上級士官なんか、いかにも日本軍人らしい立派な人物に描かれていて、いまでは国際的映画監督になった張芸謀のこれが良識というか、限界というか。
あちらのネットにもこの映画をもって、日本をあしざまにいうサイトがあるようだけど、戦争を公平客観的に見つめようとする映画に対して、日本のほうが狭量な考えに陥って、映画の公開もさせんというのはどうなのさ。
文句をいいたい人のためにリンクを張っておくから、自分の目で確認してみて。

https://www.youtube.com/watch?v=T6P0_a9ltk4&t=2910s

| | | コメント (0)

2022年2月 2日 (水)

芸術作品、欲しい!

10901

ずっと以前だけど、あるデパートで谷内六郎さんの絵が販売されていた。
その中に欲しい絵があったけど、考えてみるとオリジナルの谷内さんの絵は週刊新潮の表紙用に描かれたもので、純粋の絵画とはいえない。
そこに展示されていたものも、どこかの制作会社が油絵ふうに作り直したレプリカだった。
それでもわたしはその絵がほしくてたまらなかった(安ければ買っただろう)。

最近あらためてビートルズ主演のアニメ「イエロー・サブマリン」を見直してみた。
わたしの部屋にはDVD版のこの映画があるので、見ようと思えばいつでも見られるんだけど、見ているうちに物足りなくなってきた。
というのは、このアニメはジブリ・アニメなどと違って、ひとコマひとコマの絵の芸術的センスが素晴らしい。
若いころ、はじめてこのアニメを見て衝撃を受けたわたしは、レンブラントやゴヤの絵と同じような畏敬の念を、いまでも抱いているのだ。
物足りないというのは、これがDVDであることである。
最近ブルーレイ規格のテレビ番組ばかり見ているわたしには、やっぱり画質がイマイチなのだ。
調べてみたら、この映画のブルーレイ版もとっくに発売されていた。
こうなるとアニメの原画をぜったいに自分のものにしたいというマニアの気持ちもよくわかって、いてもたってもいられなくなる。
しかし年金暮らしのじいさんには、清水から飛び降りる覚悟が必要な値段だった。

こうなると頼みの綱はNHKのBSだ。
プレミアムシネマで放映してくれんものか。
また調べてみたら、今日はスピルバーグの「激突!」というアホな映画が放映されていた。
くそ、いくら放映権料か安いからといって、こんなつまらん映画ばかり流しているんじゃ視聴料を払わんぞ。

| | | コメント (0)

2022年1月 3日 (月)

寅さん

今年は寅年でしょ。
わたしんところに来た年賀状は、印刷所に注文した、まともすぎておかしくもなんともないものだった。
いまは年賀状だって自分でプリントできる時代じゃないか。
「男はつらいよ」の寅さんをあしらおうって程度のセンスもないのかねえ。

うーんと考えて、寅さんの映画を観ることにした。
わたしの部屋にはテレビで放映された「男はつらいよ」が、何枚かDVDに焼いて保存してあったはず。
つい最近行ってきたばかりだから、そんな中から作品25作目の沖縄が舞台のものを観てみた。
わたしが日本映画を観るのはめずらしいけど、こういう人情劇だと、八代目林屋正蔵の落語を聞いているみたいで、安心して観ていられるのはいい(たまに1本だけ観るなら)。
でもあまりおもしろくなかった。
うちにあるものでは第1作がいちばんいいみたい(寅さん映画は3本しか録画してないけど)。
夜になったらBSでサンデル教授の「白熱教室」をやっていて、そっちのほうがよほどおもしろかった。

映画を観ていてうらやましいと思ったことも。
わたしは吃音の傾向があるので、寅さんの威勢のいいべらんめえ口調は、ホントうらやましい。

| | | コメント (0)

2021年12月18日 (土)

イデス・ヘッド

90000

「刑事コロンボ」もたまに観ると傑作だと思うけど、こうしょっちゅう観せられると、なかには感心しないものもある。
というわけで、最近はBSのコロンボ・シリーズはあまり熱心に観ない。
今日の放送分(もちろん過去の再放送だけど)をちらりと観たら、どこかで観たような俳優がゲストスターとして出ていた。
誰だっけ?
最初はマーティン・バルサムかと思ったけど、顔が面長すぎるので、調べてみたらメル・ファラーだった。
この人、オードリー・ヘプバーンの旦那じゃなかったっけか。
いやいや、ヘプバーンなんていったっていまどきの若者にはわかんないだろうなあ。
いやいや、いやいや、ハリウッドという言葉もわかんなくなる時代がもうすぐだ。
現代はネットフリックスっていわないとだめか。
あー、ホント、断絶の時代、死にたい。

そんなことはどうでもいいけど、調べついでにコロンボのこの回に、ハリウッドの衣装デザイナーのイデス・ヘッドが、本人役で出ていることがわかった。
彼女は1981年に亡くなっているけど、このブログにアカデミー賞を8回も受賞した名デザイナーであると書いたことがあり、ピクサーのアニメ「Mr.インクレディブル」にも出ていたと書いたこともある。
あわてて録画して、イデスおばさんの出番シーンだけゆっくり観た。
むかし読んだ本によると、彼女はコロンボに「その古いコート、お捨てになったら」ということだったけど、そんな皮肉はいってなかったねえ。
いかにも皮肉をいいそうな人なので、翻訳者の川本三郎さんが勘違いをしたらしい。

添付したのはイディス本人と、アニメの中の彼女。
彼女の偉業も歴史のなかに埋もれるまで、あとほんの少し。

| | | コメント (0)

2021年10月22日 (金)

リー・マーヴィン2態

ナニ書こうかな。
書かないとまたココログに遊ばれちゃうものな。
このままじゃ今日のアクセスは30ぐらいで終わりだよ。

8000000c_edited1

昼間テレビで放映されていた「リバティ・バランスを射った男」って映画のことでも書いておこう。
過去に何度もテレビ放映されているから、観たはずなのにとんと印象に残ってないのは、映画館ではなく家で観たせいだ。
家だとどうしてもヤボ用があって、じっくり腰を据えて観られないんだよねえ。
それで今日こそはと腰を据えたつもりが、やっぱりほかにしなくちゃいけない用事があって、不真面目な鑑賞になってしまった。

ジョン・フォードの映画の中ではちょっと渋目の佳作というか、失われゆく西部劇への愛着を込めた、なんでもアメリカの国立フィルム登録簿ってところに保存されている傑作なんだそうだ。
ジョン・ウェインやジェームズ・スチュワートに、からむ悪漢がリー・マーヴィンという顔合わせ。
わたしはこのリー・マーヴィンという役者が好きなんだけど、ちょっとイメージが予想と違うなと思ったのは、どこかで悪漢像が「キャット・バルー」の酔っ払いガンマンと混線していたせいらしい。
フォード映画では悪漢がストレートすぎておもしろくない。
まだ時間がたくさん残っているのに、あっという間に殺されちゃって。
悪漢でもどこか人間味があって、憎めない男にしてくれればよかったのにと残念に思う。
マーヴィンをたんなる極悪非道の悪漢にしたのがこの映画の最大の欠点だな。

それでもこんな文章をでっちあげて、なんとか今日の更新に間に合った。
見てろ、これで今夜中にアクセスがぐんぐん伸びて、きっと 300 ぐらい行くから(あり得ないか)。

| | | コメント (0)

2021年10月 9日 (土)

無法松の一生

9000_20211009192001

BSで「無法松の一生」が放映されたので録画しておいた。
あとで観てみたら主演が三船敏郎ではなく、坂東妻三郎で、まだわたしが生まれるまえのモノクロ映画だった。
わたしが知っていた三船版は、同じ監督によるリメイク作品だというから、色つきになった以外は、ブロットも構成もほとんど同じである。

わたしは子供のころ三船版を町の映画館で観て、雪のなかで死んでゆく無法の松っつあんにいたく感動したおぼえがあるし、その三船版でさえ最近はとんと観る機会がなかったから、ついなつかしい思いで観た。
坂妻版は戦争中の作品で、車屋ごときが軍人の妻に恋をするのはケシカランと、いろいろ制約やカットされた部分があったらしい。
なかでも坂妻版で、松五郎が思いをよせる未亡人(軍人の妻)に気持ちを打ち明けようとして、身のほどを知り、うなだれて去るという映画の大きな山場がカットされたのは痛かった。

そういうわけで映画としては、やっぱり三船版のほうがいいけど、最後のとってつけたような場面がわざとらしくて、新旧ともそこだけが欠点だな。
松五郎の知り合いが軍人の未亡人に、あいつはこんなお金をあなたのために残していましたよというと、それを知った未亡人がおよよと泣き崩れるんだけど、ここはもうすこし暗示のような手法は使えなかっただろうか。
そこさえ考えてくれれば日本映画の屈指の名作だと思うのに残念だ。
軍人の奥さんを演じたのは、モノクロ版が園井恵子、カラー版が高峰秀子で、どっちも古風な日本女性を演じて遜色はない。

| | | コメント (0)

2021年9月28日 (火)

アンダーグラウンド

U01

最近はほんとうにおもしろい映画、観たい映画がない。
だからこのブログの「壮絶の映画人生」に書く記事もないし、あっても倉庫から引っ張り出したような古い映画ばかりだ。
とぼやいていたら、最近とてもおもしろい映画に出会ったので、ひさしぶりに映画コーナーの更新だ。
最近といったけど、じつは1995年の映画なので、これももう30年ちかくまえの映画なんだけどね。

U00

旧ユーゴ出身の映画監督でエミール・クストリッツァ(Emir Kusturica)という人がいる。
以前このブログでも「ライフ・イズ・ミラクル」という彼の映画を取り上げたことがあって、わたしは “深刻な内容をユーモアでくるんだ、わたしの理想といっていい映画” と褒めたことがある。
彼の「アンダーグラウンド」という映画が、すこしまえにBSで放映された。
わたしは「ライフ・イズ」のことをよくおぼえていたし、たった1作だけでベタ褒めするには抵抗があったから、また録画してじっくりと観た。
その結果、わたしは断言するけど、この映画は(とくに最近では)まれにしか見られない傑作である。

U05

3時間ちかくある映画なので、ストーリーを紹介しながら、どんなところが素晴らしいかを説明してみよう。
と思ったけれど、正直いってストーリーを順序よく紹介しただけでは、逆にがっかりされるだけのような気がする。
おおざっぱなストーリーは、ナチスドイツに侵攻されたユーゴスラビアで、地下にもぐって抵抗を続ける人たちの、戦中、戦後、そして国が分裂して内戦に至るまでの長い歴史を描いた(とされる)大河ドラマだけど、とてもこんな常識的な説明だけでは収まらない。

まじめな顔をして観ていると、途中から時系列がめちゃくちゃになり、過去から現代、現代から過去にもどったり、劇中劇の登場人物が現実の人物と入れ替わったり、死んだと思った登場人物がまた出てきたり、常識で考えればおかしい場面がたくさんあって、もうなにがなんだかわからなくなる。
こんなことを書いたら、そんな映画のどこかおもしろいんだ、おまえはアホかといわれてしまいそう。

U03

でも観ていて感心したのは、最初から最後まで、じつに楽しい映画だということだ。
芸術的かどうか知らないけど、タルコフスキーのように始めから終いまでしかめっつらをしているような映画や、日本のどこかの監督のように、深刻なテーマをまっ正面から描いたようなものは、わたしはあまり好きじゃない。
その点この映画はドンパチあり、おふざけあり、すこし安っぽいけど幻想的な場面あり、ヒロインは日本人好みの美人だし、そういうヒロインが大胆なポーズをとってしまうしするし、いささか誇張された人物がはちゃめちゃな行動をして、ナンセンスなギャグ映画のようでもありで、まったくムズカシイ芸術作品という気がしないのだ。
フェリーニの「アマルコルド」を観た人がいれば、ちょうどあれをもう少しだけ騒々しくしたような映画といっておこう。
俺はアマルなんとかいう映画を観たことがないという人は、くそっ、単純でわかりやすいアメリカ映画でも観てやがれ!

U02

トラやゾウやロバやガチョウ、そしてこの映画ではチンパンジーが主要な役割を担っていて、そういう動物たちが自然なままの演技するのも楽しいし、すごく太った女や頭のよわい人物、サーカスや道化師はないけど精神病院が出てくるところ、やたらに音楽を演奏する場面があるところもフェリーニの作品を思わせる。
監督のクストリッツァは多芸な芸術家のひとりで、自分のバンドを持っており、仲間たちとロックやジャズを演奏している映像まで YouTube に上がっている。
この音楽仲間が映画にも出演しているようだし、「ライフ・イズ・ミラクル」ではテーマ音楽も自分たちで作曲していた。
わたくしごとで恐縮だけど、熊本のKさんや幼なじみのカトー君のように、最近の芸術家はひとつの分野だけじゃ創作本能を抑えきれないようだ。

U04b

しかしユーゴという地味な国の映画なので、これを観られた人は多くないだろう(わたしだってテレビで放映されなかったら、わざわざ観ることはなかったはず)。
もしもテレビで見逃した人がいたら、「アンダーグラウンド」は映画がそっくりYouTubeに上がっているから、それを観ればよい。
字幕が日本語じゃないから意味はわからないけど、どうしてもストーリーを知りたいなら、ウィキペディアにあらすじが出ています。

004_edited1

これはユーモアと寓意をちりばめた大人のための童話なのだ。
フェデリコ・フェリーニの名声を知っている人には、クストリッツァ監督はフェリーニの後継者であるといっても差支えない。
映画のラストでは、中洲のようなところでパーティをする人々を乗せたまま、島が陸地から切り離され、川のなかへゆっくりとただよっていく。
「81/2」のような全員による明るい大団円であると同時に、行先もわからないユーゴの人々の、不安や哀しみがしみじみと伝わってくる映画なのだ(この映画の制作当時、まだユーゴの内戦は完全には終わっていなかった)。
「ライフ・イズ」のときも書いたけど、おもしろうてやがて悲しき〇〇かなという句趣どおりの結末ではないか。

| | | コメント (0)

2021年7月 2日 (金)

ワイルドバンチ

03_edited1

そんな義理はねえけどよ。
生死をともにと誓った仲間を、目のまえでなぶり殺しにされちゃ堪忍袋の緒が切れた。
あとは野となれ山となれ。
殴り込みだあって、任侠映画じゃないけれど、こころいきはまさに健さん。
このあと4人で100人の軍隊を相手に、やけのやんぱちの大暴れ。
機関銃までぶっ放し、当たるをさいわいなぎ倒し、全員がぶっ殺されてメデタシメデタシってのは、さっきまで見ていた「ワイルドバンチ」。
1969
年の映画だって。
はじめてこれを映画館で見たころ、わたしはいったい何をしていただろう。
どんな夢を持っていただろう。

| | | コメント (0)

2021年5月 7日 (金)

ロレンスの足跡

いまブログで、ポール・セローの地中海旅行をなぞるという連載をしてるところだけど、それが地中海を半周してシリアまでやってきた。
ここでセローはダマスカスという街に寄る。
この街の名前を聞いて、映画「アラビアのロレンス」のことを思い出した。
あの映画では、アラブを独立させようという大義に燃えたロレンスが、最後にダマスカスで諸部族を集めて円卓会議を催すものの、けんけんがくがく、けっしてまとまらないアラブの現実に絶望して、失意のうちにアラビアを去るという結末になっていた。

001_20210507143801

映画を漫然と観て、カッコいいなと感心するばかりで、考えてみるとわたしはロレンスが活躍した場所についてほとんど知らないことに気がついた。
ひと口に中東といっても、西はエジプトの一部から、シナイ半島、アラビア半島のサウジアラビア、イエメン、オマーン、さらにレバノン、シリア、イラク、そしてイランも含めると、範囲はひじょうに広い。
いったいロレンスが活躍したのはどのへんなのだろう。

興味がわいてきたので調べてみた。
英国将校だったロレンスが、まず最初に派遣されたのは中東のどのへんだったのか。
映画の冒頭にファイサル王子のところへ行けといわれ、王子はいまどこにいるんですかと問い返すと、わからんけどメディナから半径480キロ以内にいるはずだといわれるシーンがある。

002_20210507143901
つまりこの地図上の○印の内側ということになる。

002a_20210507144001

この○の中のどこかに、あの有名なシーン、かげろうの燃える地平線から、ラクダに乗った黒ずくめのアラブ人が現れる場所があるわけだ。
このあとロレンスは幕営地でファイサル王子と会うけど、それもこの○の中のはず。
ファイサル王子と意気投合したロレンスは(このあたりちょっと安直な気がしないでもないけど)、アラブの独立に手を貸して、それを近代化させようと決意する。

ロレンスが活躍したのは第一次世界大戦のころだから、地理も国境もいまとは大きく異なっていて、このころアラブの広範な地域がオスマントルコの支配下にあった。
ただ、その支配のタガもそろそろゆるんできていて、各地でアラブ人の反乱が勃発していたころだ。
このへんの国際関係はここで説明できるほど簡単じゃないけど、英国は欧州の戦争で敵側のオスマントルコを背後から牽制すべく、ロレンスを使ってアラブの反乱を支援しようとしていたのである。
大戦が終わったあと、英国とフランスはアラブを分割してそれぞれの領土にしようという密約を結んでいたから、なにも知らないロレンスはたんなる走狗にしか過ぎなかったわけだ。

ロレンスはアラブ人を率いて、トルコの要塞のあるアカバという町を、義経のヒヨドリ越えのように背後から急襲する。
これが映画前半の山場だけど、さて、アカバというのはどのへんにあるのだろう。

003a_20210507144001003b_20210507144101003c_20210507144101
この地図がアカバの所在地である(ふたつ目は1枚目を拡大したもの)。
アラビア半島とアフリカ大陸にはさまれた紅海は、いちばん奥でYの字に分かれており、左がスエズ湾、右のほうがアカバ湾で、アカバはそのとっつきにある。
大砲を備えた強固な要塞だったけど、まさか背後の砂漠から攻撃されるとは思っておらず、砲塔はむなしく海に向かっていた。

アカバの勝利を伝えるために、ロレンスは英軍の駐屯していたエジプトのカイロまで、シナイ半島を横断することにする。
カイロの手前には英国の占領地であるスエズ運河があり、そこまでの距離はおよそ200キロ。
映画ではひじょうに苦労して、ぼろぼろになってたどり着いたように描いてあるけど、これは映画的な誇張のような気がする。
シナイ半島のこの部分はアカバとエジプトの直結路であり、交通はけっこうひんぱんだったろうし、映画の中でも砂漠の民ベドウィンは1日に100キロ移動するといってるくらいだから、それなら2日、のんびり行っても3、4日の行程じゃないか。

映画の後半では、ロレンスはゲリラ活動でオスマントルコを苦しめる。
ロレンスに何度も待ち伏せ攻撃されるのがヒジャーズ鉄道で、爆破されて脱線し、派手に横転する列車が後半の山場のひとつだ。

004b_20210507144201004c_20210507144201

これはダマスカスや地中海沿岸から、イスラムの聖地メッカまでを結ぼうとして、オスマントルコが敷設した鉄道だけど、その路線図は下図のような感じ。
004a_20210507144201

かってNHKが放映した「シルクロード激動の大地をゆく」という番組では、現在でもロレンスによって破壊された汽車の残骸が砂漠に転がっていた。

ゲリラ活動のあい間にロレンスはダルアーという町に潜入し、トルコ兵によって屈辱的な扱いを受ける。
ヒーローを描いた映画らしくないけど、ようするにホモの軍人におかまを掘られちゃったということで、このことは彼の自伝「知恵の七柱」に正直に書いてあるらしい。

005_20210507144301

彼が自尊心をズタズタにされたダルアーという町は現在のシリアとヨルダンの国境近くにある。

オスマントルコを駆逐した英国は、重要拠点のダマスカスに軍を進めようとするけれど、アラブの独立が悲願のロレンスは、アラブ人だけで先にダマスカスを占領してしまう。
そしてアラブ人による円卓会議が開かれるんだけど、ここで前述したように、砂のようにけっしてまとまらないアラブの欠点が露出して、けっきょくロレンスはアラビアを去ることになるのである。

悲劇の主人公であるロレンスの活躍した場所を知ることで、映画の立体感はいや増すものだ。

006_20210507144301

それは現在のサウジアラビアの西方から、シリア、ヨルダン、エジプトにかけての一帯で、地図に赤いマーカーを引いたあたりということがわかった。
もちろん映画はぜんぜん別の場所で撮られたということもあるから、これはあくまで、実在したロレンスの足跡ということである。
でも、わたしがこんなに苦労して説明しても、だいたいいまの若いモンはこんな名画さえ、砂漠のしんきろうのように忘却の彼方てことになっているんじゃないか。

| | | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

戦争と平和

Wp102

またヒマつぶしのネタを見つけた。
ロシアの映画で「戦争と平和」という作品がある。
ロシアに攻め込んだナポレオンのフランス軍と、祖国防衛にあたったロシア軍の戦争を描いた、トルストイ原作の大河小説の映画化で、まだソ連邦が健在だったころ、ロシアが国威発揚と国のメンツをかけて製作した超大作だ。
ハリウッドにも超大作はたくさんあるけど、こればっかりは、本物の軍隊まで動員できたソ連にはかなわない。

封切り直後にこれを観たわたしは、西側の映画にはめったにない重厚な雰囲気、古典絵画を思わせる色調、そして人海戦術というべき戦争シーンの壮大さに、もうやたらに感動してしまった。
まだCGのない時代だったから、地平線の果てまで埋め尽くしたロシア軍、フランス軍の人馬は、すべて本物なのだ。

Wp103

最大の見ものはボロジノの会戦シーンだ。
初めて観たときはやたらに感動したけど、その後わたしもいくらかおとなになったのか、戦闘シーンはすこし冗長だなと思うようになってきた。
たしかにスケール自体はとてつもなく大きい。
しかしもうすこし要領よく編集できそうなものだ。

この映画はそっくり全体が YouTube に上がっている。
ということはパソコンに取り込める。
パソコンに取り込めれば、編集ソフトでバラバラにして、再編集することも可能ではないか。
いつも映画についてエラそうなことをいってるわたしのこと、ここはひとつ、わたし流の「戦争と平和」を作ってしまえ。
といっても戦争シーン以外は文句をつける必要のない映画なので、わたしがやるのはあくまでボロジノの会戦のシーンだけだ。

Wp101

さいわいなことにこの映画は古風な大作らしく、ひとつひとつのカットがすごく長い。
短いカットを積み重ねて、アップテンポでありさえすれば迫力とカン違いしている最近のせせこましい映画とは大違いだ。
しかもじっくり撮られた映画らしく、ひとつひとつのカットは、それだけでほれぼれするような絵画的映像ばかりなのだ。
わたしは従軍記者になったつもりで、ボロジノの会戦の実況中継映像を作ってみよう。
せっかくソ連が大枚を投じ、軍隊まで動員してくれた映像を、一回しか使わないのはもったいないではないか。

残念ながら著作権がうるさいから、これは公開するわけにはいかない、あくまで年寄りのヒマつぶしである。
あいかわらず金にならないことに凝っているけど、仕方がない。
わたしが詩人や画家だったとしても、金に縁のないことをひたすら続けていただろう。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧