(NHK)テレビより

2020年9月18日 (金)

残照

録画してあったドキュメンタリー「残照・芸術家の家」を観ている。
フランスには芸術家だけが入れる国立の老人ホームがあるそうで、これはそうした家に住むもと芸術家たちを捉えたドキュメント。
もはや腰が曲がり、目はかすんで、創作活動もままならなくなった老人たちが、支え合って生きている家だそうだ。

いいなあと思ってしまう。
カン違いされちゃ困るけど、わたしもそんな老人ホームに入りたいわけじゃない。
この番組で観るかぎり、ホームに飾ってあるのは住人たちの絵であり、もとピアニストのおばあさんは、いまでも小さな女の子にピアノを教えている。
いくらフランスでも自称芸術家まで受け入れていたらきりがないので、芸術家として多少でも実績のある人でないと入居できないのである。
わたしがフランス人だとしても入れるわけがないのだ。

いいなあと思ったのはべつの理由で、たとえばフジ子・ヘミングみたいなおばあさんが、娯楽室でみんなにベートーベンを弾いて聴かせる場面がある。
演奏のあい間の会話に、さりげなくクラシックの曲名が出てくる。
わたしも老後はさりげなくそういう会話がしてみたい。
そういう会話のできる相手と暮らしたい。

部屋のなかでおばあさんが、もと彫刻家のおじいさんにCDを聴かせる。
足がへなへなになったおじいさんが、椅子にすわってそれを聴く。
おばあさんの杖が床に落ちる。
おじいさんがよろよろとしながら、それを拾い、よろよろとしながらおばあさんに渡すと、おばあさんはよろよろとしながら・・・・
笑いごとじゃない。

つい先日、わたしは脳梗塞で倒れた大先輩に会ってきたばかりだ。
先輩はまたみんなと酒が飲みたい一心で、リハビリに専念し、ようやく杖をついて歩けるていどに回復して、バスで街まで出てきたのだ。
しかし現実はきびしい。
かって大勢のとりまきを連れて、夜のちまたを闊歩した先輩だけど、この日に集まったのはわたしと、もうひとりの古馴染みだけだった。
考えてみれば彼の友人もどんどん衰えていて、いつでも好きなときに飲みに行ける仲間は少なくなっているのかもしれない。
かって野球部の部長までやった頑健な人が、杖なしでは歩けないほど老人化しているのを見るのは辛かった。

テレビのドキュメントにもどるけど、床に落ちた杖を一方がひろってもう一方に渡す場面の続き。
一本の杖に両側からふるえる手がのびる。
ふたりとももう歩くのさえ不自由している老人なので、これは感動的な場面だった。

さて、わたしの足が彼らほど衰えるのにあと何年かかるだろう。
さいわいわたしはまだ歩ける。
しかし彼らと同じようになる日は遠くない。
いまのわたしは深夜になると、
YouTubeで音楽三昧だけど、考えてみるとそれはとっても幸せなことだ。
最後の瞬間まで、この時間を大切にしようと思う。

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

科学の話

Photo_20200902224001

自然科学の番組が好きで、「ダーウィンが来た!」や「ワイルドライフ」なんて番組をよく観る。
すこしまえの海外ドキュメンタリーで、進化論がどうのこうのといっていたから、それも観た。
この番組は「都会の中の進化論」というもので、なんでも、進化というものはひじょうにゆっくりしたものなので、ふつうの人間には動物が進化するさまをその目で見ることはできないということだった。
つまりいくら熱心に動物園に通っても、昨日はチンパンジーだったものが、今日は人間になっていたということを、目撃することはできないってことらしい。

それだけではべつにおもしろくもなんともない。
この番組では例外として、都会に棲む野生動物を取り上げていた。
たとえばニューョークの公園に棲む野ネズミは、ここ数十年のあいだに環境の変化に適応した、また化学物質に汚染された湖でも平気で生存できる魚も出現しているとか、ほんの短期間のうちに進化してしまった動物がいるということである。

いつか観た「ワイルドライフ」には、単独で暮らすはずのチータが、必要にせまられてライオンのように徒党を組むようになったという映像もあった。
進化というのはわたしたちが生きているあいだに見られる場合もあるらしい。
これなら昨日のチンパンジーが今日の人間というのも、あながち、と書こうとして思いとどまった。

わたしは最近、時間の経つのが早いなあとぼやいているんだけど、これは進化よりむしろ絶滅が近づいているということだろう。
人間の場合、これ以上進化するよりも、三葉虫や恐竜のあとを追うほうがふさわしく思われる。
いまより進化した人間て、どんなふうになるのか想像できる人います?

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

長篠の合戦

Ns01

テレビを点けたら、たまたまNHKのBSで大歴史実験という番組をやっていた。
有名な織田信長と武田勝頼の、長篠の合戦を検証しようということで、じっさいに合戦のあった長篠の古戦場まで出かけて、地元の乗馬クラブや火縄銃愛好会の人たちの協力のもとに、信長が勝利をおさめることが可能かどうかという実験をしてみせる。
可能かどうかといったって、現実に信長は勝っているんだからあまり意味がなさそう。
でもわたしも歴史好きだから、ついつい引き込まれてしまった。

この合戦は、当時最強といわれた武田騎馬軍団が、信長の射撃隊のまえにあえなく敗北したことで知られている。
つまり騎馬武者の突撃能力を過信する旧弊な組織と、火縄銃という最新兵器を駆使した進歩的な組織の激突ということで、現代に生きるわたしたちにもいろいろ示唆されるところの多い合戦だった。

まず乗馬クラブの協力で、当時の日本のウマはどのくらいのスピードで走れたかを調べてみた。
出てきたは西部劇でおなじみのスマートなウマではなく、でっぷり太った愛嬌のあるウマである。
当時の日本のウマはそんな体型だとしても、なにしろ戦国時代だから、軍馬には選び抜かれた駿馬も多かったはず。
これで重い鎧をつけた侍を乗せたまま、50メートルを何秒で走れるかどうか実験するんだけど、50メートルってのはナンダ?
これでは最初から火縄銃の射程距離じゃないか。
じっさいには武田騎馬隊はもっと長い距離を走ったと思う。

そのへんはまあ、ウマが現在より健脚だったということで帳消しにして、つぎは火縄銃で連射ができるかどうかの実験だ。
よく知られているように、信長はここで狙撃手を三段構えに配置し、一段目が発射したらつぎに二段目、つぎは三段目、撃ち終えた兵士はすぐに次弾の装填にかかるという具合で、連射のできない火縄銃の欠点をおぎなったとされる。

そんなことが可能かどうか、火縄銃愛好会の協力を得て実験するんだけど、愛好会というのは趣味でやっている人たちで、弾込めをするのを見ていると、じれったくなるほど時間がかかる。
それに比べると信長の射撃隊は、なにしろ戦国時代だから、徹底的に訓練されていたにちがいない。
一回の弾込めに
20秒かかるとしても、それが三段構えなら、おそらく10秒間隔ぐらいの連射も可能だったんじゃないか。
とくに最初の射撃は、すでに準備ができているのだから、時間はかからない。
冷静な指揮官が相手を十分にひきつけてから射撃命令を下せば、最初の三段だけで、武田騎馬隊はほとんど壊滅状態に陥ったと思われる。

この番組の出演者はなぜそういうことに疑問に感じないのか。
と考えたところで、そうか、これは脚本のあるバラエティ番組だったなと思い当たった。
こんなものにまじめな顔でいちゃもんをつけているわたしが恥ずかしいワ。

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

トラムの旅

Tram01

NHKしか観ないというと、カッコつけやがってと思われるかもしれないけど、わたしの場合これホント。
民放の場合ガチャガチャやかましいイメージで、ハナっから観る気がしない。
ずっと以前、旅行中に、いっしょに行った知り合いが、「半沢直樹」がおもしろいからぜひ観ろといったけど、無視してさっさと寝てしまった。
それ以来わたしが変人であるという噂がますます広まることになっちゃったけど、観たくもないテレビを観せられるくらいなら死んだほうが、いや、寝たほうかマシ。

いったいNHKのどこがいいんだという人が、わたしの知り合いにもいる。
それで今日は最近見つけた実例をひとつあげよう。
BSに「ヨーロッパ・トラムの旅」という番組がある。
これはトラム(路面電車)に乗って、アムステルダムだとかベルリンのようなヨーロッパの都市を見てまわるだけの番組だ。
ドラマやナレーションも会話もなく、ただ音楽を背景に、電車の車窓からひたすら街をながめる番組で、つまらない人には徹底的につまらない番組なんだけど、これがわたしの感性にぴたりとはまった。

もともと旅行の好きなわたしだけど、旅先で飲んだり食ったり遊んだりするよりも、列車やバスに乗って、ぼんやり通り過ぎる風景を眺めているのが好きである。
そういうつまらない趣味の男に、この番組は、部屋にいながらにして理想の外国旅行を体験させてくれる番組というか。
たったいま録画していたフィンランド編を観ているけど、トラムの前方のほうに、結婚式を終えたばかりで、まだ結婚衣装のままの新郎新婦が歩いている。
べつにカメラがわざわざ接近するわけでもなく、すぐにふたりは建物のかどをまがって見えなくなった。
そんな具合に、車窓につぎつぎとあらわれる景色は、それだけでわたしにとってほんとうに興味のつきないものなのだ。

Tram02

余計な追記:
これが途上国のトラム(そんなものがあればの話だけど)なら、もっと人間くさい景色が見えるだろう。
わたしは中国の洛陽で、人通りの多い道路のわきで馬を解体しているのを見たことがある。
そのときはトラムじゃなくタクシーだったけど、これはさすがにあまり見たくなかったねえ。

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

男と女

Cj00

COOL JAPANという番組が好きでよく観ている。
これは外国人の男女をスタジオに招いて、日本のいい点、わるい点を議論してもらう番組だ。
先日のそれでは、欧米の女の子は日本の草食系男子に対して、ひじょうな失望感を抱いているという意見が多かった。
ふつうに考えても、目のまえに女の子がいるのにそれを口説かない男がいたら、ゲイや機能障害と思われても仕方がない。
日本では礼儀だヘチマだといって、いきなり女の子をくどくべきではないという風潮があるけど、そりゃ偽善である。
この番組を観てもわかるように、女性も男にくどかれるのを待っているというのが真実のところなのだ。

まあ、じいさんのわたしがこんなことに目くじらを立てるのもナンだけど、じつはわたしは以前ある女性とデイトをしたことがあって、お別れのとき挨拶がてらにキッスをしたことがある。
相手は異常に潔癖症だったらしく、それ以来おこって口も聞いてくれない。
まだコロナのコの字もなかったころだから、他人との濃密接触が禁じられていたわけでもないのに、だ。
あれが欧米の女の子であれば、わたしも頼りがいのある男と思われて、いまごろは金髪娘を女房にし、夫婦生活を
YouTube に投稿していたかも。
こういうときだけは生まれた国を間違えたような気がする。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

ホビーホース

魔法使いのおばあさんになったつもりで、竹ボウキにまたがって走る。
じっさいに空を飛べればカッコいいけど、やっているのは生身の人間だから、とりあえずまたがったまま地べたを走りまわるだけ。
そんな競技があったとしても、あまりおもしろいとは思えない。

Hh00

ところがテレビを観ていたら、フィンランドにそんなスポーツがあることがわかった。
「ホビーホース」というそうだけど、違うのは竹ボウキの先に、手作りの馬の頭がついていることだ。
ようするに、本物の馬に乗れない女の子たちの競馬ゴッコらしいんだけど、大がかりな競技会まであるというからオドロキ。

Hh01

あまりにもアホらしいけど、またがっているのが可愛い女の子ばかりというので、ついお終いまで見とれてしまった。
どうも、なんにでも興味を持つというわたしの性癖は直っていないようだ。
これではリタイヤしても退屈しないし、アルツハイマーもだいぶ先の話ではないか。

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

4K版

NHKのBSで4K版の「シルクロード」という番組を流していることは知っていた。
4Kといっても、これは古い映像を最新の技術で4Kにしたもので、なにしろ40年もまえの映像だから、4Kにするっていっても限界がある。
とても現代のデジタル画質を見慣れた者には耐えられないってわけで、ずっと無視していた。

しかし記録としては価値がないわけではない。
先日放映された回には、内戦によって破壊されたシリアのパルミラ遺跡が出てくるとあった。
そのへんが気になって、録画しておいたものを、さっきまで観ていた。
まだドローンもないころだから、空からの撮影はヘリコプターだ。
すると画面がやたらにブレて、やっぱり現代の感覚では目も当てられない。

しかしなんといっても40年まえだ。
まだシリア内戦もそれほど激しくはなく、ISISも現れておらず、中東がなんとか安全に旅できたころである。
いまでは失われてしまった遺跡を目の当たりにできる価値は大きい。
歴史も地理もわたしの趣味の大きな柱なので、やはりシリーズの最初から録画しておけばよかったと思う。

この4K変換版の「シルクロード」は、全部で30回分もあるらしいから、それが全部揃っていれば、すてきなコレクションになったのに。
あるいはと思って
YouTube に当たってみたら、4Kに変換するまえのシリーズは観られるようだけど、こちらは古いままの画質だからさすがに観ようという気になれなかった。
4K版については、まだまだ再放送があるかもしれないので、期待して待つしかないか。

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

COOL・JAPAN

NHKのBSでやっている「COOL・JAPAN」という番組が好きである。
これは外国人から見た日本のクールな(いかしてる)ものや、不思議なことは何かと、外国人をスタジオに招いて討論する番組で、つねによそからの視線を気にするわたしには、ひじょうに興味津々なものなのだ。

けっこうむかしからやっている番組らしいけど、わたしがこの番組に気がついたのはまだ最近だ。
昨日やっていたのは、日本の“名前”がテーマ。
どうやら名前の画数なんてものを気にするのは日本人だけらしい。
ラテン文字やキリル文字圏の住人が気にしないのは当然として、同じ漢字を使う中国でもあまり聞いたことがないという。

迷信や宗教に興味のないわたしだけど、名前の画数は気にしたことがある。
若いころ、自分の名前は将来大物になる名前ではないかと、電話帳を調べてみたら、同姓同名の人が何人も見つかった。
いずれも平々凡々たる庶民のようだったので、腹が立って、それ以来画数なんてものを信じたことがない。

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

NHK

ネットにはマスコミを非難するコメントがあふれているけど、NHKは偏向している、あんなものはぶっつぶしてしまえという意見には賛同できない。
視聴料を強引に取り立てるという点だけは気に入らないけど、もしもNHKがなかったらなにを観ればいいのか。
民放の、あまりにアホらしいバラエティー番組に衝撃を受けて、いまのわたしは徹底的にNHKしか観ない人間なのだ。

だいたい世間には、自分の思い通りの内容でないと、偏向してるだの、右傾だ、左傾だ、保守的だと文句をいう人が多すぎる。
NHKが朝日新聞ほど偏向がひどいとは思わないし、だれがどっちから観ても公平な番組なんてあるのか。

平昌オリピックのとき、NHKのニュースを見ていたら、南北合同チームの噛み合わない選手同士の発言をまえにして、こんな調子で大丈夫なんですかねえと、キャスターが揶揄する調子で話していた。
また北朝鮮で外国の賓客を迎えるニュースで、沿道に歓迎の人だかりができているのを見て、動員された人々なんてことをどうどうと発言してもいた。
そのたんびにわたしはアハハと笑ったもんだ。

こんなことは些細なことかもしれないけど、NHKの偏向なんて可愛いものだし、女子アナも民放に比べればおしとやかなほうだし、とにかくNHKがなかったら、民放に観るべき番組はひとつもないというのが、わたしの意見だ。

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

国際宇宙ステーション

Sp01_20190708094201

「アースウォッチャー」というテレビ番組を観た。
国際宇宙ステーションから見た地球と、船内で生活する飛行士たちのようすをとらえた8Kの番組だ(わたしの部屋のテレビは2Kだけど)。
これを観て「
2001年宇宙の旅」はまだまだ遠いなあと思った。

というのは船内のあまりの乱雑ぶり。
せまい船内の壁に機器類がところ狭しと配置され、配線コードがだらしなく交差し、足もと(なのか天井なのか)に、地上から持ち込まれた荷物が積まれている。
持ち込まれた荷物なんか、勝手に浮遊しないようにヒモでしばりつけてあって、未来的というより清掃工場のゴミ置場みたい。

こんな乱雑な船内で、飛行士が空中遊泳をしてみせる。
大丈夫かい、間違えてそのへんの機器を蹴っ飛ばしたり、コードを足にからめたりしないかい。
せまいところだから、そういうことがあっても不思議じゃないし、蹴っ飛ばしたものが緊急脱出装置のレバーだったりしたらえらいことになりそう。

Sp02b

心配はさておいて、宇宙船内の生活はなかなか興味がある。
食事をする場面があって、これでも宇宙食なのか、せんべいをパリンと折ると、破片がふわふわと空中をただよう。
それを飛行士がちょいとすくい取って口にはこぶ。
子供のころSF小説で読んだとおりだ。

球形のロボットに、あっち向け、こっち向けと口頭で命令する場面があり、これなんかHAL9000にあと一歩というところ。
この未来を見てみたいけど、船内のインテリアが
2001のディスカバリー号ほどすっきりするまで、生きてられないだろうなあ、こちとら。

Sp03b

人間さまのエゴやメンツをさておいて、宇宙空間からながめた、ゆっくりと動いていく地球のすがた。
無限の宇宙空間にいざなわれるようで、わたしは「
2001年宇宙の旅」を始めて観たときの感動を思い出した。
またひとつ、わたしの世代が体験した冥土へのみやげ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧